2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』

【ライヴレポート】
『LUNATIC FEST. 2018』
2018年6月23日 at 千葉・幕張メッセ

■ The BONEZ ■

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(The BONEZ)

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(The BONEZ)

MOON STAGEの2番手はThe BONEZ。Jと対バンをした際に旧知となり、今回の出演につながったと聞く。“せっかくの機会だから現行の自分たちを多くの人に観てもらいたい”との気持ちもあったのだろう、この日の彼らは今春発売のニューアルバム『WOKE』からの楽曲を中心に放ってきた。円陣を組んで手を重ね、気合いを入れてライヴに臨んだ4人。“自分たちを知ってる奴も知らない奴も、会場全員で楽しんで帰ってほしい”との願いが歌や演奏に込められた30分の開始であったーー。JESSE(Vo&Gu)の歌い出しから入った「Until you wake up」が駆け抜ければ、「Bird ~people with wings~」ではダイナミズムや景色感がそこに加わり、彼らの現在のスケール感が堪能できた。また、作品よりスピードアップさせた「Rude Boy」では疾走感とラガを交えた強靭なビートが会場をグッと惹き込み、Jが呼び込まれツインベースでプレイされた「Hey,You」で激走2ビートが大会場との並走を魅せる。JESSEがハンドマイクで歌った「SUNTOWN」へと続き、ラストは生命力と夜明け感のあり、最後の大合唱での誇らしさと神々しさも印象深い「Thread & Needle」がエナジーを与えてくれた。時間にして約30分。彼らは実に気高く、誠に誇り高いステージを我々に寄与してくれた。
text by 池田スカオ和宏

セットリスト

  1. 1. Until you wake up
  2. 2. Bird〜people with wrings〜
  3. 3. Rude Boy
  4. 4. Hey, You(with J)
  5. 5. SUNTOWN
  6. 6. Thread & Needle

■ ACE OF SPADES ■

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(ACE OF SPADES)

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(ACE OF SPADES)

TAKAHIRO(Vo/EXILE)、HISASHI(Gu/GLAY)、TOKIE(Ba)、MOTOKATSU(Dr)からなるACE OF SPADESがよもや観れるとは…。いやー、誠に隙のないフェスだ。この4人では2年振りとなるライヴ。このような豪華&希少なバンドが観れるのも、このフェスや声を掛けたLUNASEAのメンバーの人望ならではと言える。“楽しんでいきましょう!”とはTAKAHIROの第一声。デモンストレーションから30分に渡り、彼らの特性でもある歌謡性とロックバンド的激しさの同居を楽しませてもらった。TOKIEのスラップベースやHISASHIのザックザックなギター、TAKAHIROの艶やかな歌声の融合も印象的だった「WILD TRIBE」を皮切りに、4つ打ちながらダンサブルさとは違った躍動感と上昇感が寄与された「TIME FLIES」が投下され、同期の電子音を交えた「Looking for」ではTAKAHIROの伸びやかな歌声とセクシーさが映えた。また、INORANとのツインギターも特徴的であった「Louder」では、その従来のサグさにヘヴィさが加わり、各人のソロのリレーションも映えた。後半戦でも加速度と怒涛度がたまらない。「SIN」がスリリングさを伴って会場をバーンアウト化させていけば、最後は開放感たっぷりの「JUST LIKE HEAVEN」が“高く舞い上がれ!”と言わんばかりの上昇感とともに会場全体をさらなる高みへと引き上げてくれた。
text by 池田スカオ和宏

セットリスト

  1. 1. WILD TRIBE
  2. 2. TIME FILES
  3. 3. Looking for
  4. 4. Louder(with INORAN)
  5. 5. SIN
  6. 6. JUST LIKE HEAVEN

■ back number ■

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(back number)

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(back number)

“ロック”の範疇の中、多彩な音楽性やオリジナリティーを擁したアーテイストたちが次々現われるのも、この『LUNATIC FEST.』の特徴。中盤のMOON STAGEに登場したback numberも、ここまでノリの良い音楽性が中心のアーティストたちの中、いい意味でメリハリやアクセントを付けてくれた。この日はフェスの特性を配慮してか、切なさを広げながらも16ビートの躍動感が会場を弾ませた「青い春」からスタート。続くロックバンドとして面目躍如な「MOTTO」にてさらにライヴを走り出させていけば、反面、彼らの真骨頂とも言える切ないバラードも披露。中盤の「クリスマスソング」では季節をグイッと冬に引き戻し、情景感たっぷりの彼らの歌に会場中が聴き浸り、自身の気持ちを重ねていく。また、ギターと歌い出しから始めた「瞬き」、人々にとっての幸せを各々思い浮かばせた「SISTER」が清々しい気持ちにさせてくれ、最後はこの季節にぴったりの真夏感あふれる「高嶺の花子さん」が晴れやかな気持ちにさせてくれた。各楽曲に乗せたセンチメンタルな気持ちや歌物語を会場いっぱいに広めていったステージ。それらはまるで6編に渡る歌物語のようでもあった。
text by 池田スカオ和宏

セットリスト

  1. 1. 青い春
  2. 2. MOTTO
  3. 3. クリスマスソング
  4. 4. 瞬き
  5. 5. SISTER
  6. 6. 高嶺の花子さん

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着