【ACIDMAN】『ACIDMAN LIVE “15th
& 10th Anniversary Tour”』2012年
4月14日 at さいたまスーパーアリー

撮影:TEPPEI/取材:ジャガー

1stアルバム『創』の1曲目「8to1 completed」が始まりの時を告げると、どこからともなく始まったクラップが会場中に行き渡る。そして、紗幕越しにメンバーのシルエットと生命の息吹を感じさせる映像が投影される中での「今、透明か」。彼らの奏でる力強さと美しさに翻弄されながら、観客は早々に熱狂の渦へと引き込まれていった。
 バンド結成15年、メジャーデビューからは10年という年月を迎え、ベストアルバムやインストゥルメンタルアルバムの発表、さらにはアニバーサリーツアー開催と、バンドだけでなくバンドを取り巻く仲間たちと一緒に節目を分かち合おうとするACIDMAN。“各地でみんなに“おめでとう”と“ありがとう”を言われました。そうではなくて、僕たちがみんなに感謝をするライヴです”と大木伸夫(Vo&Gu)がしみじみと述懐したようにファンの存在は大きい。しかし、だからと言って己の美学を曲げるわけではない。これまでの歩みを振り返り、“音楽には嘘を付かずにやってこれた”と言うだけあって、14年前に作られ、演奏されること自体希少だが今の時代にぴったりだという「酸化空」や、大きな意味での愛を高らかに歌う「ALMA」など、一曲一曲の選曲に大きな意義があり、それらを全力でプレイすることに感謝の気持ちがこもっていたように思う。
 特にそう感じたのは、“生まれ変わりの歌。未来を願う歌”として最後に演奏された「廻る、巡る、その核へ」である。何度この曲と出逢っても、映像が訴えかけるメッセージと掻き鳴らされるバンドサウンドの迫力に毎回圧倒される。過去から現在の軌跡を総括し、この先の未来へと突き進んでいくACIDMANは、いっそうのまばゆい光を放ちながら自身の描く音楽を響かせるに違いない。

セットリスト

  1. SE.8to1 completed
  2. 今、透明か
  3. 造花が笑う
  4. CARVE WITH THE SENSE
  5. アイソトープ
  6. Returning
  7. FREE STAR
  8. イコール
  9. ファンタジア
  10. Dawn Chorus
  11. Slow View
  12. 水写
  13. 酸化空
  14. to live
  15. Ride the wave
  16. 赤橙
  17. リピート
  18. 2145年18.ALMA
  19. ある証明
  20. 飛光
  21. Your Song
  22. world symphony
  23. アレグロ
  24. 彩-SAI-
  25. 廻る、巡る、その核へ
ACIDMAN プロフィール

埼玉県私立西武文理高校時代に出会い結成された3ピース・ロック・バンドACIDMAN。当時は4人組で結成され、受験休業を経て、大学進学後、下北沢を中心に97年ライヴ活動を開始。 99年のヴォーカル脱退、現在のメンバーである大木伸夫(vo&g)、佐藤雅俊(b)、浦山一悟(dr)の3ピース編成となる。

02年、「造花が笑う」「アレグロ」「赤橙」のシングル3枚連続リリースでメジャー・デビュー。同年10月には1stアルバム『創』を発表、スマッシュ・ヒットを飛ばす。パワーポップ/ガレージ/パンクのテイストを独自に昇華させたハイブリッドなロックンロールから、哀愁漂うメロディックなスロウ・ナンバーまで、いずれの楽曲にも美しい旋律が貫かれ、エモーショナルなヴォーカルも聴く者の魂を震わせる。
03年8月に発表した2ndアルバム『Loop』ではより深遠な音世界を構築し、04年9月には“あらゆる色の生命をイコールで繋ぐ”という、かつて無い壮大なテーマとその独創性が表現された3rdアルバム『equal』を発表。輪廻転生をコンセプトに作られた約14分にも及ぶ大作「彩‐SAI‐(前編)/廻る、巡る、その核へ」は、映像クリエイターである西郡勲がビデオ・クリップを手掛け、第8回文化庁メディア芸術祭では優秀賞を獲得した。
05年12月にリリースした4thアルバム『and world』を引っさげ、全国ライヴ・ツアー『and world』を敢行。06年7月、このツアー・ファイナルの模様を収録した自身初となるライヴDVDをリリース。音楽と映像のコラボレーションという新しい形でのライヴを行い、多くのロック・ファンを虜にした。そして07年2月に5thアルバム『green chord』を完成させ、5月にはACIDMAN史上初となる日本武道館にてオール・スタンディング形式のライヴを開催。ストイック過ぎるほどストイックで真摯なバンド姿勢ゆえ、一時は解散の危機にぶつかった彼らだが、08年4月に6thアルバム『LIFE』を、09年7月に7thアルバム『A beautiful greed』を発表するなど、現在は年1度のペースでアルバム・リリースを重ねている。

「音の力。詩の力。」「深淵・迷走・創造・騒々」——展開著しく、時に裏切り、時に平たん。静と動。スリーピースの可能性へ常に邁進している彼らは、成功を手中にしてもなお、ストイックなまでに己のバンド・サウンドの純度に磨きをかけ続けている。ACIDMAN Official Website
ACIDMAN オフィシャルサイト
ACIDMAN Official Website
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着