東京タワー<CLUB333>にてレコ発ライヴを行った藤澤ノリマサ

東京タワー<CLUB333>にてレコ発ライヴを行った藤澤ノリマサ

ポップ×オペラ=期待の新星・藤澤ノ
リマサが東京タワーでライヴ

ポップスとオペラの歌唱を一曲の中に織り交ぜるという、新ジャンル“ポップオペラ”を世に広めるべく今年の4月に「ダッタン人の踊り」でデビューを果した藤澤ノリマサが10月22日(水)リリースした3rdシングル「Cross Heart」を記念して同日、東京タワーの<CLUB333>にてライヴを行った。
約8ヶ月ぶりとなる<東京タワーCLUB333>でのライヴは藤澤ノリマサの登場と共に会場には盛大な拍手が沸き起こり始まりから大きな盛り上がりをみせた。今回の演奏は19時と20時15分の2回に分けて行われ、1回の公演に300人以上、2公演合わせて延べ600人以上の動員を記録。デビューシングル「ダッタン人の踊り」「VINCERO−ビンチェロ−」をはじめ、ピアノの弾き語り等も含め1ステージ7曲を披露。ラストには新曲「Croos Heart」を歌い、観客を沸かせた。
「Croos Heart」は、トンマーゾ・ジョルダーにが作ったイタリア古典歌曲「カロ・ミオ・ベン〜いとしい女よ〜」をモチーフにして書いたクラッシクとポップスの融合曲。音楽大学の入学試験で歌った曲で、彼にとって大変思い出深い一曲だという。

11月26日(水)には、いよいよ1stアルバム『VOICE OF LOVE〜愛の力〜』をリリースすることが決定。ポップスにオペラ、クラシックを融合させたダンサブルなナンバーからバラードまで全13曲を収録した本作、CD+DVD盤仕様には、シングル3曲のビデオ・クリップ、レコーディングやジャケット撮影などの制作風景、現場のメイキング映像、ライヴ映像、インタビュー映像など豪華映像を収録している。藤澤ノリマサワールド満載、待望の1stアルバム、仕上がりが楽しみである。

アーティスト

タグ

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    新着