Most Lady Killerが1st Album JACKを
2月14日にリリース(新曲編)

4人組ロックバンドMost Lady Killerが2018年2月14日に初となるアルバムJACKをリリースしたのを記念してボーカルのU-toに話を聞いた。

第3弾の今回はアルバムJACKに収録されている新曲について聞いていきたいと思う。

このアルバムで収録されている新曲はライブでも披露されたことのあるHauntedや表題曲にもなっているJACKを含め4曲。
またMKLの色々な顔が見れそうである。

前回、前々回に引き続き制作の裏側も含めて聞いていきたいと思う。

※第1弾はCDリリースされている3曲、第2弾は配信リリース楽曲5曲について聞いているのでこちらも合わせて読んでいだたきたい。

怪しさ漂う悲劇のヒロインHaunted

今回は収録順に話を聞いていこうと思う。


-Hauntedはライブでも披露したことある楽曲だと思うのですがなぜこの楽曲をトップに持ってきたのですか

U-to
そうですね。
まずイメージとして最初は激しいロックサウンドよりもスロースタートがいいと思っていました。
聴いてる人が徐々にテンションをあげていけるというか。
そういう意味でピアノからスタートするHauntedは僕の理想通りでした。
本当は候補としてもう1曲新曲を用意していたのですがHauntedを採用という形になりました。
もう1曲はいつか披露できたらいいかなと。

-Hauntedの歌詞はどんなイメージで書かれたのですか

U-to
自分ってこんなに可哀想な人なの、もっと構ってって感じがテーマです。
歌詞にも出てくるのですが悲劇のヒロインを表現したかったんです。
ただその人って自分を見てほしいだけなんじゃないかなって。
そういう感情ってだれでもあると思います。
それを女性目線で表現しました。

スリリングな2ndストーリーEscape2

-Escape2はEscapeのセカンドストーリーなんですよね

U-to
そうですね。
これは完全に僕の実体験でおもしろおかしく表現をしたら意外とハマってしまって。
セカンドストーリーを書いてほしいという依頼が多かったんです。
ただシングルとしてのリリースではパンチが効きすぎているので今回のアルバムに収録することになりました。

-Escapeでは過激な表現が多かったように思えるのですが

U-to
「朝起きたらはさみが額にあった」とか「プレゼントしたネックレスを目の前で引きちぎられた」とかですかね(笑)
これももちろん実体験ですよ。
このときはそのスリリングな体験が新鮮で斬新でした。
今までこんな人いなかったので。
Escapeは僕のブログにも歌詞を載せてあると思うので見てほしいです。

-Escape2も過激な内容なんですか

U-to
Escape2も過激です(笑)
実体験を忠実に再現できたと思います。
猟奇的な彼女という映画があるんですけど主役の女子はこのイメージに強いですね。
実体験は驚かれますね。

-Escape2は最後どうなるのですか

U-to
それは目で歌詞を見て、耳で歌声を聴いてほしいですね。
さすがEscape2だと思ってもらえるんじゃないかと思います。

ここからはじまるJACK

-JACKは表題曲ですね

U-to
そうですね。
まずアルバムをリリースするにあたって表題曲をどうするかをとても考えました。
表題曲っていうならアルバムの代表曲となるわけですから。
どんな歌詞でどんな楽曲でを考えたときにやっぱり自分は人を応援したいと思いました。
それと同時に自分たちもここから進んでいくんだぞと意思表示をしたかったんです。

-出だしの「普通がわからなくて人の真似した」が個人的に印象的でしたがどんな思いで書かれたのですか

U-to
僕にとって普通というのが正直わかりませんでした。
みんなと同じだからそれが普通なのか。
個性ってなんなんだろう。
他と違うことをしたらそれはおかしい人なのか。
それをこの歌詞に込めましたね。

-それはU-toさん自身も普通ではないと言われるのですか

U-to
僕自身というよりもみんなが言うあの人は普通じゃないという発言には違和感がありましたね。
個性があるほうが素敵じゃないですか。

-だからBright Soundには個性があるアーティストが多いのですね

U-to
そうですね。
自分らしさや理想をもっと追求してほしいと思っています。
それを伸ばすのは僕の仕事です。
Bright Soundのアーティストだけではなく応援してくれているみなさんも周りになんて言われても突き進んでほしいですね。

人を信じることができない闇の女Queen
~Black~

-最後はQueen~Black~です

U-to
この曲は闇の女王をイメージして書きました。
人を信じることの難しさ、自分という殻を破ることの大切さを伝えようと思いました。

-確かに人を信じるというのは難しいです

U-to
そうですね。
でもこの主人公は人のことを信用したいけど信用の仕方がわからないんです。
今まで心を許せる人に出会っていないのですから。
でも前を向きたい、外に出たいといった感情がずっとあったんです。
闇の女が光に向かって進む感情の変化に注目してほしいですね。
実はかなり前向きな曲なんですよ。

-歌詞も素晴らしいですが楽曲もノリがよくていいですよね

U-to
ありがとうございます(笑)
個人的に好きなのは「ドンナメデミテル」の1文字1文字切る部分ですね。
全員が合わさっている感じが歌っていてなんとも言えない感覚です。
これはみんなで「おいおい」しながら盛り上がれたらうれしいですね。

メッセージ性が強く思いの詰まった新曲
4曲

今まで新曲や配信限定楽曲を取材してきたが新曲はまた新たなU-to、新たなMLKを見ることができた。

なによりも話を聞いているとわかるのが楽曲に込めた思いの強さ。
夢を諦めずに進んでほしいという応援や自分の殻を破り人を信じてほしいといった内容が綴られている。

Most Lady Killerはただ音楽を届けているわけではない。
自分を見つめあい音楽で人になにが伝えられるのかを常に考えているのだろうと思う。

2018年2月14日に1st Album JACKをリリースしたこのMost Lady Killerを是非覚えておいてほしい。

Bright Sound

音楽事務所Bright Sound。
Most Lady Killer、U-to、yuka、桜菜、Rain×Drop、叶が所属。
CDリリースや配信限定リリース、野外イベントなどに力を入れている。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着