【JOYSOUNDだから、歌える!隠れた名
曲ライブラリー】#10 鶴岡雅義と東京
ロマンチカ「有楽町でまた逢いましょ
う」

好きなアーティストの歌いたい曲が、必ずしもヒット曲だとは限りませんよね。カラオケに入っていなくて、残念な思いをした方も多いと思います。JOYSOUNDは、マニアックな曲も多く、リクエスト配信にも力を入れているから、お目当ての曲に出会いやすいようです。というわけで、JOYSOUNDだからこそ歌える、隠れた名曲の数々をご紹介!

『有楽町でまた逢いましょう』

平成16年11月発売
歌:鶴岡雅義と東京ロマンチカ
作詞:高田文夫
作曲:中村泰士
編曲:伊戸のりお
レーベル:フリーボード

平成15年、三條正人は、鶴岡雅義と東京ロマンチカに20年ぶりに復帰した。三條は、同年、歌手生活40周年を迎えている。その復帰第2弾のCDシングル曲である。作詞に、放送作家の高田文男、作曲は、鶴岡雅義ではなく、中村泰士を起用するという、鶴岡雅義と東京ロマンチカとしては、異色ともいえる楽曲だ。フランク永井の「有楽町で逢いましょう」(昭和32年)のオマージュ作品であることが、そこかしこから感じられる。「♪セピア色したキネマに 二人の出逢いをかさね」という、歌い出しに、映画「有楽町で逢いましょう」の京マチ子に想いをはせる。JOYSOUNDでは、本人の歌唱映像を拝めるのが嬉しい。10月5日に亡くなった三條正人を偲んで歌いたい。

解説:卯村

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着