HIP HOP/R&B界の注目株が来日競演<
HOT97 SUMMER JAM TOKYO 2017>開催

ニューヨークのFMラジオ局「HOT 97」が主催するHIP HOP/R&Bフェスの日本版、<HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017>が11月11日(土)に新木場STUDIO COASTにて開催された。
◆<HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017> 画像
USの音楽マーケット、なかでもアーバンミュージックシーンにおいて最も影響力があると言われる「HOT 97」が主催する、世界最大級のHIP HOP/R&Bフェス<HOT 97 SUMMER JAM>。すでに20年以上の歴史を誇るこのイベントにとって、日本は初の海外進出地となった。昨年Zepp Tokyoにて行なわれた<HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016>は大成功を収め、日本およびアジアHIP HOPシーンにも新たな歴史を刻んだ。
今年は会場を新木場STUDIO COASTへ移し、第2回目となる<HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017>を開催。 昨年同様に今回もアメリカから来日するトップアーティスト達に加えて、日本からも注目のヒップホップアーティストが参戦した。このイベントの特色と言えるのが、本国での<HOT 97 SUMMER JAM>と全く同じスタイルで、アーティストのライヴの合間に「HOT 97」の人気DJに加えて、名物パーソナリティもステージに立ち、まさにアメリカで行なわれているスタイルをダイレクトに伝えるという部分だ。そんな“リアル”なフェスを求めて、日本のヒップホップ/R&Bファンはもちろんのこと、日本在住あるいは海外から訪れる外国人客の多さもまたこのイベントの大きな特徴だろう。 
DJ LEAD

▲EBRO
午後3時という早めの開演時間にも関わらず、熱心なオーディエンスが続々と会場へ集まり、「HOT 97」の若手の注目DJであるDJ JUANYTO、そして日本人初の「HOT 97」のレギュラーDJでもあるDJ LEADのプレイでウォーミングアップも万全。続く、「HOT 97」を代表するDJの一人、DJ KAST ONEによるNY最先端なDJプレイとともに人気パーソナリティであるEBRO、PETER ROSENBERG、LAURA STYLEZの3人がステージに立ち、ついに『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017』は幕を開けた。
アーティスト・ライヴの第1ゾーンは日本人アーティストによるショウで、今回はkiLLa、JP THE WAVY、AWICHが登場。日本のヒップホップシーンを知っている人にとっても、かなり“攻めた”ラインナップとも言えるこの3組だが、こちらの想像以上に<HOT 97 SUMMER JAM TOKYO>のオーディエンスとの相性も良く、日本のヒップホップファンはもちろんこと、海外客を巻き込むほどの勢いに正直驚かされた。そして、彼らがもたらした熱気はそのまま、USアーティストによるアーティスト・ライヴの第2ゾーンへと引き継がれていく。

▲A$AP Twelvyy

▲YOUNG M.A
トップを飾ったのがNYの人気ヒップホップ・クルーA$AP Mobの一員であるA$AP Twelvyyだ。今年夏には初のソロアルバム『12』をリリースしたばかりの彼は、数々のフレッシュな新曲を披露し、NYマナーなストリートスタイルのショウを展開。続くYOUNG M.Aは、今年夏のNYでの<HOT 97 SUMMER JAM>にも出演したホットなフィメール(=女性)ラッパーで、今回の出演者のなかでも最も注目度の高かった一人だろう。男勝りなハードコアなステージで、彼女の代名詞とも言えるヒットチューン「OOOUUU」での盛り上がりは一つのピークとなった。

▲KID INK

▲JEREMIH
今回、唯一のウェストコーストからの参加となったLA出身のKID INKは、「Show Me」など数々の大ヒット曲を次々と繰り出し、さらにステージを飛び出して観客席に入り込むほどのサービスっぷり。終始オーディエンスを盛り上げ、最上級のエンターテイメントを提供してくれた。そして、ラストのJEREMIHはDJに加えて、ドラム、キーボードを加えたバンドセットによるスペシャルライヴを展開。代表曲の一つ、「Birthday Sex」ではオーディエンスをステージに上げるなど、ファンサービスも完璧で、現在のUS最先端R&Bシンガーならではの素晴らしいショウによって、<HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017>は幕を下ろした。この波はさらにまた来年へと続いていくことだろう。
<HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017>


2017年11月11日(土) 新木場STUDIO COAST

出演アーティスト:

■ARTIST

JEREMIH / KID INK / YOUNG M.A / A$AP Twelvyy

AWICH / JP THE WAVY / kiLLa

■HOT 97 PERSONALITIES

EBRO / PETER ROSENBERG / LAURA STYLEZ

■HOT 97 DJS

DJ KAST ONE / DJ LEAD / DJ MAGIC / DJ JUANYTO

■SUPPORT DJS

ARUMATIKS

オフィシャルサイト:http://www.hot97summerjamtokyo.jp

主催/企画/制作:HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 実行委員会
■HOT 97 とは?

80年代後半にHIPHOP・R&B専門のFMラジオステーションとしてニューヨークで開局。90年代半ばにはニューヨークのトップ・ラジオ・ステーションとして絶大な人気を博し、その影響力は音楽だけでなく、ファッションやライフスタイルにまでおよび、ストリートのトレンドを作り出してきた。HOT 97で活躍するDJやパーソナリティは全米でもセレブリティとして認知され、その言動は常に注目を浴びている。

また、DJ LEADが日本人として初となる自身のレギュラー番組『INTERNATIONAL HOUR』をスタートさせ、現在4年目を迎えた。
■HOT 97 SUMMER JAM 過去の出演者

1993年にフェスがスタートして以来、ア・トライブ・コールド・クエスト、フュージーズ、アリーヤ、ジェイ・Z、ドクター・ドレー、エミネム、スヌープ・ドッグ、ディスティニーズ・チャイルド、アリシア・キーズ、カニエ・ウェスト、クリス・ブラウン、ニーヨ、リアーナ、ドレイク、プシャ・T、ケンドリック・ラマー、トレイ・ソングス、イギー・アゼリア等々、グラミー受賞アーティスト、USのトップ・アーティストが出演。過去には、マイケル・ジャクソンがステージにあがったことも話題になった。また、全米ブレイク前のアップ・カミング・アーティストをいち早くフィーチャーすることでも知られている。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着