L→R Hiromu(Ba&Cho)、Misaki(Vo&Gu)、Chikai(Gu&Cho)

L→R Hiromu(Ba&Cho)、Misaki(Vo&Gu)、Chikai(Gu&Cho)

【SpecialThanks インタビュー】
広くて、大きな愛を歌うのが私らしい

ミニアルバム『HEART LIGHT』は、初期作に通じる衝動漲るロック作に仕上がった。それと同時に“太陽”“宇宙”“大地”という言葉を散りばめ、聴く者を大きな光で包むスケール感のある曲調となった。今作の変化についてMisaki(Vo&Gu)とChikai(Gu&Cho)のふたりに直撃!

今作は前作とは対極の作風ですね。即効性のあるキャッチーさが増して、全体的にシンプルになったなと。

Misaki
正解です(笑)。前作はいろいろ考えたけど、今回は何も考えずにやりたくて。1stミニアルバム『SEVEN COLORS』(2008年発表)の頃の気持ちには戻れないけど、SpecialThanksにしかできないロックな作品にしたくて。

ええ、『SEVEN COLORS』収録の「I don't know」「Mr.DONUT」に通じる雰囲気が戻ってきたなと。

Chikai
同じフレーズをループする曲も多いですからね。

なぜ最初の頃の気持ちに戻ろうと?

Misaki
衝動で作りたくて。今までの積み重ねがあるし、その上で昔の気持ちで作ったらどうなるのかなと。
Chikai
リード曲「SUNNY CLUB」の最初のカッティングもみーちゃん(Misakiの愛称)が持って来て、まず彼女の意志を優先しようと。前作はいい意味でみんなでぶつかり合う感じだったけど、今回は彼女が作る音楽に身を任せてみました。

「SUNNY CLUB」のカッティングも新しいし、まさかのMisakiちゃんのラップ風なアプローチにも驚きました。

Misaki
これ、ラップ風でしたか?(笑) 日本語になったから、そう感じるんだと思います。

この曲は初期作に通じる明るさが出てますよね。

Misaki
そうかもしれないですね。BPMも最初から決めてて、自然に体がノレる感じにしたかったんですよ。

Chikaiさんのギターも前作はHR/HM色が強く出てましたけど、今作は控えめになってますね。

Chikai
やっぱり出てましたか?(笑) 今回は良い意味でメタル感を抑えました。なるべく曲に寄り添って、歌と被らないようなフレーズを考えたんです。
Misaki
みんなの気持ちが同じほうに向いてたよね。

では、Misakiちゃんの中にあったアルバム像とは?

Misaki
私だから歌えるものをテーマにしました。バンド名もそうだけど、愛、感謝、ハッピーな感じとか。基本、落ち着いた場所が好きだし、私も普段の自分とロックする自分でバランスを取ってるんです。ライヴハウスというのも日常に刺激が欲しくて、楽しくなるために行く場所だと思うから。そこでSpecialThanksの曲を歌うことで、光になってくれたらいいなって。広くて、大きな愛を歌うのが私らしいのかなと。

確かに今作はスケールの大きな歌が多いですもんね。

Misaki
広い視野を持つと、悩みとかちっぽけに見えるって言うじゃないですか。エネルギーが高まってる時に曲を作るんですけど、人間だから落ちる時もあるし、私がこういう曲を聴きたいんですよね。これだけエネルギーの高い自分がいたんだから、また上がれるよって。自分も救われるし、みんなもそういう曲として常に側に置いてくれたらいいな。生かされることを感じると、温かい気持ちになるし、そしたらキラキラしてくるから。今を生きよう!って気持ちになれますからね。曲作りしてる時も、ここは水が流れている感じだからってイメージを伝えて。
Chikai
そうなんですよ。水を流して!って(笑)。
Misaki
コップの水があふれてくる感じだよって。

「Water」のことですね。

Misaki
はい。最初は日記みたいな歌詞だったけど…みんな行き着くのはそういうところだと思います。

えっ?(笑)

Misaki
日記みたいな歌詞から始まって、前作はライヴに来てくれるみんなに向けたけど、今回は地球規模というか、宇宙まで行っちゃいました(笑)。

“太陽”“水”“大地”とか人間に必要不可欠なワードを歌詞に散りばめてますよね。「Water」もすごくやさしい曲で、歌声もヒーリング系アーティストみたいだなと。

Misaki
ひとりでアコースティックライヴをやるようになって、歌への意識が変わりましたね。そこでやってる人たちの歌を聴くと、すごく繊細だし、刺激を受けたから。それをバンドにも活かせたらもっと良くなるじゃん!って。自分で言うのもあれだけど、私は素敵な声だなと思ってて(笑)。

まったく異論はないです!

Misaki
はははは。アコースティックライヴの経験が自然と出てるのかな。
Chikai
「ハートライト」のレコーディングでは、みーちゃん泣きましたからね。
Misaki
心が震えてきちゃって。ギターソロで“あぁ〜、ダメだ。めっちゃいい!”って。“この曲、心が洗われるわ〜”って。特にこの曲は日本中に広めたいですね。

今作の柱になる素晴らしい曲ですよ。《心の中にあるのは大きな太陽》というフレーズは特に印象に残りました。

Misaki
最初にその言葉が出てきて、そこから作品を作り始めたんです。他の人を見て輝いているなって思うけど、それは自分の中にあるものなんですよね。みんな同じように輝けるし、この言葉を歌った時に温かい気持ちになれたから。自分が心の中に太陽を持ったり、みんなも持ってくれたら、世界中が幸せになれるんじゃないかと思って。

あと、「Simple Space」の《始まりはSimple Space》という歌詞も気になったんですが、これにはどんな気持ちを込めて?

Misaki
今はいろんなことが複雑になってるけど、きっと始まりはシンプルだったと思うんですよね。“今連絡したら迷惑かな?”とかって、相手が決めることだから分からないじゃないですか。宇宙もシンプルだろうし、赤ちゃんだってシンプルだと思うんです。その頃の気持ちに戻ろうよって(笑)。心をシンプルにすれば、自分の心にも耳を澄ましやすいし、心のままに生きたほうが輝けるんじゃないかなって。

取材:荒金良介

ミニアルバム『HEART LIGHT』2018年2月21日発売 KOGA RECORDS
    • KOGA-208
    • ¥1,500(税抜)

『SpecialThanks "HEART LIGHT" Release Tour』

3/04(日) 愛知・名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
3/17(土) 香川・高松市街周辺 ※『SANUKI ROCK COLOSSEUM』
3/18(日) 熊本・熊本市街周辺 ※『HAPPY JACK 2018』
4/29(日) 長野・上田Radius
5/13(日) 埼玉・秩父 ladder ladder
5/26(土) 大阪・pangea
6/24(日) 福岡・Queblick
7/21(土) 東京・新代田FEVER
※対バンなどの詳細は後日発表

SpecialThanks プロフィール

スペシャルサンクス:ガールズヴォーカルメロディックパンク&ギターロックバンド。絶対的な歌唱力と表現力の高さ、聴く人全てを釘付けにするMisakiの才能あふれる歌、そしてルックスも兼ね備えたピュアな魅力を軸に、メロディックパンクから王道ポップロックまで日々を進化を追求する本格的バンドサウンドは日本において唯一無二の存在。2019年7月にサポートメンバーのToshiki(Gu&Cho)、KOUSUKE(Ba&Cho)、YOSHIDA(Dr&Cho)が正式加入することが発表された。SpecialThanks オフィシャルHP

L→R Hiromu(Ba&Cho)、Misaki(Vo&Gu)、Chikai(Gu&Cho)
ミニアルバム『HEART LIGHT』

「SUNNY CLUB」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着