2018年3月23日 at 渋谷WWW

2018年3月23日 at 渋谷WWW

【The Floor ライヴレポート】
『The Floor Presents
「In Train Tour」東京編』
2018年3月23日 at 渋谷WWW

2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
2018年3月23日 at 渋谷WWW
 北海道札幌在住の4人組、The Floorのメジャー1stアルバム『ターミナル』は素晴しい出来映えだった。海外のエレポップ系バンドに強い影響を受けながらも胸にキュンとくるメロディーを散りばめ、外に開かれた明快なサウンドは1度聴けば病み付きになること必至! 今回はワンマンツアー『The Floor Presents「In Train Tour」東京編』ファイナル公演にて、集まった観客を至福の笑顔に導いたショーの模様をレポートしたい。

 札幌発のThe Floorのメジャー1stアルバム『ターミナル』に伴うレコ発ファイナルには、大勢の人たちが詰めかけていた。ベートーベンの「交響曲第9番」をSEにササキハヤト(Vo&Gu)、永田涼司(Gu)、ミヤシタヨウジ(Ba)、コウタロウ(Dr)のメンバー4人が登場。「Cheers with you」で勢い良く始まるや否や、最初は様子見だった観客も巻き込み、キラキラした笑顔をあちこちに咲かせる演奏ぶり。「Wake Up!!」でコウタロウはエレドラムを、さらに永田は鍵盤をプレイしたりと楽曲を最高のかたちで届けるために手段を選ばない貪欲な姿勢もアピール。中盤に入ると「パノラマ」「SING!!」「ハイ&ロー」と力強くもリズミックなテンポ感でフィジカルに訴える熱い高揚感を作り出し、それに続けとばかりに「イージーエンターテイメント」は音源以上の輝きを遺憾なく発揮。海外のエレポップを消化した抜けの良い音色に“ウォーウォー”の合唱フレーズも映え、場内は完全にダンスホールと化していた。

 そして、ここで最新作のリード曲「18」へ。演奏する前にササキが“高3の時にバンドのライヴを観てカッコ良いと思った!”と語り、胸をすく清々しい歌声で観客を魅了。本編ラストの「ファンファーレ」においては、まるで世界中の光を集めたような煌めき感を放出し、大団円を迎えた。アンコール2曲を含めて1時間45分に渡る今回のショー。ササキの清冽な歌声はもちろん、鮮やかに宙を舞う永田のカラフルなギターは強力な武器だなと感じた。今後に期待せずにはいられない要注目バンドだ。

撮影: MASANORI FUJIKAWA/取材:荒金良介


セットリスト

  1. 1.Cheers With You
  2. 2.ドラマ
  3. 3.はたらく兵隊さん
  4. 4.POOL
  5. 5.Toward Word World
  6. 6.リップサービス
  7. 7.煙
  8. 8.灯台
  9. 9.ノンフィクション
  10. 10.Wake Up!
  11. 11.Flower
  12. 12.パノラマ
  13. 13.SING!!
  14. 14.ハイ&ロー
  15. 15.イージーエンターテイメント
  16. 16.寄り道
  17. 17.18
  18. 18.ファンファーレ
  19. <ENCORE>
  20. 1.夢がさめたら
  21. 2.Wannabe
The Floor プロフィール

ザ・フロア:2012年10月に結成された北海道札幌市在住 4人組ロックバンド。海外インディーロックの系譜を持った世界水準のサウンドと抒情的かつ温かな歌声が絶妙なバランスで共存し、無邪気に“音”と遊ぶバランス感覚はフェスシーンからJ-POPシーンまでを横断する。18年2月にアルバム『ターミナル』でメジャーデビューを果たした。The Floor オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着