【ЯeaL】
『ЯeaLワンマンツアー2017 “1st A
lbum「19.」Release Tour”』
2017年6月25日 at TSUTAYA O-WEST

 初のフルアルバム『19.』リリース後に始まった初のワンマンツアーはメンバーにとって10代最後のツアーとなるだけに、いつも以上に気合いが入っていたことだろう。さらに、Yurika(Gu&Cho)がツアーファイナルをもって脱退ということもあり、その最終日はたくさんの人であふれ返った。オープニングの「ゆらりゆらりゆら」をはじめ、ポップで覚えやすい楽曲がЯeaLの持ち味でもあるのだが、中盤で披露した「カタリナ」は重厚な雰囲気をかもし出し大人っぽい一面をのぞかせる。また、「エゴサーチ症候群」ではRyoko(Vo&Gu)の“いくぞっ!”という元気の良いひと言につられ、観客も笑みを浮かべ、高く拳を突き上げ、場内の熱量も際限なく高まっていく。

 終始、ニコニコ顔で進んでいったライヴ。だが、別れの時は嫌でも近付いてくる。“今日ほど、“最後です”って言いたくない時はありません”とメンバーであり、友達でもあるYurikaへの想いを語るRyoko。そして、その姿を熱い眼差しで見守るAika(Dr&Cho)とFumiha(Ba&Cho)。“YurikaのいないЯeaLにピリオドを打とうとも考えた。無理やなって思って前を向いた時、みんながいた。曲を届けてくれて、ライヴをやってくれて、ありがとうって。だから、この場所を守っていかないとって思いました。このツアーで大人になれたからこそ、等身大で伝えられる曲です”…彼女たちの出した答えはЯeaLの存続。だからこそ、本編最後に用意された《先は見えない それでも行くよ》と歌う「スタートライン」には、これからも頑張っていこうする彼女たちの決意に満ちていた。

撮影:MASANORI FUJIKAWA/取材:水谷エリ


セットリスト

  1. 1. ゆらりゆらりゆら 
  2. 2. Shooting Star 
  3. 3. 秒速エモーション 
  4. 4. セナカアワセ 
  5. 5. Outsider 
  6. 6. ナンセンス 
  7. 7. それを恋と呼ぶのなら 
  8. 8. カタリナ  
  9. 9. チョコレートコスモス 
  10. 10. 仮面ミーハー女子 
  11. 11. H.O.L 
  12. 12. エゴサーチ症候群 
  13. 13. カゲロウ 
  14. 14. スタートライン 
  15. <ENCORE>
  16. 1. HOME
  17. 2. Jumping More
ЯeaL プロフィール

リアル:大阪発のガールズバンド。バンド名の“Я”は“やー”or“ろしあもじ”or“ろしあ”で変換できる。作詞作曲を手掛けるRyokoのポップメイカーとしてのポテンシャルの高さと、圧倒的なライヴパフォーマンスが話題となり、関西を中心に人気急上昇中! 2016年3月にシングル「秒速エモーション」でメジャーデビュー。17年3月にリリースした3rdシングル「カゲロウ」が人気テレビアニメ『銀魂.』新シリーズのオープニングテーマとして注目を集める中、同年5月に待望の1stアルバム『19.』をリリース!ЯeaL オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着