Patawawa / Patagonia UKマットロッ
ク出身のNu Discoトリオが放つ、フレ
ンチ・ライクなディスコ・チューン

UKマットロック出身のSam Wilmot、Rory Lovatt、Beth Garrettの3人で構成されるNu DiscoトリオのPatawawa(パタワワ)が、1月26日に5曲入りの1st EP『Bedroom』を仏レーベル〈 Splinter(http://www.splinter.fr/) 〉からリリースする。そのリリースに先駆けて、ファンキーでグルーヴ感溢れるディスコ・チューン「Patagonia」が公開された。

本楽曲は、華美なストリングスに艶やかなギター・リフが印象的な、どこかフレンチ・ディスコともリンクするようなナンバーとなっている。歪んだシンセのフレーズや、サビでのソウルフルな女性ボーカルも非常に心地よく鳴り響く。
【リリース情報】

Patawawa 『Bedroom』

Release Date:2018.01.26 (Fri.)
Label:Splendid
Tracklist:
1. Patagonia
2. Song for Sam
3. Lonely
4. Humpback
5. What You Want

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着