Phum ViphuritがAWAでプレイリスト&
インタビューを公開 「全然、ヤング
スターじゃない(笑)」

タイ生まれニュージーランド育ち、現在はバンコクを拠点に活動する22歳のSSW、Phum Viphurit(プム・ヴィプリット)が音楽ストリーミング・サービス、AWAでプレイリスト『BYE BYE ANXIETY』を公開した。

Phumは2017年にクラウドファウンディングで制作したアルバム『Manchild』に収録された「Long Gone」のMVが公開から半年で200万再生を超え、今年3月に公開された「Lover Boy」のMVはすでに500万再生を超えるなど、バイラルヒットを記録。天性の歌声とフォーク、インディ・ロック、ソウルなどあらゆる音楽のエッセンスを取り込んだハイブリッドな音楽性が注目を集めている。

また、Phumは、日本で「タイのヤングスター」と呼ばれている。そのことを話したら、彼は驚いたようにこう話す。

「そんな呼ばれ方されてるんだ。全然、ヤングスターじゃないのに(笑)」

今回、渋谷WWW Xでの初来日公演のタイミングで話を聞いた。そもそも音楽に興味を持つキッカケはなんだったのだろうか。

Phum Viphurit

幼少の時から、お母さんが聴いていた音楽で育ったんだ。Michael jacksonやWhitney Houston、George Bensonとか。そういう曲を使って、お母さんの前でDJみたいなことをしてたよ。少し大きくなってからは、MTVを観始めて、たくさんのMVで色々な音楽を知って。16歳か17歳の時に楽器をやり始めたんだ。最初はドラムで、次にギター、そのあとDaughterやYoung The Giantのカバーをやったりもしたよ。そういう経験をしていって、自分ひとりでできなかった曲作りが、今では作詞作曲までひとりでできるようになったんだ。

母親の影響で80年代の音楽を聴いていたのが、今のPhumの音楽に取り込まれているのか。そして、Phumは音楽以外にもその影響があるように伺える。今日着てる服も古着のナイロン・ジャケットに、リーボックのヴィンテージTシャツ。話題となった「Long Gone」のMVには、CASIOのカセット・プレイヤー、G-SHOCKの腕時計、古着のオーバーオール、CONVERSEのスニーカーなどが登場している。

Phum Viphurit

気づいてくれて嬉しいよ。『Long Gone』のMVに出てるカセットプレイヤーはお母さんのもので、それ以外はすべて私物なんだ。あのMVは90年代からゼロ年代初期の雰囲気を出したかった。高校のときから、レトロなものには興味があってさ。服も古着屋やリサイクルショップで、いつも買ってるよ。これはもう世界にひとつしかないって気持ちになって、すごいハッピーになるんだ。今日着てる服も古着屋で買ったよ。お母さんが聴いていた音楽で育ってるのが影響してるのかもしれないけど、オールドなものが好きなんだ。そういう要素を自分の音楽に取り込んでるよ。

Phumにとっての印象に残っている楽曲は「Long Gone」なのか。

Phum Viphurit

印象的な曲で言ったら、やっぱり「Long Gone」かな。アルバム『manchild』を9曲くらい作り終えたあと、大体の曲がフォーキーな感じだったんだけど、ちょっと違うことをしたいなって。それで、ルーパー・エフェクターを使って曲を作ってみたんだ。MVも作って、SNSで紹介したら広がっていったっていう経緯があったから、1番印象に残ってるよ。

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着