『nbsa+×÷』でトリを飾った犬式

『nbsa+×÷』でトリを飾った犬式

本気の音愛者3,000人で作り上げた伝
説の一夜『nbsa+×÷』レポート!

2004年にSHIGE(cro-magnon)、三宅洋平(犬式)が発起人となり、アーティスト発信のイベントとしてスタートした『nbsa+×÷』。これまで渋谷O-EASTで3度開催された『nbsa+×÷』だが、2008年はスタジオコースト/ageHaへ移動、大舞台で幕が開くこととなった。

『nbsa+×÷』のライヴの醍醐味は、なんといっても全出演者が転換なし・数珠つなぎでジャムりながらノンストップで演奏し続けること。この日もトップバッターcopa salvoが太鼓セッションでJUNGLE RHYTHM SECTIONにつなぎ、そこにGOMAが加わり、続いてGOMAはらぞくとのセッションへ突入…といった具合に、スペシャルな共演が常に行われていて目を離す隙がない。鎮座DOPENESSと桜井響のフリースタイルからGAGLE、椎名純平、Spinna B-ILL、Q-ILL、FUNKY MIC、SUN PAULO、鼓響、Keyco。皆が前出演者のアツい音魂を大事に拾い上げ、交わり、つないでいく。中盤では感涙のLOOP JUNKTION再結成ライヴ(!)からcro-magnonになだれ込み、有坂美香もジョイン。漢、太華、BAKUのトリオ・セッション、SOIL&“PIMP”SESSIONS、DACHAMBOと続き、最高潮のままトリの犬式、全出演者によるフリーセッションへ。メインフロアArenaではなんと10時間ぶっ通しライヴが展開されたのである。
conomark、ALTZ、光などがトランシーな世界へと導き、踊りに踊らせてくれたTENT、MITSU THE BEATS、hifana@home たちのファットなビートに腰を揺らしまくったWATER BAR&POOL、そしてAO INOUE、KENGO MACHINE feat.Toshizoなど緩急絶妙なバランスでドラマティックな空間を創造してくれたISLAND BAR&LOUNGE。

どのフロアも一夜では味わい尽くせないほど贅沢きわまりない最高の内容だった。野暮なジャンルの壁も世代の枠も取り払い、ただただ自分たちの信じる音があれば1つになれる。アーティスト、オーディエンス、この日この場にいた3000人がその喜びを確証したことだろう。『nbsa+×÷』は、後に必ずや伝説の一夜として語り継がれるはずだ。(text by 岡部徳枝)


■Party Information
▽nbsa+×÷2008
2008/09/14(Sun) @ ageHa(新木場)
 Open / Start 19:00
 Door:6,000 / Adv:5,000
<ARENA>
Live:copa salvo, GOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION, THE SUN PAULO, GAGLE, Spinna B-ILL, らぞく, Keyco with 鼓響, cro-magnon, SOIL&“PIMP”SESSIONS, DACHAMBO, 犬式 a.k.a.Dogggystyle, 山仁, 椎名純平, Q-ILL, 有坂美香, 太華, 桜井響, Latyr Sy, 漢 aka GAMI, 鎮座DOPENESS, FUNKY MIC
VJs:JEWEL BEETLE, Big!
Light Show:OVER HEADS, BAGS GROOVE
Sound:LSD-E
Flower Deco:ユメハナ
Live Paint:DRAGON76, GRAVITY FREE

<WATER BAR>
Live:hifana@home
DJs:jazzy sport crew, DJ MITSU THE BEATS, DJ KENSEI, DJ SAGARAXXX, DAISUKE KURODA

<ISLAND BAR/LOUNGE>
Live:KENGO MACHINE feat Toshizo, tickles
DJs:INSIDEMAN a.k.a. Q, AO INOUE, SUPERNOVA, TSUYOSHI SATO, SAMATA
VJs:迫田悠, JEWELBEETLE

<TENT>
DJs:HIKARU, ALTZ, DJ NOBU, conomark, akiyama taro, SHIGA, DJ BAKU
VJ:BETALAND
Laser:YAMA-CHANG
Deco:OLEO
[ALL MIX]

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着