The Pains of Being Pure at Heart『
When I Dance With You』【懐古調の
電子音で心をつかむダンサブルなナン
バー】

 2000年代の終わりころ、シューケイザーギターポップ(ドリームポップ)の再燃というか、その新世代の象徴として彼らは出現した。デビュー時に、まさにこんな曲を求めていたのだ、と私は歓喜した。あまく切ないメロディと、心地よいまでに浮遊感と彩りの豊かさが重なるギターの音が、懐かしく、新しく、とても刺激的だった。これに近い音を鳴らすバンドはこれまでもいるにはいたが、彼らが秀逸なのはその抜群のメロディセンスだ。4枚目となる今作でもそこに変わりはない。この曲はアルバムの中でも特に、跳ねるようなリズムで懐古調の電子音をちりばめながら、ぐいぐいとリスナーの心をつかむダンサブルなナンバーだ。バンドの中心Kip Bermanによると、これが最後の作品になるかもしれないとのこと。今後、心境の変化はあるかもしれないが、聴き収めだとしたらすごくさみしい。ただ、それだけの思いで生み出した曲なので、きっと皆さんのハートにも直撃するはず!

(2017.8.30) (レビュアー:夜鍋太郎)

musipl.com 音楽レビューサイト

無名のアーチストに光を当てる音楽情報サイトMusic Plus、「http://www.musipl.com/」です。facebookページへ「イイね」していただけると嬉しいです。https://www.facebook.com/musiplcom/

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着