アンダーカバー 2019年春夏メンズコ
レクション - 無軌道な若者たちの戦

アンダーカバー(UNDERCOVER)の2019年春夏メンズコレクションが、2018年6月20日(水)にフランス・パリで発表された。
70年代後半のニューヨークのストリートギャングたちを描く、映画『THE WARRIORS』がインスピレーションソースとなりった今季のテーマは『THE NEW WARRIORS』だ。ショーでは映画さながら6人ほどで構成される8組のグループが、鋭い眼差しで順々に登場していく。毎シーズン欠かせないパンチの効いたグラフィックは、今季、各グループを象徴するモチーフとなった。
まずやってきたのは「THE DEAD HERMITS」。彼らはどこか民族っぽい衣装を着ている。ヒッピーぽいヘッドアクセサリーに、金色のブレスレット、それから大きなバックル付きのベルトまで。ミリタリージャケットやレザージャケットは、袖が切りっぱなしになっていて、一方でパーカーやブルゾンはDリング付きのグログランテープを配したミリタリー感も匂わせる。
2組目は「VLADS」。つまりはドラキュラを意味する軍団なのだが、彼らは不気味な風貌で、黒に白のグラフィックが浮かび上がるワードローブに身を包んでいる。抽象的なプリントかかと思いきや、実はそれらはイギリスのロックバンドバウハウス(Bauhaus)を捉えている。ジャケットやコートはスリムなシルエット、しかし足元には緩いワイドストレートのスラックスを合わせて均衡を図った。
「BOOTLEG TRUTH」は、ビビットなカラーパレットで、ボーダーやチェック柄を得意とするらしい。最も特徴的だったのはボトムスの合わせ方。ハーフパンツの上に、スコットランドの民族衣装みたいなタータンチェックのプリーツスカートのようなものを身に着け、足元にはアーガイルソックスをスタイリング首元のスカーフやレザージャケットのフリンジ装飾からもそれを感じることができる。
「BLOODY GREEKERS」の彼らは、そこはかとなくギークな風貌。日本のオタク文化を想起させる最も象徴的なモチーフとして「魔法の天使クリィミーマミ」が採用された。“ちょいダサ”な彼らは、特に過剰な装飾はせずネルシャツやプルオーバー、デニムパンツなどのシンプルな組み合わせだが、そこには必ずクリィミーマミが描かれている。そして手にはアイドルライブで必須のペンライトのような、光る金づちをもって…。
「ZENMONDOOO」と名乗る彼らはバイクレーサーのようなスタイルで登場した。レザースキニーにもワイドスラックスにも膝部分にサポーターをセット。プルオーバーももちろん肘のところが頑丈になっていて、頭にはヘルメットやマスクをかぶっている。足元に合わせたナイキとのコラボレーションスニーカーも印象的だった。また、モチーフにはチーム名にちなんで“禅”の文字を採用している。
「X SHADOW HOPPERS」は見るからに、“山”に精通している者たち。だからと言って単純にアウトドアスタイルを身に着けるのではなく、その装いにはどこかトラッドなデザインが入り混じる。ジャケットとMA-1のドッキングや、レザーの袖にクラシカルなチェスターコートの身頃を合わせたアウター。そしてブラックウォッチのパンツ。また、戦いに出る彼らだから、大胆なポケットの配置、あるいはバックパックを融合させたジャケットで万全の装備を兼ね備えている。
血色がなく人間味を失った風貌の彼らは「THE LARMS」。彼らがメインで身に着けたアウターは、工業用資材のようなテクニカルな素材を用いていて、硬質的でもあり滑らかでもある。アンダーカバーらしい独特のカラーで、あたかも防護服のようなそれは、どのグループよりも近未来的。光に当たると光を反射するようにキラキラと輝き、敵を威嚇する。
最後に登場した「ZORUGE」は、おそらく世界を旅するボーイスカウト。首元にはドットのスカーフ、そして頭にはベレー帽。パンツやジャケットには、それぞれに番号が振られている。先ほどとは一変してなんだか端正な面持ちだ。でもやはり、“アンダーカバーイズム”は抜けなくて、Tシャツには毒気が満載。彼らが訪れたパリや東京、ニューヨークといった街の風景が描かれているのだが、その背景には街を襲うモンスターの姿が描かれている。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着