「Voice」 music video

「Voice」 music video

androp、リアルストーリーで綴られた
「Voice」MVを公開

andropが8月21日に発売するシングル「Voice」のMVをYouTube上で公開した。
今回監督を務めたのは、andropの他の作品で多数賞を獲得している川村真司と、気鋭の映像ディレクター・ショウダユキヒロ。撮影は彼らが初ワンマンライブを行った代官山UNITからスタート。文字通りファンの手で支えられ、バンドの音楽=メッセージが多くの人々に届けられ、最新のライブであるフェスのビッグステージにたどり着くというリアルストーリーが描いた内容になっている。

スタジオでは、オフィシャルサイトで募集した数百名のファンが撮影に参加し、CGは一切使用せず、全てファンの手の上でパフォーマンスが繰り広げられ、メンバーとともにひとつの映像を作り上げている。

また、フェスのステージでは、1チャンスのパフォーマンス撮影を敢行した。新曲初披露の場にも関わらず、冒頭から数千人のファン全員が拳を突き上げ、コーラスが響き渡る奇跡的シーンが実現。ファンとともに前進し、たどり着いた現実の壮大なストーリーがここにクライマックスを迎える。

現在「Voice」のスペシャルサイトでは、MVのメイキング映像を公開中。こちらもあわせてチェックしよう。

Dir. 川村真司 + ショウダユキヒロ コ
メント

世界中のどんなに違った人たちでも、音楽を通じて一つになれる。Voiceはそんな「鬨(とき)の声」をイメージしてつくられた楽曲。だからその音楽の世界を視覚化するにあたって、andropの音楽のもと、たくさんの人々が一つになって前へ進んでいくような、群衆のパワーを感じる映像をつくりたいと思いました。

そこで浮かんだのが、文字通りandropのメンバーをファンたちが支え、持ち上げ、共に歩んでいく様を映像にするというアイデアでした。andropが最初にワンマンライブを行った代官山UNITでの演奏から始まり、最新のライブであるMETROCK 2013のステージまでを、androp
の4人がファンに掲げられ運ばれていきます。それはファンの方々と、andropのこれまでの旅路をも表現しています。

このアイデアをただ映像体験だけで終わらせたくなかったので、今回実際のファンの方々から数百人のキャストを募集して撮影に参加していただきました。役者ではない、本当のファンの表情と熱気が画面から伝わってくる作品になったかと思います。ファンのみなさまがいたから
こそ、この映像をつくることができました。ありがとうございます!

「Voice」MV

シングル「Voice」

2013年8月21日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-30635/6/¥1,575 (税込)
【通常盤】(CD)
WPCL-11522/¥1,260(税込)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着