【THE NAMPA BOYS】『THE NAMPA BOY
S presents 「rebellion vol.6 東京
編」』2012年7月30日 at 下北沢SHEL
TER

撮影:岩崎 真子/取材:フジジュン

1曲目「到来」が始まった瞬間、ザワザワッと鳥肌が立った。鋭くタイトで重厚なバンドサウンド、抜群の存在感を放つ激情のヴォーカル。弱冠19歳にして、なんたる貫禄! 小林聡里(Vo&Gu)が“THE NAMPA BOYS、下北沢SHELTERに到来!”と叫ぶと、超満員のフロアから歓声が上がる。6月にシングル「プランジ」でデビューしたばかりの彼ら。7月にリリースされた渾身のミニアルバム『froM』にも収録された、「螺旋インセクト」や「月照」をテクニカルかつ感情的な歌と演奏で披露すると、初めて観るであろうお客さんの期待値を軽々超えていく。“スペシャルな日にスペシャルな曲を。THE NAMPA BOYSここにあり!と言わしめた曲です”と演奏したのは、08年の『閃光ライオット』で披露した「THIRTEEN」。蒼さと逞しさが入り混じった歌や演奏に彼らの“現在”を感じていると、シングル曲「プランジ」でフロアをブチアゲて、クライマックスを生む。アンコールは、今の真正直な気持ちを轟音と狂騒と感傷的な歌で見事に表現した「待つ元」で壮大にドラマチックにフィニッシュ。僕は彼らのライヴを観ながら、過去にSHELTERで観た、今も語り継がれる数々の伝説のライヴを思い出していた。そして、“日本語ロック”が良いかたちで若い世代に継承されてることに安心したし、新しい時代の始まりに立ち会えたことを嬉しく思った。THE NAMPA BOYSのいる、日本語ロックの未来は明るい。“実は俺、あの日のSHELTERライヴ観てたんだよ”と自慢できる日は遠くない。今、必ず観るべきバンドのひとつだ。

セットリスト

  1. 到来
  2. 螺旋インセクト
  3. 月照
  4. THIRTEEN
  5. 世界と色は
  6. プランジ
  7. フォワード
  8. キャンパス
  9. 待つ元
THE NAMPA BOYS プロフィール

ザ・ナンパボーイズ:2005年、中学1年の時に小林が強引に田中を巻き込んで結成。紆余曲折を繰り返す中、またも澤柳と後藤を半ば強引に引き入れ、現在の4人となる。そして11年4月、小林が東京の大学進学を機に上京。12年6月にシングル「プランジ」でシーンデビューを果たす! オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着