石月努

石月努

石月 努、ニコ生史上初の24時間本人
出演特番に17万人超が来場!

石月努、完全復活!!! 7日から8日にかけて実施したニコ生史上初の24時間本人出演特番の総来場者数が17万5991人を記録した。
FANATIC◇CRISISのヴォーカストとして活動。昨年7月に、「ニコニコ生放送」を舞台に「7年ぶりの音楽活動再開」を宣言した石月努。その後彼は、シングル『I.S/銀ノ雨』、ミニ・アルバム『DROP』と立て続けにリリース。今年1月には、渋谷公会堂を舞台に復活ライブを行い、大勢のファンたちの前で「また音楽活動をやるからね」と宣言。活動の再開を通し、石月努との再会を待ちわびていたファンたちから沢山の声援を受けたのも、まだ記憶に新しいこと。4月には、C/Wツアーを実施。6月5日には1stアルバム『プテラノサウルス』をリリース。さらに秋には、全国ワンマン・ツアーも決定と、ますますその勢いを加速し続けている。

石月努の活動再開を告げる場が「ニコニコ生放送」という場だったように、彼自身は、数多くの人たちとリアルに交流を図れる、その環境をとても大切にしている。そんな石月努だからこそ、ファンたちとの関係をどっぷり深めようと、公式放送で6月7日(金)の22時より翌8日(土)の22時(正確には23時)までの丸々24時間ブッ続けで「ニコニコ生放送」を行った。それが、「石月努24時間ぶっ続け生放送 -つっくんのどこまでやるの!?-」 番組内では、24時間途切れることなく、いろんなコーナーを実施。フィナーレではアコースティックライブも披露した。つねに画面上には、番組を楽しんでいるファンたちの書き込みが流れ続けていたどころか、最初から最後まで、その書き込んだ流れは止まることがなかった。 事実、今回の総来場者数が17万5991人。総コメント数が11万9703件。「その日のニコ生を石月努が独占?!」と、ニコニコ動画内でも話題を集めていたくらい、ちょっとしたお祭り騒ぎになっていた。

石月努自身は、もちろん、リアルな環境を通してファンたちとの触れ合いも大切にしているが。リアルタイムで各地の人たちと繋がれる「ニコニコ生放送」を通したコミュニケーションも、とても大事にしている。夏から秋にかけても、音楽表現を通したいろんな活動が控えているだけに、ひょっとしたらまた「ニコニコ生放送」に石月努が姿を現す日が訪れるかも知れない。それがどういう形であれ、こうやってたくさんの人たちとリアルに繋がれることを彼自身は強く臨んでいるし。その手法として最適な場だと、今回の放送を通し、本人は強く実感しているようだ。翌日は、精神的にも肉体的にも限界値を越えていたらしいが。また、この場を通して盛大にお祭り騒ぎをしていただきたいものだ。

TEXT:長澤智典

石月努 1st LIVE TOUR 2013「プテラノ
サウルスがやって来る。ヤァ!ヤァ!ヤ
ァ!」

10月12日(土) 柏PALOOZA
10月14日(祝) Heaven's Rockさいたま新都心VJ-3
10月20日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
10月27日(日) 札幌cube garden
11月02日(土) 福岡DRUM Be-1
11月03日(日) 梅田CLUB QUATTRO
11月10日(日) 赤坂BLITZ

1stアルバム『プテラノサウルス』

発売中
【初回限定盤】URCL-1008/¥3,100(税込)
【オフィシャルサイト限定盤】 URCL-1009/¥3,500(税込)
※全国のCDショップ、オンラインストアにて発売。
※一般公募による作品をジャケットに使用したデジパック仕様!
<収録曲>
01.プテラノサウルス
02.I.S.
03.RUSTY EMOTION
04.Parade
05.ありがとう。
06.最後の恋
07.銀ノ雨。
08.Echo
09.SNIPER
10.向日葵
11.365の奇跡
12.ハレルヤ

新曲「Re:BIRTH」、7月に配信予定!

ニコニコ生放送内で制作された新曲「Re:BIRTH」が、dwangoで7月に配信予定!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着