【嵐】結成15年の“色気”にクラク
ラ!『ARASHI BLAST in Hawaii』ツア
ーで体感した5人からの熱いメッセー

今や国民的人気グループとなった。結成の原点、ハワイの地でデビュー15周年を記念してコンサート『ARASHI BLAST in Hawaii』を開催! 15年応援し続けた甲斐があり(?)ファンクラブのオフィシャルツアーに当選したので、現地の様子をレポートする。

ジャニーズのアイドルグループ「嵐」が今年2014年9月15日でデビュー15周年を迎えた。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
15年前、ハワイの海上でのデビュー会見はインパクト抜群。そしてまだ幼さを残した嵐メンバーたちも、少し戸惑っている姿が印象的だった。
今や国民的人気グループとなった嵐。結成の原点、ハワイの地でデビュー15周年を記念してコンサート『ARASHI BLAST in Hawaii』を開催! 15年応援し続けた甲斐があり(?)ファンクラブのオフィシャルツアーに当選したので、現地の様子をレポートする。

ワイキキは嵐まみれ
今回の『ARASHI BLAST in Hawaii』はH.I.S.、JTB、嵐がCMキャラクターを務めるJALの3社の旅行会社から選択し、嵐のファンクラブ会員限定でツアーに申し込めた。
ツアー参加者にはハワイツアー限定のパスポートケース、荷物につけるラゲッジタグ、旅のしおり付き。
ちなみに、相葉ちゃんがプロデュースしたという、今回のツアーグッズもとっても可愛い!
ピンクだけど派手すぎないアロハシャツに、頭だけだった嵐マークに初めて体がデザインされたTシャツ、そしてとっておきは嵐マークを立体的に象ったペンライト! 赤いレイを首から下げ、頭にはハイビスカスを付けたハワイバージョン。
他にもタトゥーシールや旅行のお供に欠かせないトランプも。
ホノルル空港に到着すると、そこにはもう『ARASHI BLAST in Hawaii』ツアーの緑のTシャツを着たスタッフがたくさん! ツアー参加者は特に何も知らされていないため戸惑いながらもスタッフの指示に従い、荷物を預け、バスに乗せられ行き先もわからず移動させられるファンたち……。
到着したのはハワイ・コンベンションセンター。
そこではツアーパスを受け取り、コンサート当日の流れやツアーの説明をうけ、そして! 嵐からのウエルカムビデオメッセージが!
「長いフライトお疲れ様でした」「ハワイを存分に楽しんでね」という嵐メンバーからのメッセージにテンションがあがる。嵐のハワイツアーに本当に参加してるんだなぁ、と実感。
そしてワイキキの街に出ると、嵐マークのついた旗がそこかしこに。青、赤、緑、黄、紫の嵐メンバーカラーの旗と、ツアーロゴの入った白い旗が通りに並ぶ。そして街中を走るトロリーもツアーロゴが掲げられ、『ARASHI BLAST in Hawaii』仕様に。
ホノルルの街の至る所に嵐フラッグ!
アラモアナ・ショッピングセンターには期間限定で嵐グッズの販売スペースが出現。
今回のツアーグッズの他に、CDやDVDを販売しており、購入者は嵐のミニうちわが貰える。また、ショッピングセンター内にも嵐の看板がいくつも設置されていて、現地の人がその前で記念撮影する光景も。街中に溢れる嵐のお祭りムード。
さらに、ワイキキにあるロイヤル・ハワイアン・センターではツアー参加者だけが見れるスペシャル映像「ARASHI THEATER~第1回クイズ!嵐Legendは誰だ!? in Hawaii~」を上映
映像では、嵐メンバーがそれぞれ嵐にまつわる問題を出題し、出題者以外のメンバーが回答。嵐に一番詳しい、“嵐Legend”を決定するというもの。ここで最下位になった大ちゃんがハワイコンサートで5年ぶりにバク転を披露することが決定したのだ。

会場エリアにはあのクルーザーもお目見え
コンサート会場はワイキキから車で1時間ほどの場所コオリナ。当日はリストバンド型のチケットを引き換え、送迎バスで会場に向かう。
そう、この時まで席がどこかわからないのだ。ジャニーズさん、徹底してます。
チケット引き換えの際にちょっと嬉しいサプライズ。嵐マークの入ったペットボトルのミネラルウォーターが貰えた。嵐マークも、亀などのモチーフもハワイらしくて可愛い!
そしてここで、会場で使う折りたたみの椅子も手渡された。コンサートが始まる前も、これでどこでも座って休憩ができる。
コンサート会場のエリアにも、ツアー参加者が楽しめるスポットが。ウエルカムブースやHITACHIブースで抽選に参加したり、嵐5人の等身大パネルと一緒に写真撮影! もちろんここでもツアーグッズを販売。
現地のスタッフさんなので、英語でのやりとり。英語&ドルマネーで嵐グッズを買う日がくるとは……!
そして、あの伝説の記者会見を行ったクルーザーがお目見え!
15年前、本当に嵐が乗ったものを見つけてきたそう。近くには当時の様子を掲載したスポーツ新聞の記事も展示していた。
また、ハワイの青空の下、今までのツアーTシャツが洗濯物のように干されていた。
How's it going? ツアーの “どうなのよ?” TやDream-A-liveツアーのいもむしデザインなど、懐かしさと並んだ歴史に感慨深くなる。
大ちゃんのソロコンサート「3104」のTシャツも!

15周年の嵐は“色気”がすごい
15周年の嵐は色気がすごい!
嵐マークのチャーム付きレイで歓迎され、野外に設営された特設会場へ。
いよいよ始まるハワイコンサートに胸が高鳴り、緊張する。
スクリーンには今までのシングルのPVが流れ、どこから嵐が登場するのかとソワソワしていると、バタバタバタと上空から音が……まさか、これはヘリ!?
頭上をヘリが旋回。スクリーンにヘリの中の映像、サングラスをかけた嵐たちが映しだされ歓声が沸き起こった。
ヘリから降り立ち、サングラスを外して颯爽と登場する姿はまさにスター!デビュー曲「A・RA・SHI」から、「Lucky Man」「五里霧中」とオープニングから会場が一体となって沸き立つナンバーで一気に盛り上げる。
そしてハワイ、というか夏の海にぴったりな「ハダシの未来」でこちらの緊張もほぐれたと思ったところで、なんと「PIKA☆NCHI」。
この「PIKA☆NCHI」がやばかった。2002年の発売当時は、まだアイドルに反抗するような、若さゆえのいきがっていた雰囲気が楽曲と合っていてそれも良かった。だが、そこから10年経った大人の嵐の「PIKA☆NCHI」は別物だった……!
クラクラするような色気とかっこよさ! 今の嵐はこんなにカッコいいの? と衝撃をうけるくらいカッコいい。大人の「PIKA☆NCHI」は必見。早くDVD&Blu-rayで観たい。
今回のハワイならではの曲となったのが「マイガール」と「Everything」。この2曲を、海を背にするサイドステージへ移動し、ハワイアンアレンジでお届け。綺麗な夕焼けと嵐と椰子の木のシルエットが本当に素敵で、ハワイの野外ステージだからこそ観ることができた光景にうっとり。
「Summer Splash!」では「やっぱりハワイも最高じゃーん!」と翔くんが歌詞をアレンジし、「CARNIVAL NIGHT part2」は5年ぶりとは思えない華麗なバク転を決めた大ちゃんの姿に歓声があがった。
嵐自身が15年を振り返る言葉にファンも涙
今回のコンサートでは、合間に嵐メンバーのインタビューVTRを演出で挟んでいた。
「一歩一歩階段を上がっていってのドームだったから、ファンの子も嬉しかったんじゃないかな(大野)」「また夢がひとつ叶った瞬間(松本)」。
デビューの年、アジアツアー、5大ドームツアー、国立競技場コンサートなど、嵐にとって大きな変化、進化を遂げた出来事についてそれぞれが語るVTRでは、当時を振り返るメンバーの言葉に涙するファン。
しかし、体調を崩していた2002年のハワイファンツアーのリベンジ、と張り切っている相葉ちゃんが喋る場面ではたびたび笑いが。少し気合が入りすぎているよう(笑)。
また、10周年を迎えたときの気持ちやコンサートについての想いも語られ、その中で「嵐っていう普通の男の子たちが、ある一定の条件を満たすと神格化する。その一定の条件がコンサート」と語ったにの。
これを自分で言っちゃう? と少しくすぐったくもあったが、本当にその通りで、納得してしまう言葉であり、印象に残った人も多いと思う。
涙があふれる…5人からファンへのメッセージ
やっぱりこの5人でよかった! 感動のステージ
VTRの終盤「まだまだ踊れます(大野)」「歌って踊ることが一番初めにやったことで、嵐の原点(相葉)」「いつまでも踊る、それが目標(松本)」と歌って踊ることへの熱い想いを語り、そこからの「Monster」!
さらにダンスだけで会場を魅了するアクセントダンスに「誰も知らない」「P・A・R・A・D・O・X」と嵐史上最高のカッコよさを見せつける彼ら。
「GUTS!」「感謝カンゲキ雨嵐」といった会場と一体になる嵐らしいナンバーで本編は終了したが、30歳を超えてもキレを増し、色気まで感じさせる“踊る嵐”が印象的な15周年のステージだった。
最後の挨拶では大ちゃんが号泣。
それにつられ相葉ちゃんも泣き出し、松潤も感極まって泣いてしまうという展開にファンからは声援がおくられた。
15年前の不安や葛藤を語り、でも今はその不安はない、と言ってくれた嵐。こんなに大きな会場になっても、ファンに感謝してくれている姿勢が伝わってきて、本当に応援してきて良かったと心から思わせてくれる。
翔くんは「嵐のファンで良かったと思ってもらえるように」と節目節目でいつも言ってくれる決意を。
大ちゃんは泣きながら「16年目からも共に人生を歩んでいきましょう」とプロポーズのような言葉を。
相葉ちゃんは「メンバーに出会って、みんなに出会って、僕の人生が100万倍楽しくなりました」とファンも思っている同じ気持ちを。
松潤は「皆さんのおかげでここまでこれました。皆さんなしでは出来ないことだったから」とみんなに感謝を伝えた。
そして、“自分たちがだたやりたいことじゃなく、ファンのみんなが満足してくれることじゃないといけない”、そんな風に思ってくれていることを珍しく真面目に話し、「みんなを信じてやってきたら、ここに立ってました」と真っ直ぐな感謝の言葉をくれたにの。
節目の時は本当にいいことを言ってくれます。
また中盤で流れたVTRでも、最後の挨拶でも、「5人で」という言葉が多く出てきた嵐の発言。それがファンにはとても嬉しく、15年の時を共に過ごし、結束が強まったことを感じさせた。
アンコールの「season」ではスクリーンにデビューからのメンバーの写真が次々と流れていき、最後は“Big Love&Thank You 嵐”の文字と、15年前と同じ場所で撮影した現在の嵐の写真で締めくくった。
嵐メンバーもファンも、15年という歳月を振り返ることができた今回のハワイコンサート。改めて、嵐がこの5人で本当に良かった! と観ていた誰もが思ったはず。
もちろん、16年目からもついていきます!
記念のハワイも無事に終了した、とゆったり余韻に浸っているが、10月、11月とハワイで収録した特番が目白押し。嵐ファンは、まだまだ気を抜けない。
<2014.9.19-20『ARASHI BLAST in Hawaii』コンサートセットリスト>
1. A・RA・SHI
2. Lucky Man
3. 五里霧中
4. ハダシの未来
5. PIKA☆NCHI
6. PIKA★★NCHI DOUBLE
7. Love so sweet
8. Oh Yeah!
9. きっと大丈夫
10. Step and Go
11. Happiness
12. Believe
13. 5×10
14. マイガール(ハワイアンVer.)
15. Everything(ハワイアンVer.)
16. Summer Splash!
17. CARNIVAL NIGHT part2
18. Monster
―アクセントダンス―
19. 誰も知らない
20. P・A・R・A・D・O・X
21. Your Eyes
22. 迷宮ラブソング
23. Troublemaker
24. ワイルド アット ハート
25. GUTS !
26. 感謝カンゲキ雨嵐
~アンコール~
27. Season
28. Bittersweet
29. エナジーソング~絶好調超!!!!~
30. A・RA・SHI

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着