L→R 松永健太(Ba)、吉田弘輝(Gu)、RYOSUKE(Vo)、海 THE KID(Dr)、逸見豪一(Key)

L→R 松永健太(Ba)、吉田弘輝(Gu)、RYOSUKE(Vo)、海 THE KID(Dr)、逸見豪一(Key)

【彼女 IN THE DISPLAY
インタビュー】
カッコ良いものを追求した
結果なんです

福岡発、新世代のJ-ROCKバンドが発表したミニアルバム『GOLD EXPERIENCE REQUIEM』。本作について、RYOSUKE(Vo)、吉田弘輝(Gu)、逸見豪一(Key)を直撃した!

新作『GOLD EXPERIENCE REQUIEM』は、2013年発表のアルバム『GOLD EXPERIENCE』と関連があるのは明白で…

RYOSUKE
そこに着目していただけて嬉しいです! 当初タイトル決めにはわりと難航して、決まったのはある程度楽曲が仕上がったあとなんです。楽曲のデモをメンバーで聴いた時に“これは変化でなく進化だ”って話が出て、それなら“REQUIEM”って付けちゃいましょうか!みたいな軽いノリで。

引用元の『ジョジョの奇妙な冒険・黄金の風』のスタンド“ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム”よろしく、今作はみなさんにとっての進化、あるいは原点回帰の意味合いもあるということですね?

RYOSUKE
そうですね。あと、過去の挫折、これからの展望など、タイトルを通してメンバーと話し込んでいるうちに見えてきたことがいろいろあったんです。なので、制作するにあたって今回一番考えて向き合ったのは、“彼女 IN THE DISPLAYとは?”ということですね。

で、その彼女 IN THE DISPLAYのサウンドはと言うと、“メタルでもラウドでもハードコアでもスクリーモでもエモでも無い、J-ROCKの新機軸”とのキャッチコピー通り、なかなか既存のジャンルで括れない印象があります。

RYOSUKE
僕らはメンバー全員でセッションしながら作るんですよ。誰かが持ってきたリフなりメロディーなり、そのアイデアをもとに広げていく感じですかね。メンバーそれぞれ得意分野があるので、楽曲によって引っ張っていく人が違う場合もあったり。それと今作は江口 亮さんにプロデュースしていただきました! “より一層ありのままの僕ら”を引き立たてるアレンジ、アイデアをたくさんもらいましたね。江口さんがいなければ今作はなかったと言っても過言ではないです。

具体的に楽曲を挙げると、M1「アカネ」。全体に密集型の勢いのあるサウンドなのですが、それでいて各パートの自己主張がぶつかり合わない絶妙さがありますね。

吉田
「アカネ」に関しては基本的に歌と歌詞を聴かせたかったし、それを支える太いサウンドはバンドらしくしたかったところで、それぞれが出るべきところ、引っ込むところを意識した結果、絶妙なバランスが生まれたんだと思います。

あと、M6「Don’t let me go」もデジタル系のラウドロックと言えばそうなんですが、そう単純に分けられる感じでもない。この辺りのバランスも興味深いですね。

逸見
この曲のメインテーマは僕が持って来たんですけど、Wiz Khalifaの「See You Again」とか海外のR&B に影響を受けまして。なので、制作の始まりがラウドやデジタル系ではなく、制作途中でラウド要素、デジタル系要素をスパイス的に入れたのでこういうかたちになったと思います。
吉田
例えば、M3「[1959]」もそうで。あの曲はとにかく明るくアッパーな曲を作ろうとして作った曲なんですけど、イントロ、サビ後半でマイナーな音使いをしてて。そんな曲になった理由を言うと、作曲の段階で僕が間違えて半音ずらしてしまったんですけど、その音が“カッコ良い!”と思ってそのまま採用したのが真相で(笑)。最初から意図してたわけではないのですが、こういうことから生まれることもある。いずれもただカッコ良いものを追求した結果なんですよね。

取材:帆苅智之

ミニアルバム『GOLD EXPERIENCE REQUIEM』2017年10月18日発売 彼女 in the records
    • KID-8
    • ¥2,000(税抜)

『GOLD EXPERIENCE REQUIEM TOUR』

10/22(日) 福岡・DRUM Be-1 ※ワンマン
11/02(木) 熊本・B9 V2
11/05(日) 広島・CAVE-BE
11/06(月) 香川・高松DIME
11/11(土) 新潟・CLUB RIVERST
11/12(日) 長野・松本ALECX
11/14(火) 愛知・CLUB UPSET
11/16(木) 宮城・HOOK
11/18(土) 大阪・心斎橋DROP
11/22(水) 山口・周南rise
11/25(土) 東京・TSUTAYA O-Crest ※ワンマン

彼女 IN THE DISPLAY プロフィール

カノジョ・イン・ザ・ディスプレイ:福岡県博多在住の5人組ロックバンド。2010年8月に始動。数々のアーティストとの共演を経て、“音を楽しむ”という信念を忘れず飽きない音楽を作り続ける。結成から8年を迎える18年、ついに5月30日にミニアルバム『get up』でメジャーデビュー!彼女 IN THE DISPLAY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着