SILENT SIREN × 原宿ASTRO HALL
- the Homeground 第23回 -

原宿ASTRO HALL

原宿ASTRO HALL 制作現場統括/ブッキング 及川純一

PROFILE:在籍14年半。20代前半の時に本格的に音楽業界で働きたいと思ったのですが、具体的に何をしたらいいのかさっぱり分からず…。とりあえず、“好きなものの側で働いてから考えよう!”と、当時まだオープンして3年目の原宿ASTRO HALLが海外アーティストのイベントをよくやっていたので、面白そうだなと思い門を叩きました。今思えば、その時の考えが甘かったのか、プレッシャーに耐え切れず、3日で“辞めたい”と今の店長に言ったのも、10数年前のいい思い出です…。結局、今現在までお世話になることに。とても思い出深い場所です。

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-32-12 ニューウェイブ原宿B1
TEL:03-3402-3089
HP:http://www.astro-hall.com/

SILENT SIRENの結成当時は、読者モデルがバンドをやるという珍しい存在だったと思うのですが、どういった印象がありましたか?

その当時、原宿が“読者モデル”ブームの真っ只中で、ちょうどきゃりーぱみゅぱみゅさんが2011年頃にブレイクしたのをきっかけに、“青文字系モデル”や“赤文字系モデル”の言葉が流行っていて、その青文字系モデルのみなさまがよく原宿ASTRO HALLにも出演されていました。その読モの中のある男の子が、読者モデルを中心に、フリマ、ファッションショー、音楽ライヴとかなりコンテンツ盛りだくさんのイベントをよく企画していて。多分2年間の間で10数回は開催していて、ファッションショー+音楽ライヴの土台となったイベントでもあります。そのイベントに、SILENT SIRENのみなさまがモデルとして出演していましたね。のちにバンドとして出演するわけですが。楽器を始めて間もなかったというのもあり、当時は正直“大丈夫かな…?”とステージ横で心配した記憶があります(笑)。でも、当初からエンターテインメント性があったというか、お客さんのことをよく観ており、きちんと“楽しませよう”という気持ちで臨んでいらっしゃったのは、とても印象的でした。メンバー個々の思い出で言えば、ひなんちゅさんはその読モの子のイベント運営に協力していたり、すぅさんも読モイベントの企画主催を別で行なっていらっしゃったり。あいなさん(あいにゃん)がその読モイベントでフリマを出展した時、場外にすごい行列ができてしまって、とてもテンパったのを今でも覚えてます。しかも、すごい大雪の日に(笑)。あの頃から、影響力は絶大でしたね。音楽以外のコンテンツも幅広くこなしていたので、だからこそ今の成功があるのではないかと思っております。
原宿ASTRO HALL 及川純一さん

原宿ASTRO HALL 及川純一さん

原宿は他のライヴハウスが多い場所とは違ったカルチャーがあると思うのですが、そういった点を踏まえてこの仕事へのこだわりを教えてください。

常に新しいものを吸収できるよう、アンテナを広げるようにしています。原宿という立地柄、音楽だけではなくファッション系のイベントも行なうので、いろいろなジャンルの情報を取り入れるように心掛けています。世代、ジャンルに偏らずお付き合いできるのが今の仕事の魅力だと思います。

初めて出演した時のライヴについて覚えていますか?

2011年の冬頃だったと思います。印象は“えっ!? 大丈夫!?”です(笑)。確か、みなさまのアンプバランスからセッティング、チューニングまで口を出してしまった気がします…でも、いざ本番を迎えたら、お客さんの黄色い声援が飛び交い、終始すごく楽しそうに、演奏していたのを覚えてます。

出会いから、成長したと思う部分や変化などはありますか?

確か最後に出演していただいたのは、2015年3月23日の『Y teen’s LIVE』でケラケラ、住岡梨奈とのスリーマンの時だったと思います。あの頃とは演奏力も観せ方も意識も、まったく別のバンドになっており、びっくりしたのを覚えてます。わずか4年間でしたが、相当な努力があったのだろうなと感慨深いものがありました。でも、お客さんを大事にしていたり、“楽しませたい!”という気持ちだけは変わっていませんでしたね。

今までで一番印象に残っているライヴは?

2012年7月24日開催の『Silent Siren Live Tour 2012 サイサイサイクル ~はじめまして、サイサイです。~』はメジャーに昇っていく過程のちょうど節目で、スタッフも増え、お客さんも増え、いろいろプレッシャーもすごかった時期だったと思います。いつもより緊張されている雰囲気があったのを覚えております。メジャーデビュー決定の発表をしてお客さんのボルテージが最高潮に達したあとに、当時のメンバーの脱退発表があり、会場がすんごい雰囲気になったのを覚えてます(笑)。いろんな意味でかなり印象深かったです。

では、原宿ASTRO HALLにとってのSILENT SIRENとは?

サイサイのみなさまと、原宿カルチャーの一時代を築き上げてきたと勝手に思っております。サイサイなくして、今の原宿ASTRO HALLもありません!

SILENT SIRENにひと言お願いします!

思い出深い場所と言っていただけるなんて、本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。一緒に成長できたことをとても感謝しております。ネクストSILENT SIRENを目指して日々奮闘している若手ガールズバンドの目標となるような、とてつもなくビッグなバンドになっていただけたら嬉しいです。陰ながら応援しております! 原宿代表バンドとして、これからも頑張ってください!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着