ジョーイ・ジョーディソン

ジョーイ・ジョーディソン

SLIPKNOTのジョーイ・ジョーディソン
による新プロジェクトが始動

SLIPKNOTのドラマー、ジョーイ・ジョーディソンによる新プロジェクト、スカー・ザ・マーター(SCAR THE MARTYR)始動! デビューアルバムは今秋を予定しているとのこと。
アイオワが産んだ猟奇趣味的激烈音楽集団、スリップノットの中心人物の一人にして、ロックシーンに君臨する最高のドラマーでもあるジョーイ・ジョーディソン(Joey Jordison)。彼の地元でもあるアイオワ州デモインにあるSound Farm Studioにてレコーディングされた、スカー・ザ・マーターのデビューアルバム(タイトルは未定)
をプロデュースしたのは、フィア・ファクトリーやロブ・ゾンビ、マインドレス・セルフ・インダルジェンスなどを手掛けるライス・フルバー! このデビュー・アルバムは今秋に発売される予定とのことだ。

ジョーイ・ジョーディソンは、スリップノットにおいて単なるドラマーとしてだけではなく、主要なソングライターとしても活動している。スカー・ザ・マーターのデビュー作で、
彼はドラムはもちろんの事、全曲でベースを、そして2曲を除いた楽曲でリズム・ギターをプレイしている。ジョーイと、このプロジェクトのボーカルを務めるヘンリー・デレク(Henry Derek)の二人の共作という形で書き上げられた楽曲をバンドとして鳴らすため、キーボーディストとしてナイン・インチ・ネイルズのクリス・ヴレンナ(Chris Vrenna)が、ギタリストにはストラッピング・ヤング・ラッドのジェド・サイモン(Jed Simon)とダーケスト・アワーのクリス・ノリス(Kris Norris)が集結し、デビューアルバムを完成させたのだ。

スカー・ザ・マーターで、ジョーイは新たなる音楽的領域へと足を踏み入れ、ソングライターとして、そしてパフォーマーとしての彼の才能をより押し広げていくこととなる。ポスト・パンクからインダストリアル・サウンドといった様々な要素を組み合わせることで強烈でモダンな衝撃性を生み出す本作品。ヘヴィなギターとジョーイのあのトレードマークとも言うべき強靭なドラミング、そしてその音の合間を縫うように層を織りなしながら押し寄せてくるシンセサイザーによって産み出される、驚異的な音像を創り出している。

「このプロジェクトで、俺はより良い楽曲を書き上げる事に総ての努力を注いできた」とジョーイは言う。そして、「虚飾や見た目なんかを気にすることは一切なかったよ。一番最重要だったのは、ソリッドな最高の曲を書くことだった。皆がそれを耳にして、ずっと聴き続けてくれるような音楽…そう、何か世界に響き渡るような音楽を書いてきたんだ。もしそんな要素がなかったとしたら、結局何もないのと同じだからな」と語っている。

この新しいプロジェクト、言うまでももなく要チェックだ!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着