【井手綾香】『井手綾香1st LIVE TO
UR「atelier」』2012年6月29日 at M
t.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE P
LEASURE

取材:武市尚子

大阪と地元・宮崎を回ったツアーのファイナルでもあったこの日、彼女はとても気持ち良さそうに声を響かせた。ツアーのために作られた「はじまりの歌」のピアノ弾き語りでライヴをスタートさせると、曲が作られたきっかけを話しながら歌い進めていく。アコギと歌だけで届けられた「miss you」を境に、後半戦はアップチューンへと切り替え、客席を盛り上げた彼女は、8月15日にリリースされる新曲も披露。ラストでは、中学2年生の時に書いたという「未来への扉」をアカペラで届け、客席を魅了した。中学2年生の頃に歌という人生を歩むことを決めた彼女が、今日という日に辿り着くまでを1ページずつゆっくりと読み進めていくような時間。衣装や見せ方にもこだわりを感じた、大切に作り上げられた温かな空間だった。

セットリスト

  1. 風をつかまえて
  2. 君からのメッセージ
  3. 愛をつなごう
  4. あのね
  5. ひだり手
  6. 青い空
  7. 震える瞳の下で
  8. きっと、ずっと
  9. miss you
  10. ヒカリ
  11. 眩しく優しく強く
  12. I Feel The Earth Move(Carole King)
  13. メドレー(少しずつ~まっすぐに~Voice)
  14. 雲の向こう
  15. 輝く海
  16. つばさ
  17. 未来への扉
井手綾香 プロフィール

イデアヤカ:宮崎県出身の20歳。アメリカ人の母と日本人の父を持ち、4歳からピアノを始める。2011年3月にメジャーデビューし、翌年4月に発表した1stアルバム『atelier』がロングセールスを記録中。13年7月には両A面シングル「235/消えてなくなれ、夕暮れ」を発売した。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着