【ももいろクローバーZ】『ももクロ
夏のバカ騒ぎ Summer Dive 2012 Tou
r -最終戦-』2012年8月5日 at 西武ド
ーム

撮影:hajime kamiiisaka/取材:土屋恵介

 『ももクロ夏のバカ騒ぎ Summer Dive 2012 Tour 』の“最終戦”は、ももいろクローバーZにとって最大規模となる西武ドーム。超満員の観客が巨大円形センターステージに目を注ぐ中、吉田兄弟の三味線演奏で能面のダンサーがステージを回り、面を外した5人が姿を見せ、扇子を片手に「ワニとシャンプー」からライヴスタート。
 最新曲「Z女戦争」などを勢いよく歌い踊っていくメンバー。センターステージから大量の水がアリーナ全体へ大噴射で観客はびしょ濡れ。“いいかお前ら、頭のネジは外してきたかー!”という玉井詩織の声に“ウオー!”と大歓声で応える観客。バカ騒ぎの大盛りあがりでライヴは進む。5人はバックスクリーン下、バックネット裏と、会場全体を使ってパフォーマンス。途中、林家ぺー・パー子、松崎しげるといったゲストも登場と、とにかく盛りだくさん。さらに、トロッコに乗り(有安杏実だけ自転車)客席内を回りながら「スターダストセレナーデ」を観客と合唱したかと思えば、クレーンでアリーナ上空を旋回し放水しながら「ココ☆ナツ」を歌う。アンコールの「走れ!」では、観客のサイリュウムがカラフルな光の渦を演出し、「あの空に向かって」を歌う5人に会場中から“世界のももクロナンバーワン!”コールが沸き上がる。
 “今日もまた伝説ができました。この伝説はずっと続いていくように頑張ります!”と、百田夏菜子がライヴを締め括った。全26曲、約4時間の全力バカ騒ぎを感動まで持っていく、ももクロのパワーを存分に体感できる狂乱のライヴだった。

セットリスト

  1. オープニングM feat.吉田兄弟
  2. ワニとシャンプー
  3. PUSH
  4. Z女戦争
  5. DNA狂詩曲
  6. CONTRADICTION
  7. D´の純情
  8. キミノアト
  9. ミライボウル
  10. もリフだよ!全員集合(もリフ)
  11. 天手力男
  12. キミとセカイ
  13. BIONIC CHERRY
  14. ニッポン笑顔百景(桃黒亭一門)
  15. ピンキージョーンズ
  16. 労働讃歌
  17. Chai Maxx
  18. サンタさん
  19. 行くぜっ!怪盗少女
  20. スターダストセレナーデ
  21. ココ☆ナツ
  22. ももクロのニッポン万歳!
  23. コノウタ
  24. 走れ!
  25. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
  26. オレンジノート
  27. あの空へ向かって
ももいろクローバーZ プロフィール

モモイロクローバーゼット:スターダストプロモーションに所属する百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人によるガールズユニット。次世代の新人プロジェクトとして08年春に結成。グループ名は「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味を込めて「ももいろクローバー」と命名された。ももいろクローバーZ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着