Most Lady Killerが1st Album JACKを
2月14日にリリース(CDシングル編)

4人組ロックバンドMost Lady Killerが2018年2月14日に初となるアルバムJACKをリリースするということでボーカルのU-toに話を聞いた。

今回のアルバムは2016年にシングルとしてリリースしたTarget M/With...、2017年にこちらもシングルとしてリリースしたNude Shine。
2017年に配信限定でリリースしているOne All、火華、Ai、Make、U。
そしてこのアルバムのために書き下ろされた新曲4曲を含む12曲ととても聴きごたえのある作品に仕上がっている。

今回は第1弾ということでCDリリースされている3曲について聞いていきたいと思う。

Target Mの独特な物語

まずTarget Mについて聞いていこうと思う。

この作品はBright Soundが設立されてはじめてCDリリースされた作品ということで注目された楽曲となった。
さっそくボーカルのU-toに話を聞いてきた。


-Target Mは音楽事務所Bright Soundが設立されてはじめてのCDリリースですよね?

U-to
そうですね。
事務所を設立してはじめてのCDリリースということもあったのですがMLKとしてもバンドになってからはじめてのCDでした。
以前CDリリースしたDistanceは僕のソロプロジェクトとしてのリリースでしたので。
個人的にもとても久しぶりのCDリリースだったと思います。

-Target MはMost Lady Killerらしさもあると思うのですが攻めのサウンドに聞こえました

U-to
新たな出発という意味でリリースをするならどんな楽曲がいいのか考えたときにひねるのではなくてMost Lady Killerらしい楽曲がいいのではないかと話し合いの中で決まりました。
ギターのSatoshiがMLKらしいエロックがいいのではということでTarget Mという歌詞を書きました。

-Target Mはどんな物語なのですか?

人間はSとMに分かれると思うのですがSとMは引き付けあってると思うんです。
SとS同士ではうまくいかない、MとM同士でもうまくいかない。
SがMをターゲットにしているという物語を書きたいと思いました。
そして先ほどでてきたMLKらしいエロックを加えることにしました。
楽器隊もメタルサウンドにシンセサイザーを加えてより攻撃的に仕上げています。
是非聴いてみてください。

With...は切ない失恋ポップス

-次は両A面としてTarget Mと共に収録されているWith...の話を聞かせてください

U-to
With...はTarget Mと違い女性目線の切ない失恋ソングにしました。
ギターのSatoshiから楽曲が上がってきたときにサビの歌詞がすぐに思い浮かんだんです。

-With...はかなり前から完成していてリリースまで約1年くらいかかったと聞きました

U-to
そうですね。
With...が完成したとき配信ではもったいないと思っていました。
個人的にもとても気に入った作品だったので何ヶ月かかってもCDにしようと決めていました。
結局1年くらいかかってしまいましたけどね。
でも配信ではなくCDでよかったと思っています。

-With...もMost Lady Killerらしい女性目線の楽曲だと思います

U-to
Target M/With...はMLKらしい、MLKのいいところを表現しようと思っていました。
その中でも1つ上のレベルの楽曲を作る。
そういう意味ではWith...はMLKらしい女性アーティスト切ないラブソングになったと思います。
女性のみなさんの共感も得ていると思います。

Nude Shineは夏を意識したポップスに

-では2017年にリリースしたNude Shineの話を聞かせてください
-Nude Shineはコラボ企画のAffectから誕生した楽曲ですよね

U-to
そうです。
Nude ShineはAffectという僕が影響を受けたアーティストとのコラボ企画としてスタートしました。
第1回目ということで前事務所の先輩とAffectしたのがこのNude Shineでした。

-Most Lady Killerとして季節物の楽曲は珍しいと思うのですが

U-to
その季節しか歌えない季節物は個人的にあまり作りたくなかったのですが冬に夏の曲歌ってもいいじゃんと少し開き直った感じになりましたね。
季語も入れて学生のときのグループ交際みたいなイメージで歌詞を書きました。

-なぜNude ShineをCDでリリースしたのですか?

U-to
本当は配信リリースをしようと作った時に考えていたんです。
しかし前事務所でこの楽曲があまり評判がよくなかったんです。
なのでリリースはせずにライブの楽曲として歌っていました。
でも応援してくれているみなさんからリリースしてほしい、音源がほしいという要望がとても多かったので2017年の夏にもっとこの楽曲に注目してほしいという意味でCDとしてリリースすることを決めました。

-先ほどライブ楽曲というお話しがありましたがNude Shineはサビで飛び跳ねる部分がありますね

U-to
Nude Shineの盛り上がるところはまさにそこですね。
今までのMLKはみんなで同じ盛り上がりをするということがなかったんです。
ライブでの盛り上がり方は個人個人違くていいと思っていたので。
でも同じ部分で盛り上がるのがこんなに楽しいのかと教えてくれた楽曲となりました。
そこからは飛び跳ねまくってますね(笑)
冬でもがんがん歌っていこうと思っているのでみんなでHappyHappyしていきましょう。

シングル3曲はまさにMost Lady Killer
を象徴する楽曲となっている

今回はCDシングルとなっている3曲について聞いてきた。


Target M、With...、Nude Shineは今までのMost Lady Killerの良さと更に上のレベルにいくために考え抜かれた作品だということがわかった。

Most Lady Killerの楽曲はどこか懐かしいメロに女性目線の歌詞、そこにハイトーンボイスのボーカル、それを支える楽器隊ととてもバランスのとれたバンドである。
また新しいことをしようという意思が見られるのも魅力の1つだろう。

2018年2月14日に1st Album JACKをリリースするがその前にこのシングル3曲を堪能していただきたい。

Bright Sound

音楽事務所Bright Sound。
Most Lady Killer、U-to、yuka、桜菜、Rain×Drop、叶が所属。
CDリリースや配信限定リリース、野外イベントなどに力を入れている。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着