【ぼくのりりっくのぼうよみ
ライヴレポート】
『ぼくのりりっくのぼうよみ
遺失物取扱所』
2017年10月8日 at 日比谷野外大音楽

 キーボードの音色に乗せて、ぼくりりのフロウも軽やかに「after that」でライヴはスタート。DJやパーカッションらもいるバンドを従え、赤、青、黄などの照明が辺りを彩るも、ゴミ袋など遺失物オブジェが乱雑に置かれたステージにはそぐわない、この滑稽な感じがなんだかいい。日が沈んだ「sub/objective」以降はディープなぼくりりワールドへ。

 “自分の音楽の価値が分からなくなることもあるけど、全部振り返って回収しようと思います”というMCに続き、“夏を思い出すカバー”として真心ブラザーズの「サマーヌード」を披露。中盤でパリピムードを振りまいた「SKY's the limit」然り、持ち前の歌唱力で景色をパッと明るく切り換えられるのがすごい。また、“遺失物”に合わせた2ndアルバム『Noah's Ark』のサブストーリーを表現してみせる場面も。彼曰く“「shadow」で生まれた人間が、「在り処」で居場所を失くすけど、「Be Noble」で頑張ろうと決意し、でも「liar」で信じられなくなって、「Noah's Ark」で裁かれて終わる”のだという。自身の本能を確かめるように、たくさんのリリックを夜空が見える空間に放っていくぼくりり。バンドがより熱を帯びる「Noah's Ark」での神々しい存在感は、それこそ創造主みたいだった。

 その後も新曲「playin'」「たのしいせいかつ」「罠」、アニメ『マクロスF』「星間飛行」のカバー、電波少女のハシシを迎えた「クビナワ」と大サービス! “めっちゃ楽しい”と疼く彼の姿には、まだまだ化ける予感しかない。11月22日に発売が決まった3rdアルバム『Fruits Decaying』も超期待!

撮影:平田浩基/取材:田山雄士


セットリスト

  1. 1.after that
  2. 2.sub/objective
  3. 3.CITI
  4. 4.Collapse
  5. 5.サマーヌード
  6. 6.shadow
  7. 7.在り処
  8. 8.Be Noble (re-build)
  9. 9.liar
  10. 10.Noah's Ark
  11. 11.SKY's the limit
  12. 12.playin'
  13. 13.星間飛行
  14. 14.つきとさなぎ
  15. 15.たのしいせいかつ
  16. 16.Water boarding
  17. 17.孤立恐怖症
  18. 18.Sunrise (re-build)
  19. <ENCORE>
  20. 1.クビナワ
  21. 2.罠
ぼくのりりっくのぼうよみ プロフィール

神奈川県横浜市在住の男性アーティスト。“ぼくのりりっくのぼうよみ”“紫外線”名義で動画サイトに投稿を開始。高校2年生だった2014年、10代限定オーディション『閃光ライオット』に応募、ファイナリストに選ばれる。そして、主催のTOKYO FMによる人気番組『SCHOOL OF LOCK!』でその類まれなる才能を高く評価され、一躍脚光を浴びることに。2014年5月、4曲入りEP『Parrot's Paranoia』を配信リリース。2015年12月、高校3年生にして1stアルバム『hollow world』で初のCDリリース、メジャー・デビューを果たす。ほかのトラックメーカーが作った音源にリリックとメロディーを乗せていくラップのスタイルをベースとしつつ、その卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声を聴かせ、高校生というのが信じられないほどのラッパー/ヴォーカリストとしての表現力を持つ。日本の音楽シーンを震撼させる強烈な才能は、各メディアから高い評価を集めている。2016年5月には『VIVA LA ROCK 2016』に出演。ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着