James Blake / If The Car Beside Y
ou Moves Ahead 最新曲「If The Car
Beside You Moves Ahead」がリリー
ス! 2018年の幕開けを告げる珠玉の
内容

精力的に活動を続けるJames Blake。昨年末にはDon McLeanの「 Vincent(https://youtu.be/MR-STh8jECU) 」をカバーし、今年の初めにはJay RockやKendrick Lamarらと共に「 King’s Dead(https://youtu.be/3Po4tZ_kfcU) 」を発表した。

そんな彼がついに、2016年にリリースされたフル・アルバム『The Colour in Anything』以来のオリジナル楽曲を投下してきた。不安とチルが混ざり合った、何とも不思議な心地になるトラックである。新曲の名前は「If The Car Beside You Moves Ahead」。
既にネット上では歓喜の声が渦巻いている。前作『The Colour in Anything』の流れを引き継ぎつつ、圧倒的に新しい。巨匠Rick RubinやBon Iverとの共同作業、そしてBeyonceやJay-Zとの共演から得たエッセンスを、素直に楽曲へ落とし込んでいる。さらには、シーンの最先端を行くR&Bとソウルの造詣の深さを聴かせるだけでなく、James Blakeが2010年にリリースした『 CMYK(https://youtu.be/D2kr9udP6Zo) 』に回帰している印象も受ける。言うならば、これまでの集大成。

しかし、それでも彼の眼差しは未来を向く。昨今のポップ・ミュージック・シーンにおいて、「新しさ」はどこに宿るのだろう? 2017年は、ボーカルを細かくカットアップする方法論がメインストリームとアンダーグラウンドを問わずトレンドであったが、彼はかかんにもそこへさらに切り込んでいるように思う。刻むだけでは飽き足らず、歌声のピッチも変え、まるで遊びながら新境地を開拓しているようである。

ダブ・ステップの神童としてデビューした彼は、10年近くキャリアを積んだ今も新鮮さとクリエイティビティを失っていない。早くも2018年を決定づけるトラックが生まれた予感。

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着