L→R 酒井亮輔(Ba&Vo)、真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(Gu&Vo)

L→R 酒井亮輔(Ba&Vo)、真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(Gu&Vo)

【BRADIO インタビュー】
作品でもライヴでも
油絵のような“YES”を!

自分からグルーブを作り出そう
っていう動きが多かった

新作『YES』の中身についても聞かせてください。前回のフルアルバム『FREEDOM』以上にもっと自由になったと思うし、そうならずにはいられないようなムードもすごく感じました。

真行寺
土台が変わったのもあって、現場でのニュアンスが良い雰囲気で反映されて、セッション感がジワっと出たのかなと思います。今回、ジャケットは油絵みたいにしてまして。油絵って独特の混ざり具合というか、描く時に出た発想が落とし込まれるじゃないですか。レコーディングでも歌入れの時にプリプロではなかったノリになってることが多くて、すごくわくわくしたし。作品として“YES!”って言えるアルバムができたから、さらにライヴでまた油絵のような“YES!”、その場ならではのグルーブを鳴らしたいんですよね。

『YES』は匂い立つようなグルーブが全編にありますね。

真行寺
保守的にならなくなったというか、きれいにやらなくなったというか。自分からグルーブを作り出そうっていう動きが多かったです。クリックはあるけど、そこにまとまっていくんじゃなくて遊ぶ。これぞファンクなのかなって。
酒井
作ってて手応えはバシバシと感じてましたね。それこそ“YES!”って思えるポイントを探すのが楽しくて。ヤスと刺激し合うような意志のあるグルーブがまず「スキャット・ビート」で出せて、遊ぶモードに入っていけた気がします。中でも「Sexy Lover」が出来上がった時の“YES!”はすごかったです! 紆余曲折あっていい曲が完成したので。
大山
言い方が正しいか分かんないけど、各プレーヤーが挑発し合えた気がする。ガイドラインに対して安定させることをゴールとしないで、“どこに行こうか?”みたいな作業がどの曲でもできたもんね。ドラムとベースの仕掛けにギターが応戦したり、逆に面白くなるのを狙って無視してみたり、グルーブ研究会っぽくて刺激的でした(笑)。

「スキャット・ビート」の最後も遊び心を感じました。まさにスキャット終わりで。

真行寺
僕の中で決めてることのひとつに“メンバーを驚かせたい”ってのがあるんですよ。あれはみんなを驚かせたくて出したアイデアなんだけど、もともとまったく別の曲として思い付いたメロディーで。とりあえずメモ的に録っといたのをくっ付けてみたら、なんかいい感じだなぁと(笑)。

やっぱり自由で、保守的じゃないですよね。「LA PA PARADISE」でも《繰り返しの毎日って もう散々でうんざりさ》と歌ってますし、「Funky Kitchen」の《こういうのどう?》も既存の在り方を崩す提案に感じましたし。

真行寺
そのほうがわくわくしますよね。「Shout To The Top」もいわゆるソウルの定義みたいなものを崩してみたんですよ。

というと?

真行寺
例えば、愛と宇宙みたいな定義を意識しつつこれまでやってきてたけど、“果たしてどうなんだ?”と感じたりもしてたんです。ソウルやファンクの成り立ちを考えると、僕は差別らしい差別をされたことも拳銃バンバンも経験がないので。わりと最近の話なんですけど、知り合いの黒人の方に“黒人の音楽が大好きですごくリスペクトしてます!”って言ったら、本気で怒られちゃいまして。その人は“迫害もされてないんだから、君は日本人としての誇りを持ちなさい。じゃないと伝わらないよ”って。“やっぱりそうだよな”と思いましたね。「Shout To The Top」は自分自身をもっと出して今のことを歌わなきゃという想いで、歌詞を書いてる時にSNSが嫌になったとか、そんな背景も正直に入ったかな。ソウルの精神を教えてもらえたのもラッキーでしたよ。

《地球最後の日だって言われても迷わず掘ってる》というフレーズが良かったです。

真行寺
一本筋を通して自分を肯定できる、意見を持ってる人間でいたいんです。何があっても、例え否定されたとしても、“正しい”って言い続ければきっとそれが正しくなるというか。そんな考えを“死ぬまでレコードを掘ってたい”って気持ちとリンクさせました(笑)。プロデューサーの藤井丈司さんにもよく言われるんですよ。“今の自分の状況や思ってることを比喩として入れるといいよ”って。
大山
藤井さんは一緒にああだこうだ言いながら盛り上がってくれたよね。僕らはアイデアを出したがりなので、俯瞰的な意見をもらいながら曲ごとに何がベストかを探っていって。「Sparkling Night」は引き算寄りだし、逆に「Funky Kitchen」は超絶足し算のアレンジになったり。
酒井
でも、フレーズに対して細かく言うとかはなかったよね。“全体的にどうなりたいのか?”を僕らから引き出した上でアドバイスしてくれる、まさに相談役みたいな感じでした。
真行寺
「Sexy Lover」ももともとはあまりセクシーな曲じゃなかったんだけど、藤井さんが“貴秋はもっとエロいのが歌える。お客さんもそういうふうに見てるからやってみな”って言ってくれて、あそこまで持っていけた感じなんですよね。今までだったら“行きすぎじゃないの?”って止めてたと思う。

「Sexy Lover」のブレスもかなり濃いですからね。

真行寺
やりまくりました(笑)。

「Sexy Lover」「Sparkling Night」は新しいセクシーなエロさだし。

真行寺
ですね。対して「Boom! Boom! ヘブン」はもっとえげつない、下品なエロのほう!

《ビーチクラブ》もそういう言葉遊びですか?

真行寺
本当にそうです。最っ低な掛け方! 藤井さんも大ウケで“それいいね!”って(笑)。
大山
これはもう“夏に出るアルバムだし、夏にアガれる曲にしたいね”くらいのスタートで、グルーブがサンバやラテンにはまるものだったんで自然とああなりました。MV撮影も楽しかったです。

言葉遊びじゃないけど、「Funky Kitchen」と「Shout To The Top」ではラップも入れてますよね。

真行寺
あっ、気付いてくれて嬉しい! ラップは昔から好きで、できたらカッコ良いなと思ってたんですよ。それこそ言いたいことをガン!とストレートに言える感じだし。最近までは自分の中でやっぱり線を引いてましたね。“ラップなんかできないよ、違う畑だし”とか“やったらやったでヒップホップの人たちにディスられるんだろうな”とか。でも、バリエーションが広がるし、何より“やってみたい!”って想いが一番大事なのかなと。

めっちゃ良い感じでしたよ。RHYMESTERのMummy-Dさんかと思ったくらい。

真行寺
いやいやいや! 恐れ多いです(笑)。でも、自分の中にいろんなものがまだ眠ってるんだなと思えた瞬間ではありました。詞にしても、歌にしても、グルーブにしても、アレンジにしても、とにかくやってみなきゃダメ。シンプルだけど、今作ですごく実感しましたね。
大山
「Shout To The Top」ではアコースティックギターを激しく鳴らすようなアプローチをやってみたくて。そこからファズをぶっ込むみたいな。そういうサウンドにラップも上手くマッチしたと思います。

「きっと遠く キミともっと遠く」のCメロも新鮮でした。

酒井
ギターとヴォーカルが交互になって、ギターソロをスキャットしだすところですね。
大山
ああいう滑らかなノリは今回かなりできた気がする。いいですよね。
真行寺
スキャットはライヴでもちょいちょい入れてるから、音源にも出てくるようになってきましたね。

あと、さっきのラップもそうですが、低い声がコーラスでもジワっと効いてますよね。シングル曲の「LA PA PARADISE」「きらめきDancin'」ではファルセットが目立ってたので、こういう低音の良さにグッときました。

真行寺
ありがとうございます。「Funky Kitchen」「きっと遠く キミともっと遠く」「Feel All Right」あたりですね。確かに最近は高音多めだったかも。
酒井
「Feel All Right」の最後のセクションはRed Hot Chili Peppersのフリーのフレーズをごっそり使ってたりもします(笑)。“あれ? 入れてみたら素敵じゃん!”って直感でオーケーにしちゃえる、そういう強気なムードも今のBRADIOにはあるんです。

崩せて、遊べて、挑戦もできて、楽曲もバラエティーに富んだアルバムだと思います。

大山
そうですね。サウンドメイクもかなり面白くやれたし、本当に“YES!”って叫びたくなるような会心作ができました!

取材:田山雄士

アルバム『YES』2018年7月4日発売 WARNER MUSIC JAPAN
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • WPZL-31474〜5 ¥3,800(税抜)
    • 【通常盤】
    • WPCL-12896 ¥3,000(税抜)

『YES Release tour 2018~ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM~』

■対バン公演
9/08(土) 熊本・B.9 V1
w)UNCHAIN
9/09(日) 鹿児島・CAPARVO HALL
w)UNCHAIN
9/15(土) 京都・KYOTO MUSE
w)OKAMOTO'S
9/16(日) 鳥取・米子AZTiC laughs
w)OKAMOTO'S
9/22(土) 高知・X-pt.
w)Creepy Nuts
9/23(日) 兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
w)夜の本気ダンス
9/29(土) 岩手・CLUB CHANGE WAVE
w)感覚ピエロ
9/30(日) 福島・郡山 CLUB #9
w)感覚ピエロ
10/06(土) 静岡・LiveHouse 浜松 窓枠
w)UNISON SQUARE GARDEN

10/08(月) 石川・金沢EIGHT HALL
w)グッドモーニングアメリカ
10/13(土) 長野・NAGANO CLUB JUNK BOX
w)BLUE ENCOUNT
10/14(日) 群馬・高崎club FLEEZ
w)BLUE ENCOUNT

■ワンマン公演
10/20(土) 広島・広島CLUB QUATTRO
10/21(日) 香川・高松MONSTER
10/27(土) 福岡・DRUM LOGOS
11/03(土) 新潟・ LOTS
11/04(日) 宮城・仙台darwin
11/10(土) 北海道・札幌ペニーレーン24
11/16(金) 愛知・DIAMOND HALL
11/18(日) 大阪・なんばHatch
11/22(木) 東京・NHKホール

BRADIO プロフィール

ブラディオ:日常の世界(Rule)に素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Break)を。2010年に“日常に彩りを加えるエンターテインメント”をコンセプトに結成。楽曲ごとに異なるサウンドを鳴らすドラムンベースを軸に、さらに熱唱&ファルセットを使い分ける個性の強さが魅力のヴォーカリスト真行寺の歌声でライヴに来た“FUNKY PARTY PEOPLE”を虜にするエンターテイナー集団! 13年10月に1stミニアルバム『DIAMOND POPS』を全国リリースすると、14年夏には『イナズマロックフェス2014』に出演を果たし、その後も各地のサーキットイベントにも勢力的に活動を広げる。17年10月にシングル「LAPAPARADISE」でメジャー進出し、18年7月にはアルバム『YES』をリリースする。BRADIO オフィシャルHP

L→R 酒井亮輔(Ba&Vo)、真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(Gu&Vo)
真行寺貴秋(Vo)
大山聡一(Gu&Vo)
酒井亮輔(Ba&Vo)
BRADIO/撮影:タマイシンゴ
アルバム『YES』【初回限定盤(DVD付)】
アルバム『YES』【通常盤】

「きらめきDancin’」MV

「Boom! Boom! ヘブン」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着