「臼井孝のヒット曲探検隊
~アーティスト別 ベストヒット」
マルチに活躍する
福山雅治のヒットを探る

総合4位は
ドラマ『WATER BOYS』の主題歌「虹」

総合4位は、2003年のシングル「虹」。男子のシンクロナイズドスイミングを題材としたドラマ『WATER BOYS』の主題歌として、ドラマの話題性や夢を追い続けるというドラマとリンクした内容で、CDはミリオン近い約96万枚のセールス、年間ランキングも2位となった。ちなみに、翌年にドラマ『WATER BOYS 2』が放送され、こちらにはこのリミックス版「虹~もうひとつの夏~」が主題歌に起用されており、これを足すと約107万枚のセールスで、実は「IT’S ONLY LOVE」「HELLO」「桜坂」に次ぎ、自身4作目のミリオンセラーとなっている。

彼の代表曲はCDまたは配信が強いのと同時に、カラオケが人気の楽曲も集中しており、まさに聴いて良し、歌って良しという楽曲の特性を端的に表している気がする。

低音ボイスでの歌唱×女性言葉という
「Squall」も「最愛」が上位ランクイン

そして、総合5位には1999年の松本英子への提供作のセルフカバー「Squall」(同年末のシングル「HEAVEN」のカップリングに収録)と、総合7位に2008年に柴咲コウとのコラボレーション・ユニット(柴咲がボーカル、福山が演奏・プロデュース)のKOH+名義で発表した「最愛」のセルフカバーがランクイン(こちらは2009年のアルバム『残響』に収録され、本作も東芝「REGZA」のCM曲となった)。この2曲が上位にあることは、福山雅治がソングライターとしても人気だという確かな証拠でもあろう。

また、「Squall」も「最愛」も共に女性言葉でのラブ・バラードで、これらが彼の低音ボイスでの歌唱×女性言葉という、いつもの彼とは異なった魅力を持つものとして浸透したことが、2011年の「家族になろうよ」の大ヒットを増幅したのではないだろうか。

このように3部門総合で見ると、CDシングルが市場全体でも圧倒的に売れていた90年代の楽曲だけではなく、それ以降の「虹」や「最愛」、「家族になろうよ」といったヒット曲も目立ってくる。これも彼がトレンディードラマの俳優に終始せず、たゆまず音楽的に開拓してきた証とも言えそうだ。筆者自身は、2000年代から彼の大半の楽曲のアレンジを手掛けている井上鑑の繊細さも多分に影響していると考えている。

カバー曲やカップリング曲など
シングル表題曲だけでは語れない部分も

さらに、TOP10圏外を見ると、16位に中島みゆきのカバー「糸」や、18位のシングルのカップリング曲「道標」など、これまたシングルの表題曲だけでは語れないヒット曲も見られる。

16位の「糸」の方は、福山のカラオケランキングでも6位というかなりの人気だ。本作は2015年のカバー・アルバム『魂リク』に収録されており、もはや“カバー・アルバムを聴けば、「糸」に当たる”と思えるほどだが(笑)、福山のオリジナルにも劣らぬカラオケ人気となっているのは、ギター弾き語りで一貫したアルバムゆえ、そのシンプルなアレンジや楽曲のメッセージがより人々の共感を得たのではないだろうか。あるいは、高音域が際立つクリス・ハート版やEXILE ATSUSHI版よりも、酒でも飲みながらリラックスして歌えるのも人気の理由かもしれない。

そして、18位の「道標」は2009年のシングル「化身」のカップリング曲で、報道番組『NEWS ZERO』のエンディングテーマに起用されており、献身的に生きた祖母に想いを馳せたバラード。このあたりから故郷や祖先への敬意を示した楽曲が多くなっている。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着