市川由紀乃が豪華衣装で五木ひろし、
美空ひばりなどカバー曲に挑戦

デビュー25年目を迎え、最新シングル『はぐれ花』がロングヒット中の市川由紀乃が9月11日、東京・浅草公会堂で<市川由紀乃コンサート2017 唄女(うたいびと)>と銘打ったコンサートを開いた。

開演前から「今日は約1年ぶりの浅草公会堂でのコンサートになりますが、昨夜からかなりの興奮状態です。今回のコンサートは、かなり盛りだくさんの構成になっていますので、お客さまにびっくりしていただいたり、また懐かしい曲も出てきますし、いろんなコーナーがあるので、とにかく楽しんでいただきたいです」と、同公演にかける意気込みもひとしおだ。

会場は、約1,200人の熱烈なファンで超満員の中、2016年に放送された紅白初出場のステージでも披露した「心かさねて」でオープニングの幕を開け、「遠方からもたくさんのお客さまが駆けつけてくださり、感激で胸がいっぱいです。デビューして丸24年という月日が経ちましたが、こうして歌わせていただいて、この舞台に立たせていただけるのも皆さまのおかげです。今日は、日頃の感謝の思いを込めて、皆さまに『ああ、楽しかった』と、いっぱい、いっぱい笑顔になっていただけるそんなひとときがお届けできますよう精一杯つとめさせていただきます」と挨拶。
オリジナルメドレーでは「海峡出船」「一度でいいから」「流氷波止場」、2015年の大ヒット曲「命咲かせて」、昭和の名曲のカバーから彼女が尊敬する先輩歌手・島倉千代子の「愛のさざなみ」、五木ひろしの「待っている女」、美空ひばりの「ある女の詩」、ミニドレス姿で麻倉未稀のポップスナンバー「What a feeling~フラッシュダンス~」、現在ヒット中の新曲「はぐれ花」、ファイナルは今回のコンサートのために作られた「あなたがそばに」など全15曲を熱唱した。
新曲については「3月22日に発売させていただきましたが、日に日に手応えを感じています。月日が流れると、演歌・歌謡曲が大好きな方からの『新曲はいつなの?』というお声もありましたが、この『はぐれ花』では『まだ頑張っているね』というお声をいただいていますし、私はひとつの曲を長い期間、歌っていきたいという思いが常にありますので、2017年はこの歌で頑張っていきたいと思います」と語った。また、「今年も紅白連続出場を目指しますか?」という記者からの質問には「最後まであきらめずマイペースで、年末まで走ることなく、ゆっくりと地に足をつけて歩いていきたいと思います。1年を締めくくる日にまたうれし涙を流してみたいですし、笑顔で新しい年を迎えられたらいいですね」と意欲を燃やしていた。11月8日には、昭和歌謡カバーアルバム『唄女II~昭和歌謡コレクション』が発売されるが、その中には久保田早紀の「異邦人」も収録。「演歌・歌謡曲はもちろん大好きですが、いろんなジャンルの曲、ジャズやシャンソンなども歌っていきたい」と話していた。

(提供:サンニュース)

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着