【ジャニーズ】次世代エースは誰? “
ジャニーズモノマネ”ジャガーズがジ
ュニアを語り尽くす!【新作ネタ動画
あり】

歌番組等で、メインのグループの陰に隠れてバックダンサーに徹するジャニーズJr.。次世代ジャニーズを担う彼等の魅力を、ジャニーズモノマネでブレイク中のお笑いコンビ、ジャガーズが語ってくれました。
記事の最後には新作ジャニーズモノマネ動画も!
近年、ジャニーズファンの間で恒例になりつつある、ジャニーズJr.(ジュニア)出演のコンサート『ジャニーズ銀座』が、4月29日からスタートします。
【新ネタ動画】超マニアック“ジャニーズモノマネ”3連発・動画はこちらから!
今年の『ジャニーズ銀座』は総勢11組のジャニーズJr.のグループが入れ替わりで出演!どのグループも次世代ジャニーズを担うような超人気ジュニアばかりで構成され、600人以上を収容するで会場で、およそ1ヵ月に渡り行われる全ての公演のチケットが、即日ソールドアウトという人気ぶりです。
テレビの歌番組等では、メインのグループの陰に隠れてバックダンサーに徹するジュニアですが、彼等のスター性とパフォーマンスのカッコよさは、デビューしている先輩ジャニーズ達に負けていません。そんなジャニーズJr.の魅力を、ジャニーズのモノマネでブレイク真っ最中の、お笑いコンビジャガーズに語って頂きました。
プライベートでジャニーズのコンサートに行きまくり、その愛の深さ故にアイドル雑誌で連載まで持つ彼等の熱いインタビューです! 愛が溢れるトークが白熱しすぎて、なんとこの記事が初公開の新作モノマネまで披露して頂きました! 最後のページまで見逃すな!
「ぶっちゃけ、ジャニーズ入りたかったんですよ!(笑)」――まず、ジャニーズを好きになったキッカケを教えてください。
ちーやん:僕が小学生の頃に光GENJI少年隊の人気がすごかったんです。それを見て単純に「めちゃくちゃカッコいいな…!」って。男女問わず、周りもみんなローラースケートはいたりしてましたね!アイドル雑誌もたくさん読んでいたんですが、同い年の香取慎吾SMAP)くんが載ってるのを見つけて、若いジャニーズタレントさん、光GENJIのバックで踊っていたジュニアにも、どんどん注目するようになっていきました。
ジャガーともひろ:当時うちにテレビが1台しかなくて、そこで兄ちゃんがずっとジャニーズが出てるテレビを見てるから、僕もおのずとジャニーズが好きに…(笑)。その後にバンドブームが来て、男子は特にみんなジャニーズからユニコーンやBOØWYに流れていっちゃったんですが、僕等はずっとジャニーズが好きでしたね。
――今お話を伺って、女性アイドルにキュンキュンするのと同じ様な感覚で、ジャニーズを見ているわけではない印象を受けました。
ちーやん:そうですね。僕は女性アイドルもすごく好きなのですが、そこに対する「好き」とジャニーズに対する「好き」は全く違うなあ。ぶっちゃけ、ジャニーズに入りたかったんですよ!(笑) 僕らの家は、あんまり裕福じゃなかったので、当時流行ってたミニ四駆とかビックリマンチョコの話題にあんまりついて行けなくて。
でもジャニーズの話題になると僕も熱くなれるし…。なんていうか、「カッコいいなあ…! 僕もあんな風にキラキラしたカッコいいジャニーズになれたら、周りの人をあっと言わせられるのに」って思ってました。
ジャガーともひろ:ジャニーズに対する「好き」は、戦隊モノのヒーローに対する憧れと近いかもしれないです。強くてカッコいいヒーローに対する憧れと同じものを、キラキラしたジャニーズタレントの皆さんに見出してたのかなあ。
そもそもジャニーズJr.って?
――今日はジャニーズJr.の魅力について伺いたいと思うのですが、そもそも「ジャニーズJr.」って言葉を知ってる人は多くても、具体的にどんな活動をしているのか知っている人って意外と少ないと思うんですね。
ちーやん:そうですね…。ジャニーズに所属していて、CD デビューを目指してレッスンを受けながら、先輩の後ろでバックダンサーをしてるのがジュニアです。人気があるジュニアは、ドラマや映画、舞台に出たりすることもありますし、今回の『ジャニーズ銀座』みたいにジュニアだけのコンサートに出たりもします。
嵐もSMAPも、みんな元々はジュニアでしたし、全てのジャニーズタレントは全員ジュニアからスタートします。年齢制限はないので、下は小学生から上は30代近い人もいます。とりあえず基本的には「CDデビューしたらジュニア卒業」って形です.。
――「ジャニーズの公式サイトに個人ページができたら、もうジュニアでは無い説」を聞いたことがあるのですが、それも正解なのでしょうか?
ジャガーともひろ:それも当たってると思います。俳優として活躍している生田斗真くんや風間俊介くん、振付師やダンサーとして活躍してる屋良朝幸くんは個人ページがありますね。もうジュニアじゃないって言えると思います。もう、先輩のバックダンサーでどうこう、って人達ではないのですし。ジャニーズの公式からしっかり発表があるわけじゃないので、明確な線引きは無いんですが。
彼等は社会人野球の選手ってかんじかなあ。甲子園球児がジュニアだとしたら、そこからすぐにプロ野球デビューする子もいれば、大学まで時間をかけてプロデビューする子もいる。生田くん達は、社会人野球っていう別のくくりで成功してる…みたいな(笑)。
――ジャニーズJr.は、他の大手芸能事務所のタレント候補生達に比べて、育成制度がとても独特ですよね。
ちーやん:そうなんです。ドラマの主演務めるような方もいるのに、レッスンはダンスのみなんですよ。
ジャガーともひろ:演技指導や歌の指導は一切ないのに、そつなく演技もこなせる方が多いからすごいですよね。ジュニアってみんな尊敬する事務所の先輩がいるもんなんですけど、演技上手い先輩に憧れてる子はその人の立ち振る舞いをずっと近くで見て勉強したりしてるんでしょうね。背中を見て学んでいくという。
ちーやん:いろんなアイドルの方を見ますが、ジャニーズはやっぱりすごいなって思いますね。ジュニアでとことんふるいにかけて、デビューに向けて仕上げていく制度があるからこそ、デビュー組のダンスのキレや表現力が他のアイドルグループと全然違います。ジャニーズって小さい頃からずーっと経験をつんで、ジュニア歴が10年以上なんて人もいるんですよ。
ジャガーともひろ:今の女性アイドルは特にデビューする年齢がとても若いじゃないですか。そういう方達も、何年か経つと段々仕上がってくるんですが、デビューした時点での完成度を見るとジャニーズは圧倒的です。
――SMAPや嵐など、あれだけ個性豊かなデビュー済みのグループがいる中で、ジャガーズのおふたりはなんであえてジュニアも応援するのでしょうか?
ジャガーともひろ:うーん、逆にみんな元はジュニアだから、僕等にとってSMAPを応援するのも、嵐を応援するのも、ジュニアを応援する延長線にあるというか。人気者になっていく過程を見るのはもちろん面白いですし、誰がデビューしても、「よかったね…!」って気持ちに必ずなります。
ちーやん:だいたい先輩のバックの最前列で踊っていたような人気者のジュニアがデビューするわけですけど、デビューするとバックの最前列にその子達の分の穴が空くじゃないですか。「そこにどの子が入るんだろう? えっ! こんな雑誌にも出てないような思いがけない新人さんが入るんだ!」みたいな楽しさもありますよ。
特に印象的だったジュニアは?――おふたりはこの道20年以上のジャニーズファンということで、いろんなジャニーズタレントのジュニア時代ををご覧になっていたかと思います。ジュニア時代から目立っていて、特に印象的だった人はいますか?
ジャガーともひろ:タッキーの存在は大きかったと思います。ジュニアだったにも関わらず、当時はみんなタッキーの名前知ってたもんなあ。タッキーがダントツにすごかったから、タッキーの出ている番組を見るわけで、その周りのメンバーもどんどん有名になっていって。90年代には“ジャニーズジュニア黄金期”と呼ばれた時代もありましたね。
1991年から『愛ラブSMAP!』っていうSMAPの冠番組の後枠で、『愛ラブジュニア』っていうジュニアの冠番組がはじまったんですよ。もうそれぐらいからがすごかった。当時ジュニアだったタッキー&翼、嵐の大野くんや櫻井くんが出てましたね。
ちーやん:ジュニアの冠番組の『愛ラブジュニア』や『8時だJ』、懐かしいなあ。雑誌の表紙をジュニアが飾ったこともありましたし、もうすごかったよね…。
ジャガーともひろ:あと、あの番組の存在も大きかったですね、『木曜の怪談』。それこそタッキーや翼くんなんかが出てたんですが、ジュニアがドラマや映画に本格的に出だしたのはそこからだと思います。
ちーやん:ゴールデンタイムにジュニアが冠番組を持ってたって、今じゃ考えられない…!でもだからといって今、スター選手のジュニアがいないわけじゃ無いんですよ。
ジャガーともひろ:むしろ今のほうが、みんなキャラ立ってるし、平均的なタレントさんとしてのレベルはめちゃくちゃ高いよね! 誰がデビューしてもすぐ活躍できるような状態だと思います。
ちーやん:ダンスとかも、みんなめっちゃ踊れますよ! 劇団四季かってぐらいで!(笑)
――このインタビューを読んでジュニアのことが気になりはじめた人は、どこから入っていってファンになればいいでしょうか?
ジャガーともひろ:まずはテレビでデビュー組の後ろで踊ってる子たちを見て、「この人、気になる!」って人を見つけてから、雑誌やジュニアが出てる番組を見たりするのがいいかと思います。そのほうがより深く愛情を注げるかと(笑)。
ちーやん:『ガムシャラ!』と『まいど!ジャーニィ~』と『ザ少年倶楽部』っていう、3つの番組をとりあえず見れば、人気のジュニアのキャラがだいたい分かると思います!
今、最も注目のジャニーズJr.は?
『ジャニーズ銀座』見どころは?――ジュニアがメインで大活躍する公演、『ジャニーズ銀座』がはじまりますね。関東のジュニアの勢力図や、実力がしっかり分かるので、非常に重要とのことですが。
ジャガーともひろ:そうなんです! ジュニアにとって重要な1ヵ月になると思います。超行きたいです!
――『ジャニーズ銀座』に参加する全11グループ中、どのグループが一番気になっていますか?
ジャガーともひろ:うーん! 難しい質問ですね。でもベタにPrinceかなあ? 彼等は元々Mr.King VS Mr.Princeっていう6人組で、「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」の応援グループとしてバリバリ活動してて。最近はKing とPrinceの3人ずつに分かれて活動してるんですが、『ジャニーズ銀座』にはPrinceだけが参加なんですね…。
個人的に岸優太くんが大好きなのもあるんですが、彼が『黒崎くんの言いなりになんてならない』って映画に出たり、岩橋玄樹くんが雑誌『Myojo』の“恋人にしたいJr.ランキング”を3連覇したり、かなり話題性も高いグループだと思います。個人的には次期デビューの可能性もあるんじゃないのかなと…!
ちーやん:最近、メンバー全員中学生ぐらいの若手のHiHi Jetとかもグイグイきてるよね。
ジャガーともひろ:Sexy Zoneがそうだったんですが、予期せぬところからドカンとデビューってこともあり得ますからね。HiHi Jetも可能性ありますよ。でも、Snow ManとSixTONESもすごいんだよなー! あの2組はライバルっぽい感じがしていいですよね。年齢も近いし人数も6人で、ぱっと見みんな背が高くて迫力ある感じもちょっと似ていて。
ちーやん:SixTONESはKAT-TUNみたいなちょっと不良っぽい雰囲気で、ドラマ『私立バカレア高校』に出ていた6人で結成したグループです。Snow ManはABC-Zみたいにアクロバットがとんでもなくて、全力で踊るちょっとお兄さん達のグループ。少し似てるけど、グループのカラーは全然違うから面白いですよね。
ジャガーともひろ:その2組もかなりデビューの可能性が高いなと思います!
ちーやん:次のバレーボールの世界大会はいつだー?! だいたい、バレーボールの世界大会の応援グループとしてデビューするので、バレーボールの世界大会が近づくとジュニアファンはみんなドキドキしはじめます(笑)。
ジャガーともひろ:あ、このグループ名ついていないジャニーズJr.ってくくりで出る中村嶺亜くん・高橋颯くん・羽生田挙武くんの3人も気になりますね。どういう風に対抗して自分達の存在をアピールするのか楽しみです。
ちーやん:でもLove-tuneの公演も見たいなあ…。僕、Love-tuneの安井謙太郎くんが大好きなんですよね! ジュニアの中のお兄さん的存在として、下の子達への面倒見がすごくいいんですよ。それにMCなんかも超頑張ってるんですけど、性格は結構控えめで…。応援したくなっちゃうんだよなあ。あと単純に顔がタイプです!(笑) 安井くんが女子なら告白してます!(笑)
ジャガーともひろ:なんで安井くんにわざわざ女子になってもらうんだよ?!(笑)
一同:(笑)。
ちーやん:そうそう、忘れちゃいけないのがThey武道と、MADEです! They武道とMADEはすごくベテランのジュニアばっかりで、ダンスやパフォーマンスのレベルがめちゃくちゃ高いんですよ。でも雑誌なんかではあんまりピックアップされてなかったりするので、ここで主役になれるのが嬉しいですよね!
地方に営業に行ったりすると、「They武道の山本亮太くんどう思いますか?!」って熱く話してくれる方も結構いるんですよ。そんな方達の為にもしっかり輝いてほしいです!
ジャガーともひろ:話しかけてくれる山本亮太くんファン多いよね。人気あるんだなって思います。
モノマネのモデルのJr.が見たい
フライングひとつにもドラマがある――声を掛けてくれるジャニーズJr.ファンの方で、誰のファンが一番多いですか?
ジャガーともひろ:山本亮太くんもかなり多いんですが、個人的には森田美勇人くん(Travis Japan・Love-tune)のファンが一番多い気がします。
ちーやん:たしかに! めっちゃ多い!
ジャガーともひろ:美勇人くんは今回の『ジャニーズ銀座』でも、唯一2グループ掛け持ちだもんね。すごいよね! あと今回の『ジャニーズ銀座』には出ないですが、さっき言ったMr.King VS Mr.Princeの、Mr.Kingのほうの平野紫耀くんや永瀬廉くんも熱いファンが多いですね。
――平野紫耀くんや永瀬廉くんは、最近は関東のジュニアに混じって活躍していますが、元々関西のジュニアですよね。
ちーやん:ジャニーズJr.って関東勢と関西勢でハッキリ分けられているんですが、関西も良い子ばっかりなんですよ! 3月31日から『関西ジャニーズJr. 春休みスペシャルshow 2016』っていう関西ジュニアの公演がはじまるんですが、観に行きたいんだよなあ。
ジャガーともひろ:今の関西ジュニアは本当に良い才能が多いと思います! チームワークもすごくいいんですよね。人数が少ないっていうのもあると思いますが、「関西頑張ろうぜ!」みたいな全体のまとまりがあると思います。関西ジュニアって関東に比べてメディア露出が少なかったり、日が当たり辛い部分があるんですが、頑張ってほしいですね。
ちーやん:関西にも関東にも、『ジャニーズ銀座』には出ないけど、カッコいい人がたくさんいますからね! 僕の好きな長妻怜央くんも名前がないからなあ。えっ、寺西拓人くんもですか? 残念だなあ…。
――少し伺っただけでも、注目の才能がたくさんいるのが伝わりました。ところで、ジャガーズのネタの、フライングの準備を手伝ったり、早着替えを手伝ってるジャニーズJr.。あのモデルになった人も、『ジャニーズ銀座』で見られるんでしょうか?
ちーやん:そうですね! どのネタも歴代のいろんなジュニアがやってるので、『ジャニーズ銀座』に出てるジュニアも、早着替えとかは手伝ったことがある人ばかりだと思いますよ。でも、僕等がネタを作った時は、Hey! Say! JUMPやABC-Z、Kis-My-Ft2としてデビューした人達がやってた気がしますね。
ジャガーともひろ:Kis-My-Ft2の北山宏光くんがフライングの器具をつけてあげてる映像とか、ファンの間では結構有名じゃないかな? あれやってるのって、相当前の方の立ち位置の子が多いと思うんですよ。前の方にいるってことは人気があるジュニアということなので、今はもうデビューしている人達が多いですね。
ちーやん:さっき名前を出した僕の大好きな安井くんは、ついこないだフライングつけてあげてましたよ(笑)。あと、これはデビュー組の話なんですけど、滝沢歌舞伎のシンガポール公演でABC-Zの河合郁人くんが久しぶりにその役目をしたらしくて。
ジャガーともひろ:「もうデビューしたし、誰かのフライングを手伝うこともないだろうって思ってたから、下積み時代を思い出してこみ上げるものがあった」的な熱いコメントをメディアでしてました。
――フライングひとつにもドラマがあるんですね。
ちーやん:そうなんですよね。僕たちのネタって30秒くらいなんですけど、そんな短い時間でも全力でジュニアの真似をすると汗が止まらないんですよ(笑)。これをワンステージ2時間ぐらい、しかも時には1日2回公演やることもあるってすごいと思います。更にジュニアって、当日ギリギリに振り付けが変わって、1曲を30分ぐらいで覚えたりすることもあるみたいで…。とんでもないダイヤの原石たちですよね!
ジャガーともひろ:今回の『ジャニーズ銀座』に出演するジュニアって、何百人といるジャニーズJr.の中のトップを走る人たちで、相当洗練されてるんですよね。ここに出れなかったけど頑張ってる人、日が当たらずに辞めてく人、いろんな人がいる中で…。
そんなすごいジュニアのトップ集団でも世間的にはまだまだ無名で、「バックの子たち」って認識で見てる人がたくさんいると思います。でも、ジュニアだけの公演も演出や構成やパフォーマンスのクオリティはすごいし、一度しっかり触れてみたら楽しいんじゃないかなって思います。
ちーやん:ジュニアもちゃんと衣装や演出を自分たちで考えますしね。デビューしてないから目立たないかもしれないけど、裏方のことから、演技も、ダンスも、歌も、全部全力で頑張るスペシャリストたち。それがジャニーズJr.なんだと思います。
――ジャガーズのおふたり、ありがとうございました!
ジャガーズのおふたりの最新情報は、ジャガーズ公式ブログ 、ちーやん公式twitter をチェック!
新作モノマネ動画あります!
ジャガーズの新作マニアックジャニーズモノマネ3連発ステージ上からハケる直前までしっかりとアピールするSnow Manの佐久間大介くん
ジュニアにギャグの相談をされた時に独特のアドバイスをするABC-Zの塚田僚一くん
ABC-Zの五関晃一くんの肩の動き方

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着