2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』

【ライヴレポート】
『LUNATIC FEST. 2018』
2018年6月23日 at 千葉・幕張メッセ

■ GLAY ■

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLAY)

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLAY)

“SLAVEのみなさんも、DIR EN GREYのお客さんも、ただのGLAYのファンも、みんな仲良くゾンビになろうじゃないか!”とHISAHI(Gu)が客席を笑わせて、雪崩れ込んだ「シン・ゾンビ」の曲中では、LUNA SEAの初期曲「FATE」をいきなりカバー。そんなサービス精神満点の中盤シーンが示すように、GLAYのスタンスはとにかくオーディエンスを楽しませること、そして敬愛する先輩の主宰フェスでお祭り騒ぎを繰り広げることだった。GLAY節満点のさわやかなポップチューン「サバイバル」で幕を開けると、「HOWEVER」に「BELOVED」と誰もが知る超ヒットバラードをお見舞い。後者ではACE OF SPADESのTAKAHIRO(Vo)が参加して、TERU(Vo)と珠玉のハーモニーを聴かせたかと思いきや、「SHUTTER SPEEDSのテーマ」ではSIDの明希(Ba)がステージに。“やれるか幕張! いきまーす”とイントロのベースフレーズを放ち、JIRO(Ba)とひとつマイクで交互に歌って大歓声を呼べば、続く「彼女の“Modern…”」では“今日は遊びに来てたんですけど、無理やり命令で出すことが決まりました!”と、なんとEXILE のNESMITHを呼び込んでゲスト歌唱させてしまう。意外すぎるコラボレーションに狂喜する場内に、“やっぱり今回の主宰者でもあるLUNA SEAからもひとり登場してもらわないと。僕らの兄さん的な存在です”とTERUが告げたところで登場したのはSUGIZO。「誘惑」のフレーズを繊細にかき鳴らし、宇宙を揺るがすようなダイナミックでスケールの大きなギターソロは“さすが”と言うほかない。軽やかに舞って、去り際にメンバーひとりひとりとハグするSUGIZOの姿には、“僕らは普段はイベントとか出ないんだけども、やっぱりこの『LUNATIC FEST.』には絶対出たい”と語り、全力でフェスを盛り上げた愛すべき後輩・GLAYへの感謝があふれていた。
text by 清水素子

セットリスト

  1. 1. サバイバル
  2. 2. coyote,colored darkness
  3. 3. VERB
  4. 4. HOWEVER
  5. 5. BELOVED(with TAKAHIRO from ACE OF SPADES)
  6. 6. シン・ゾンビ 〜 Legend series LUNA SEA「FATE」〜シン・ゾンビ
  7. 7. COME ON!!
  8. 8. SHUTTER SPEEDSのテーマ(with明希 from シド)
  9. 9. 彼女の“Modern…"(with NESMITH from EXILE)
  10. 10. 誘惑(with SUGIZO)
  11. 11. XYZ

■ LUNA SEA ■

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)

MOTHER STAGEに現れた初日のトリは、もちろん主宰のLUNA SEA。GLAYからの転換中には、過去に真矢のローディーをしていた淳士(SIAM SHADE、BULL ZEICHEN 88/Dr)がドラムのサウンドチェックをして手拍子を煽るオマケ付きで、開演前から場内をヒートアップさせる。そして、ミラーボールが純白の光を放ち、お馴染みのベートーヴェンの「月光」をSEにメンバーが入場して始まったのは「Hold You Down」。光にあふれた最新アルバム『LUV』のリード曲で満場のオーディエンスに大きく手を振らせる壮大な幕開けは、超大型フェスのクライマックスに相応しい。そこから右手を高くあげたINORANがセンターに進み出て、イントロのリフをかき鳴らす「TONIGHT」へ。5月まで行なわれていた全国ツアーでも繰り返し鍛えてきた鉄壁の流れに、SLAVEたちの熱狂は早くもピークに達する。“めちゃめちゃ集まってくれたバンドたちが熱い演奏を聴かせてくれたんで、俺たちもずっと燃えてました。今、たぶん雨降ってるかもしれないけど、吹き飛ばしちゃいましょう”というRYUICHIの言葉通り、「Dejavu」に「JESUS」と往年のアッパーチューンでステージを駆けるフロント陣。しかし、紅く妖しくグルーブする「Rouge」からは、緑ライトの下で歌うRYUICHIの甘く、凛としたヴォーカルが映える「gravity」に続けて、深淵な世界へと観客を誘う。その頂点となったのが『LUV』にも収録されている「闇火」。ステージに灯る炎に囲まれて、SUGIZOのバイオリンとINORANのアコースティックギターから始まったディープチューンは、J&真矢が加わってのバンドサウンドとなるや、それぞれに音も表情もどんどん荒ぶらせて、激情の奔流で客席を飲み込んでいく。だからこそ、“今日ここに集まってくれた全ての仲間たちに、俺たち5人から想いを込めて”と続けて贈られた「I for You」のスタンダードでピュアな響きが胸を打つのだ。

何より印象的だったのが、“この会場、宇宙で一番熱い場所に変えたいんで、いけるかー!”とRYUICHIが煽って、「DESIRE」「TIME IS DEAD」「ROISER」と名曲連発するメンバーの心から楽しそうな姿である。足下から噴き上がる風に身を任せて上衣の裾を翻すSUGIZO、花道でカメラにアピールするINORAN、白い歯をこぼして微笑むJにキッズの瑞々しさが見て取れるが、その隙のないプレイも彼らを指揮する美しい真矢のドラミングも、長年にわたるキャリアの賜物に他ならない。熟練の技で音楽を楽しむ5人の無敵っぷりはラストの「WISH」へと弾け、発射される銀テープに舞い降る紙吹雪の下で大合唱するオーディエンスの景色は、何ものにも代えがたい多幸感を与えてくれた。
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)

2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)

アンコールでは“みんながすごく想いを持って来てくれたのがライヴパフォーマンスで分かってくれたと思います”(RYUICHI)と出演バンドのメンバーを呼び込み、豪華メンツで「BELIEVE」をセッション。最初に淳士が叩き始めたドラムは見事な引き継ぎで師匠の真矢へとチェンジし、TAKAHIROやマオがAメロを担ったヴォーカルではTERUとRYUICHIがデュエットするレアすぎるひと幕もあった。HISASHIが担当したギターソロにSUGIZOが合わせて、一瞬「彼女の“Modern…”」のフレーズを織り込む遊び心も憎い。最後にRYUICHIとハグしたTERUが“LUNA SEA最高!”と叫べば、INORANは“みんな最高!”と返答。LUNA SEAというバンドが過去29年間で成してきた功績と、それによって得た現在の圧倒的存在感は、初めてLUNA SEAというバンドを目の当たりにするオーディエンスの胸にも着実に刻まれたに違いない。そう確信できた初日のエンディングであった。
text by 清水素子

セットリスト

  1. 1. Hold You Down
  2. 2. TONIGHT
  3. 3. Déjàvu
  4. 4. JESUS
  5. 5. Rouge
  6. 6. gravity
  7. 7. 闇火
  8. 8. I for You
  9. 9. DESIRE
  10. 10. TIME IS DEAD
  11. 11. ROSIER
  12. 12. WISH
  13. <ENCORE>
  14. BELIEVE(Session)
■『LUNATIC FEST. 2018』2018年6月24日 at 千葉・幕張メッセ
https://okmusic.jp/news/276956/
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(SESSION)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNA SEA)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLAY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLAY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLAY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLAY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLAY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(DIR EN GREY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(DIR EN GREY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(DIR EN GREY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(DIR EN GREY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(DIR EN GREY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(DIR EN GREY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(シド)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(シド)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(シド)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(シド)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(シド)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLIM SPANKY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLIM SPANKY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLIM SPANKY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(GLIM SPANKY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(back number)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(back number)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(back number)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(back number)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(back number)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(ACE OF SPADES)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(ACE OF SPADES)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(ACE OF SPADES)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(ACE OF SPADES)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(ACE OF SPADES)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(The BONEZ)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(The BONEZ)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(The BONEZ)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(The BONEZ)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(The BONEZ)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(女王蜂)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(女王蜂)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(女王蜂)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(女王蜂)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(女王蜂)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(coldrain)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(coldrain)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(coldrain)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(coldrain)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(coldrain)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(coldrain)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)
2018年6月23日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着