【詳細レポート】山内惠介、夢の舞台
で涙と感謝の3時間コンサート

山内惠介が10月6日、自身の過去最大規模となる東京国際フォーラム ホールAにて、<山内惠介コンサート2017 ~まだ見ぬ歌の巓(いただき)を目指して!~>を行った。

5,000人が詰めかけた場内の照明が落ちると、ステージの背後から照明があたり、手を広げた山内が浮かび上がる。全身ホワイトの衣装は肩から薄い生地が下がっており、羽のようにも見える。ピアノの音色が流れオープニングナンバーの「さくら(独唱)」(森山直太朗)を伸びやかな歌声で歌い、場内は一瞬で山内の世界へと引き込まれる。

光の海のようなペンライトに照らされるなか「積木の部屋」(布施明)、「田園」(玉置浩二)とカバー曲が続き、「皆さんこんにちは、お元気ですかー!演歌界の貴公子と呼んでいただいております、山内惠介です!」とお馴染みの挨拶に、満員の国際フォーラムは笑顔と割れんばかりの歓声で山内を迎えた。「今回の秋のコンサートは普段とはガラリと趣きを変えてお届けいたします。タイトルもずばり『まだ見ぬ歌の戴を目指して!』中央に(三角を形どった)山のようなセットがございますけれども、歌手としてまだまだ精進中の身ではありますが、素晴らしい先輩が歩んでこられた歌の道に少しでも近づけるように、本日も一生懸命歌わせていただきます。最後までたっぷりとお楽しみください!」と挨拶。

今回のコンサートは1部、2部と分かれており、第1部は山内がリスペクトして止まない歌の名手たちのカバー曲で構成されたステージとなっている。ここからは昭和58年生まれ34歳の山内の、同い年の歌メドレーで、ある少女が恋をし、別れを経験しながら道ならぬ恋に身を焦がし大人になっていくというストーリーに沿って進行していく。「め組のひと」(ラッツ&スター)、「想い出がいっぱい」(H2O)、「セカンド・ラブ」(中森明菜)、「さざんかの宿」(大川栄策)、「Sweet Memories」(松田聖子)、「悲しい色やね」(上田正樹)などを歌い、「め組のひと」では少女のハツラツとした姿、また、女性目線の歌も得意としている山内の歌う「セカンド・ラブ」、「Sweet Memories」は、女性の柔らかさと色気が感じられ、それはまるでひとつのドラマを見ているようであり、様々な曲調、ジャンルの楽曲、全10曲のメドレーを通し山内の表現力の幅の広がりを感じさせた。

2017年にこの世を去った作曲家・船村徹や、聴いて育ったという美空ひばりのエピソードに触れ歌うのは、船村徹作曲「別れの一本杉」(春日八郎)、「ひばりの佐渡情話」(美空ひばり)、「港町十三番地」(美空ひばり)。戦後まもなく哀しみと希望が混在する、そんな中で歌に身を寄せ心を癒された時代の情景が目に浮かぶようであった。

「これから聴いていただく歌は、まるで映画を観ているような気持ちにさせてくれる素晴らしい曲です。ここで1部の曲もラストとなりました」と言うと、まだ聴き足りないとばかりに客席からは「はぁ…」と、ため息が漏れた。だが山内は、「そう言われると思いましてね、3曲用意しました」と言うと大きな拍手が巻き起こり「もう、分かりやすいったらありゃしない!」と観客を喜ばせた。

実は高橋真梨子吉田拓郎のコンサートで東京国際フォーラムを訪れたことがあると話す山内は「『僕もいつか国際フォーラムでやりたいな』と思いました。すごく広い会場だなぁ…と、ステージの額の大きさが違うんです!『ガクッ』と言う感じで…だいぶ調子が出てまいりました」と、感動を誘う話の中にも笑いを忘れない、これぞ山内節だ。「いま現実としてスポットライトを浴びながらここに立っている、本当にありがとうございます」と言い深々と頭を下げた。そんな思い出のコンサートで聴いたという「落陽」(吉田拓郎)、「for you…」(高橋真梨子)を締めの3曲の内2曲に選択し、力強く、しなやかに披露し1部は幕を閉じた。

観客もお待ちかね、山内のオリジナル楽曲で構成された第2部の幕が開き登場した山内は、1部とは打って変わって前髪を上げグレーの着流しに身を包み、自身の楽曲「つばめ返し」、「恋の手本」と続けて歌う。ここで山内は一旦袖にはけ、バンドのメンバー紹介が始まる。今回はいつもの惠介バンドに加え、バイオリン、サックス、パーカッション、アコーディオンと豪華編成になっている。再び現れた山内は新衣装の上下真っ赤なスーツに衣替えし、NHK紅白歌合戦に2度目の出場を果たした際に歌唱した「流転の波止場」、初出場時に歌った「スポットライト」と、山内の歌手人生における節目の楽曲を続けて披露した。「皆さま、山内惠介はおかげさまで2年連続で紅白歌合戦に出場させていただきました。今年も出たいです!その時に歌いたいのは3月19日に発売した『愛が信じられないなら』ですかね~。今回は、R&Bのパイオニアと呼ばれている松尾潔先生に作詞をお願いしました。この曲で、僕も男として一皮剥けたいなと思っております。」と、新曲を歌う山内の顔は満面の笑みが自然と溢れていた。その後、9月13日に発売されたカップリング違いの『愛が信じられないなら』より、松尾潔作詞、山内の恩師・水森英夫作曲の「赤い幌馬車」、「風ぐるま」2曲を披露した。

「今年はデビューして17年になりますが、1年に1枚ずつ新曲をリリースしてまいりました。リード曲だけでも17曲、カップリングを含めますと約50曲のオリジナル曲を作っていただきました。前半は先輩方の曲をカバーしてまいりましたが、今お送りしている曲は山内惠介のためのオーダーメイドでございます。これまで皆さんにたくさん、たくさん応援していただいた曲たちを、ラストスパートということで並べてお聞きください」と始まったのは2001年に発売されたデビュー曲「霧情」。今でこそ知名度も上がり、5,000人の客席を埋められるようになった山内だが、17歳で上京し母と涙の別れもあった、そして鳴かず飛ばずの時代も経験してきた山内にとって、憧れの会場でデビュー曲「霧情」を披露するということは胸にこみ上げるものがあったであろうことは容易に想像できる。続いて「惠ちゃん」コールで盛り上がる「夢見る恋人たち」、そして2009年に発売されたシングル曲「風蓮湖」で山内の感情はついに溢れ出し1コーラスを歌い上げた山内は堪えきれぬ涙を流した。

「風蓮湖」と同じく北海道をテーマにした楽曲「釧路空港」、「流氷鳴き」を歌いきり、「山内惠介は歌手になり17年目、人生で言うならば青春真っ盛りかな~なんて思います。皆さん、17歳の頃を思い出してください。初恋をしたり失恋をしたり、生涯の友達に出会ったり、人生の原点がその時代にあるような気がします。僕が17歳の頃というのは、歌い手になるために福岡から上京した歳でもあります。その時に1週間だけ母と二人暮らしをしました。『もう帰るけんね、見送らんでいいけんね』と曲がり角を見送ったことを昨日のことのように覚えております。でも…あの時、僕よりも母の方がよっぽど辛かっただろうなと…。皆さんのおかげで華やかなステージに立たせてもらって、今となってみれば本当に良い母親だったなと…」声を震わせる山内に愛情のこもった拍手と声援が送られる。「これからも、できることならずっとスポットライトを浴び続けていたい。20周年、25周年と、まだ見ぬ巓を目指して頑張ります!どうぞ今後ともよろしくお願いいたします」と、深く頭を下げ、本編最後の曲は山内の10周年曲「冬枯れのヴィオラ」で締めくくられた。

アンコールの手拍子に誘われるように眩ゆい黄色の燕尾姿で現れた山内は、「皆さん、最後まで素晴らしい拍手とご声援をいただきありがとうございました!胸がいっぱいでございます。」と感謝の意を述べた。「2018年2月に大阪・新歌舞伎座で2回目の座長公演を行いますが、同じく8月に、東京は明治座で座長公演をさせていただくことが決定いたしました」と言うや否や、山内の声も掻き消されるほどの大喝采が起きた。8月の公演は、2月の時代ものとは違い、歌の原点「流行歌」をテーマにした演目になるということだ。この日の公演前のマスコミ向けの取材では、「劇場と言えば時代劇という風に思われがちですが、『愛が信じられないなら』を題材にした現代劇にしていきたい、僕は『愛が信じられないなら』を“流行歌”として捉えており、演歌でも歌謡曲でもないけれど、お客様が喜んでくださり歌はジャンルを超えるんだと感じています。」と答えていた。

最後に、「愛が信じられないなら」の「惠ちゃん」コールを観客全体と、男性のみと分けて練習し歌唱。コンサートのなかでもひときわ盛り上がりをみせる「恋する街角」を歌うと「盛り上がってるか~!まだまだ行くぞ~、朝まで行くぞ~?今年も良い年にするぞ~!」と言い残し再びステージ袖にはけるが、拍手と歓声が鳴り止まず2度目のアンコールが巻き起こる。「アンコールっていうのは自然に起きるものなんですけれど、アンコールしてもらえると仮定してちゃんと衣装まで作ってきちゃいました(笑)」と、最後の最後まで笑いを忘れない。「山内惠介の歌手人生は、ずっと幕は下がりません。まだ見ぬ歌の戴を目指して頑張って行く所存でございます。皆さんにとっても山内惠介が『ただ、ひとつの花』であり続けるよう頑張ってまいります」そしてコンサートの締めの曲として定着した「ただ、ひとつの花」を会場が一体となり歌い上げた。

バンドメンバーを見送り、ステージにひとり残った山内がマイクを置き、肉声で「ただ、ひとつの花」の一節を歌う。その優しさに溢れ、聴くもの全ての胸を打つ歌声が東京国際フォーラムに響き山内は笑顔でステージを後にした。

<山内惠介コンサート2017 ~まだ見ぬ
歌の巓(いただき)を目指して!~>

2017年10月6日(金)@東京・東京国際フォーラム ホールA
[ セットリスト ]
第1部
1. さくら(独唱)(森山直太朗)
2. 積木の部屋(布施明)
3. 田園(玉置浩二)
4. 雪國(吉幾三
5. 待っている女(五木ひろし
6. 麦の唄(中島みゆき
7. め組のひと(ラッツ&スター)
8. 想い出がいっぱい(H2O)
9. 初恋(村下孝蔵
10. セカンド・ラブ(中森明菜)
11. 矢切の渡し(細川たかし
12. さざんかの宿(大川栄策)
13. キャッツ・アイ(杏里)
14. 恋人も濡れる街角(中村雅俊
15. SWEET MEMORIES(松田聖子)
16. 悲しい色やね(上田正樹)
22. 別れの一本杉(春日八郎)
23. ひばりの佐渡情話(美空ひばり)
24. 港町十三番地(美空ひばり)
25. 落陽(吉田拓郎)
26. for you…(高橋真梨子)
27. One more time, One more chance(山崎まさよし
第2部
28. つばめ返し
29. 恋の手本
30. 流転の波止場
31. スポットライト
32. 愛が信じられないなら
33. 赤い幌馬車
34. 風ぐるま
35. 霧情
36. 夢見る恋人たち
37. 風蓮湖
38. 釧路空港
39. 流氷鳴き
40. 冬枯れのヴィオラ
アンコール
36. 愛が信じられないなら
37. 恋する街角
ダブルアンコール
38. ただ、ひとつの花

シングル『愛が信じられないなら』

2017年9月13日発売

<赤盤>
VICL-37316 / 1,204円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 愛が信じられないなら
2 赤い幌馬車
作詩:松尾 潔 作曲:水森 英夫 編曲:伊戸 のりお
3. 愛が信じられないなら ~オリジナルカラオケ~
4. 赤い幌馬車 ~オリジナルカラオケ~

<青盤>
VICL-37317 / 1,204円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 愛が信じられないなら
2. 風ぐるま
作詩:松尾 潔 作曲:水森 英夫 編曲:伊戸 のりお
3. 愛が信じられないなら ~オリジナルカラオケ~
4. 風ぐるま ~オリジナルカラオケ~

<山内惠介熱唱ライブ2017~新たなる歌
の道・あなたと共に~>

10月14日(土) 北海道・北ガス文化ホール
10月16日(月) 北海道・小樽市民会館
10月17日(火) 北海道・岩見沢市民会館
10月19日(木) 北海道・網走市民会館
10月20日(金) 北海道・中標津町総合文化会館
10月23日(月) 北海道・室蘭市文化センター
10月27日(金) 山梨・コラニー文化ホール
10月28日(土) 群馬・館林市文化会館
11月03日(金) 栃木・足利市民会館
11月17日(金) 埼玉・深谷市民文化会館
11月18日(土) 長野・須坂市文化会館 メセナホール
11月22日(水) 埼玉・川口総合文化センター・リリア
11月24日(金) 千葉・松戸 森のホール21
11月25日(土) 群馬・ベイシア文化ホール
11月28日(火) 埼玉・ウェスタ川越
11月29日(水) 茨城・茨城県立県民文化センター

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着