【イトヲカシ】
『second one-man tour「中央突破」

2017年7月16日 at Zepp Tokyo

 ライヴは生モノ――。そんな聞き飽きた常套句も、紛れもない真実なのだと教えられるようなステージだった。路上ライヴをベースに支持の裾野を広げてきたイトヲカシが、3カ月にわたり16都市を回ってきた2ndワンマンツアーの最終日。CMでお馴染みの「スタートライン」から幕開けたステージは、自らの思い定めた王道でシーンを“中央突破”するという想いから名付けられたアルバムのツアーに相応しく、誰もが心を震わせる珠玉のメロディーで、頭から己の王道力を爆発させていった。抜けの良い伊東歌詞太郎の歌声は音源とまったく遜色ないものの、そこにパワフルなドラムビートと宮田“レフティ”リョウ(Ba&Gu&Key)のコーラスが加わって生まれる熱は、間違いなくライヴでしか体験できないもの。伊東がアコギを置いて“Everybody, Clap Your Hands!”と誘った「ハートビート」の湧きようも、満員のZepp Tokyoならではだ。

 ここで“やっぱり故郷なんですよ、東京は。みなさんにとっても東京が好きになってもらえるようなライヴにできたらな”と意気込みを語り、“僕らはチャレンジが好きなので”と初披露したのは「アイスクリーム」。テレビ東京 木ドラ25『さぼリーマン甘太朗』のエンディングテーマでもある新曲を軽快に届けると、熱っぽい息遣いがセクシーな「あなたが好き」、アコギでの弾き語りからロックサウンドへと躍動的に展開する「ヒトリノセカイ」ではライヴ特有の“瞬間の美学”を観せつける。特にやさしさと怒りすらも覗く荒々しさまでを緩急豊かに描いた後者は不思議な“生”のエネルギーを湛えて、ともすれば諦めの色の強かった音源とはまるで違う感覚を覚えたのが印象的だった。“全員に対する応援歌として、今日も歌わせていただきたいと思います”と前置いた「さいごまで」でも力強い歌声と柔らかなウィスパーの対比で聴く者の胸を掴み、“みんなで歌ってライヴを作り上げます!”と煽った「トワイライト」からは声を合わせて一体感を創り出す。「ドンマイ!!」ではクラップの嵐の中、宮田が右耳が詰まって医者に行った話、伊東が貸したお金をユーロで返してもらった話を“ドンマイトーク”として披露したのも、この日だけのお楽しみだろう。

 “楽しみ方を強要するアーティストが一番ダサイからね。楽しんでくれ、自由に!”。そんな伊東の言葉を体現するかのように「SUMMER LOVER」で思い思いに振られるタオルや拳にも、「スターダスト」での伊東の叫ぶようなヴォーカルにも、本編ラスト曲「Thank you so much!!」の感動的な大合唱にも、実に自由なエモーションが吹き荒れていた。その根本にあるのは、MCで伊東が語った通り“10歳の子が“いいな”と思って、その子が70歳になっても“やっぱりいいな”と思うような曲を目指していきたい”というポリシー。事実、アンコールで初披露された映画『氷菓』の主題歌「アイオライト」も、疾走感あるバンドサウンドとキャッチーなメロディーの組み合わせが“王道”な一曲で、彼らの有言実行ぶりを浮き彫りにしていた。

 “いつも会いたいです。前を向いたときにあなたがいてくれるからライヴができる。今があるのは昔があるから。絶対に忘れない、全てはつながっている…パズルのピースのように”。そう伝えて宮田が弾くピアノをバックにふたりだけのステージで届けられた「パズル」は、子守歌のようにやさしく聴く者の心を揺さぶって、挑戦に満ちたファイナルを締め括った。己が定めた王道をブレなく突き進む彼らの、あふれる感情がもたらすブレを味わえたステージ。そこには今を“生きる=ライヴ”する人間の偽りのない真実がある。

撮影:田中聖太郎/取材:清水素子


セットリスト

  1. 1.スタートライン
  2. 2.東方見聞ROCK
  3. 3.カナデアイ
  4. 4.ハートビート
  5. 5.アイスクリーム
  6. 6.あなたが好き
  7. 7.ヒトリノセカイ
  8. 8.さいごまで
  9. 9.トワイライト
  10. 10.ドンマイ!!
  11. 11.Never say Never
  12. 12.SUMMER LOVER
  13. 13.スターダスト
  14. 14.Thank you so much!!
  15. <ENCORE>
  16. 1.アイオライト
  17. 2.パズル
イトヲカシ プロフィール

イトヲカシ:伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Ba&Gu&Key)によるふたり組音楽ユニット。中学時代からの同級生であり、初めて結成したバンドのメンバーだったふたり。卒業後、別々の音楽活動を経て再会し、各々が培った音楽を一緒に発信すべく2012年にイトヲカシを結成。並行して、インターネットの世界に音楽を投稿、さまざまなアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、サポートミュージシャンなどの活動をそれぞれが個々で行なっている。16年9月にシングル「スターダスト/宿り星」でメジャーデビューを果たした。イトヲカシ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着