【ライブレポート】しなまゆ、レコ初
ツアー幕開け「今日はアルバム全曲や
ります!」

しなまゆが7月28日、全国ツアー<レコ発記念 しなまゆ“いい湯だなツアー2017”>の初日公演を東京・Shibuya eggmanにて開催。本ツアーは、2ndフルアルバム『クランク・イン!』のリリースを記念したものだ。
前作から2年7か月ぶりのアルバムとなる『クランク・イン!』は、モリユイ(Vo)曰く「これまで経験したことのないスランプ」により遅れに遅れてのリリースとなった作品。空想の世界であったり、ファンタジーな要素が強い夢見る少女の世界観を表現した楽曲を多く手掛けてきたしなまゆだが、今作では自分たちや周りの人たちとの関係性、現実的な世界を表現することにチャレンジしたという。
ライブ当日、東京は曇りとは言え相変わらずの真夏日。そのジメジメした気分を吹き飛ばそうと約150名のファンが会場に集結し、ステージはアルバムのリード・チューンでもある「Regret」で幕を開けた。モリユイの「渋谷久しぶりー! 都内のライブはご無沙汰だね。メンゴメンゴ」「今日はアルバム全曲やります!」というMCでスタートしたこの曲は「しなまゆ的、モリユイ的応援歌、自信作。」とメンバーが言い切る作品。2曲目「サタデーフライト」、モデル・越智ゆらをミュージックビデオに起用した「まだ言わない」へとパフォーマンスは続き、次のブロックでは「not yet」「Contour」など最近ローンチされた配信シングルを連発し会場を沸かせる。
MCでは、今回のアルバムについて「今までは自分に曲を書いていた。今回は人のために書いたアルバムです」と語り、「オレンジ」「コスメティック」、そして新しい試みとして収録された、SwimyのTakumi(Vo&G)とのコラボ曲「AとB」を披露。本編での最終曲「ストロベリーフィールズ」まで全14曲を一気に駆け抜け、アンコールのナンバー「Bambi」を演奏し、この日のステージを締めくくった。
なお、しなまゆは今後も各地でのインストアイベントや、これまで発表した作品を全曲披露するという<しなまゆ全曲やるよっ!ワンマン>を9月17日東京・Mt.RAINIEHALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催するなど精力的な活動が続く。
リリース情報
New Album『クランク・イン!』
2017年7月26日(水)発売
FLCF-4508 価格2,500円+税
M-1 オレンジ
M-2 まだ言わない
M-3 Regret
M-4 Flower
M-5 Contour
M-6 grow
M-7 AとB with Takumi from Swimy
M-8 コスメティック
M-9 好きな人
M-10 君以外いらなくて
ライブ情報
<レコ発記念 しなまゆ“いい湯だなツアー2017”>
※終了公演は割愛
8月1日(火)愛知・ハートランド
出演:宇宙まお / 森山ほのみ / RATTLEKIDZ
8月2日(水)大阪・北堀江club vijon
出演:SEKIRARA / 他
8月13日(日)東京・府中Flight
出演:results in cert / kobore / スマトラブラックタイガー / the satellites / ROLLICKSOME SCHEME
8月16日(水)神奈川・横浜BAYSIS
8月20日(日)埼玉・HEAVEN’S ROCK 熊谷 VJ-1
出演:CREA/CLOWN / 他
8月24日(木)東京・下北沢ERA
出演:ロイジプシー / results in cert / Jacob Jr. / THE BIG IDEA
8月25日(金)埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
出演:DALEN / THE SPINDLE / ゼットン&パンドン
<しなまゆ全曲やるよっ!ワンマン>
9月17日(日)東京・Mt.RAINIEHALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着