Grizzly Bear『Neighbors』【退屈と
は無縁の躍動するリズム、なんと懐の
深いバンドだろうか】

 やさしくうねるようなギターの進行とやわらかい音色。憂いのある歌声。透明感のあるコーラス。退屈とは無縁の躍動するリズム。それらの要素が重なり「完成」された曲だ。うっとり聴き入ってしまうし、心地よいバックグラウンドミュージックとしても、また真剣に一つひとつの音に向き合ってみても楽しめる。なんと懐の深いバンドだろうか。今回のレビューで初めて気に入ってもらえた方、彼らのバイオグラフィーやライブ映像なんかを調べようとするなら、検索には要注意! バンド名をそのまま入力しても熊の画像がずらりと出てくるから。私もこの文章を書く上で、彼らのデータを調べようとした結果、思わずグリズリーの赤ちゃんをうっとり愛でてしまった。またドラクエにはグリズリーというモンスターもいるので、こちらも時節柄要注意! 音楽好きの皆さんは、ゲームや本物の熊でなく、まずは彼らの5年ぶり5作目となるアルバムのほうをチェックしていただきたい。

(2017.9.6) (レビュアー:夜鍋太郎)

アーティスト

musipl.com 音楽レビューサイト

無名のアーチストに光を当てる音楽情報サイトMusic Plus、「http://www.musipl.com/」です。facebookページへ「イイね」していただけると嬉しいです。https://www.facebook.com/musiplcom/

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着