【関ジャニ∞】興行規模ランキングで
1位! 躍進の理由は「ライブ」へのこ
だわりだ

現在「関ジャニ∞LIVE TOUR JUKE BOX」真っ最中の関ジャニ∞。今年9年目を迎える彼らだが、じつは2012年度の興行規模ランキング1位を記録した剛腕だった!ぴあが調べた「ライブ・エンタテイメント調査レポート」(発行:ライブ・エンタテイメント調査委員会)をもとに、そのワケを分析します。

現在、2013年10月16日に発売されたアルバム『JUKE BOX』を引っさげ、全国5大ドームツアー「関ジャニ∞LIVE TOUR JUKE BOX」を“全力前進ジャジャジャジャーン”と疾走中の関ジャニ∞。メンバー村上と丸山は、ラジオ『レコメン』で「今回のツアーは東京ドーム初日からこれまでにない一体感」「勝ち点3点取った感覚だ」と語り、メンバーにとっても絶好調の走り出しのようだ。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
『ライブ・エンタテイメント調査レポート』(発行:ライブ・エンタテイメント調査委員会)によると、SMAPMr.Children・嵐などの競合をおさえ「2012年興行規模ランキング」第1位を飾ったのは彼ら、関ジャニ∞だった。(※興行規模=公演回数×各会場の最大収容人数。実際の動員数とは異なります)
ちょっと残念な熱〜いオトコの生き様を歌わせたら右に出るものがない彼らだが、「あおっぱな」を垂らし「へそ曲がり」でおちゃらけたイメージを払拭する、実績をともなった実力派アーティストへと成長した。下積み時代に培った雑草魂が、ここ数年、一気に開花したようだ。
ところで、前年の2011年には興行規模10位を記録していた関ジャニ∞が、なぜ1年の間に第1位へと躍り出たのだろうか。その躍進劇のワケにせまってみよう。

2012年、公演回数60回を記録……!
横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義――。
7人のメンバーの強烈な個性がぶつかりあい、レインボーカラーの世界観を爆発させる関ジャニ∞のライブパフォーマンス。そんな彼らのライブ興行規模が2012年、ポップスのアーティストランキングで1位の94.7万人を記録し、2位のSMAP(90.6万人)、3位のMr.Children(76.6万人)を上回る剛腕さを見せつけてくれた。
なにより注目すべきは、その驚くべき公演回数だ。2位のSMAPが21回、3位のMr.Childrenが20回に対して、関ジャニ∞はなんと60回……!
たとえば4位の嵐はファンクラブ会員数で関ジャニ∞を上回るものの、5大ドームツアー(各3日間)であったため公演回数は15回にとどまった(66.6万人)。 2位のSMAPは5大ドーム、とくに東京ドームの5日間公演と味の素スタジアムを2日間が興行規模につながったようだ。また3位のミスチルはツアー「MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012」を4月から年末まで定期的に敢行したこと、5大ドームにくわえ西武ドームやさいたまスーパーアリーナなどでのライブ公演が、76.6万という規模につながったとみえる。
関ジャニ∞は「コンサート」ではなく「ライブ」
一方で関ジャニ∞は2012年、東京・味の素スタジアムからスタートし、大阪・静岡・新潟・福井・広島・宮城・北海道・福岡・名古屋・そしてホームの大阪・長居陸上競技場へと全国を周回。「地元にエイトが来る」という感覚が、よりライブへと足を運びやすくさせたようだ。
ところで、TVや映画出演で多忙な彼らが、なぜここまで多くの公演を行ったのだろうか?そのワケは、2012年が関ジャニメンバーからファンへの「感謝の年」であったことと、彼らのライブへのこだわりが関係しているようだ。

「8周年」は大事な年――「感謝を伝えたい」とお宝映像も大放出しライブで恩返し
バンド演奏やメンバー作詞作曲の楽曲、カラダを張ったコントや予想の“ななめ上”を行く演出が惜しみなく発揮されるエイトのライブは、TVやCDでは伝わらない彼らの魅力を最大限に活かす場所だ。一度訪れたらそのギャップに魅了されることはまちがいない。
通常ジャニーズは「コンサート」という言葉を使うが、関ジャニ∞はメンバー自ら「ライブ」と呼び、強いこだわりをもっている。
息をつく間もなくボケとツッコミが行き交う爆笑の空間、一瞬一瞬目が離せない緊迫感、一切妥協しない真摯な姿、年々レベルアップするバンド演奏。そこは笑いと興奮が渦巻く不思議な空間だ。
決して順風満帆にきたわけではない彼らだが、長い下積み時代をともにのりこえ「戦友」として闘ってきたメンバー同士の結束が、アイドルというジャンルを超えたライブ空間を作り出すのかもしれない。

そんなエイトとエイターにとって、2012年は関ジャニ∞結成「8周年」を迎えた節目の年だった。以前からメンバー自ら「8周年にこだわりたい」と語っていたように、5大ドームにくわえアリーナ、スタジアムでのライブを敢行。もちろん彼らの魅力はそれだけではない。ファンを「エイター」と呼び、つねに感謝の気持ちを忘れない姿も大きな魅力のひとつだ。
アルバム『JUKE BOX』に集録されている楽曲『All is well』は、作曲:安田章大、作詞は関ジャニ∞メンバー全員で書き上げた。ラブソングのかたちでエイターへの感謝を歌った一曲となっている。
その日にしか見られない「一回性」が特徴
それだけに留まらず、滞在型イベント『∞祭(はっさい)』は約20万人を動員。限定ライブパフォーマンスにくわえ、メンバーの私物展示などファン発狂寸前のイベントを開催し、事実発狂するエイターが続出した。
また「エイトの日」である8月8日に京セラドーム大阪で行った無料イベント『すごはち』では、ファンが選んだ曲ベスト5を熱唱するなど、こちらも涙腺崩壊の大盛況で幕をおろした。
デビュー当時からライブであたためてきた曲『Cool magic city』『大阪ロマネスク』『旅人』『torn』などを詰め込んだセットリスト、メンバーのバックにデビュー当時のなつかし映像を映し出した珠玉の演出は、エイターにとって「福袋」と「お年玉」の合わせ技のようなプレゼントとなったことだろう。
この2012年ライブの様子はDVD『KANJANI ∞LIVE TOUR!! 8EST〜みんなの想いはどうなんだい?僕らの想いは無限大!!〜』に収録されている。

まるで「ライブバンド」?!――草の根で育まれたライブパフォーマンスが凄い
このように、「エイターへの感謝」を伝えるべく、ありとあらゆるサプライズをおこなったことが公演回数60回を記録する結果につながったようだ。
もちろん、これだけ多くの公演をこなすためにはそれに見合う動員数、つまりたびたび足を運ぶファンの存在が不可欠だ。歌・ダンス・バンド・笑い・作詞作曲をこなすパフォーマーとして、彼らが成長したことは間違いない。
『LIFE』(2010年)『マイホーム』(2011年)『愛でした。』(2012年)などの立て続けにバンドスタイルのシングル曲をリリースし、テレビでも積極的にバンド姿をみせるようになったことで、エイトの新たなイメージも定着しつつある。
そんな彼らのパフォーマンスには、いわゆる「ライブバンド」のような側面が大きい。CDではなく生のライブこそ本領発揮する「ライブバンド」という言葉だが、彼らにとってそれは歌とダンスだけに留まらない。
趣向を凝らした演出や演奏、MCにコントなど、その日にしか見られない「一回性」が特徴だ。
たとえば、「まるちゃん」の愛称で親しまれるメンバー、丸山隆平のオハコである「一発ギャグ」。ときには会場全体が凍り付くほど「スベリ」、またときには5万人を爆笑させるのはジャニーズの域を超えた職人芸だ。ライブごとに新作が披露され、足を運んだ日によって色々なギャグをみることができるのも面白い。
またつんく♂に「声量がすごいね」「しかし、すばる、歌うまいね」と唸らせたメインボーカル、渋谷すばるの生歌も圧巻だ。圧倒的な歌唱力はもちろんのこと、エイターを喰らいそうな猛獣の表情でR指定の色気を醸し出す。そうかと思えば、「ちっさいおっさん」とツッコまれる関西のおっさんの表情を見せたりと百面相だ。
ファン増加の一因は「男子エイター増加」にあり?
ファン獲得の背景――「男のエイター」の心もわしづかみ
昨年は紅白にも出場した彼らだが、ここ数年でファンを次々と獲得しているのはなぜだろうか。TV番組のレギュラー本数が増え、メンバーの単独仕事も増えている中、とくに話題をさらったのが映画『エイトレンジャー』の公開だ。
これも「8周年」サプライズの一環として公開されたが、もとは横山裕がライブのコントとして考案し、初期のライブから続けていたもの。当初は子どもの工作さながらの手作り感溢れる「つなぎ」スタイルだったが、映画でホンモノのヒーローのように活躍する姿がエイターの目に涙を浮かべたことだろう。
最後に、男性ファンである「男のエイター」の増加にも注目しておきたい。ライブがスタートし、「男のエイター!」という村上信五の煽りに応える「ウオオオオオ!」というリプライは年々大きさを増しており、現在ではもはや雄叫びさながらである。
上っ面ではなくガチンコでぶつかってくる男臭さと、地を這うような努力、そしてつねに忘れない「感謝の気持ち」は男心までもノックアウトしてしまっているらしい。一見「ダサイ」ようなことも、全力でやり切るからこそカッコイイのだ。
ライブ会場には、男性ファンがメンバーのうちわを持参している姿や、ライブTシャツを着て男同士で訪れる姿もみられる。なかには、ハードボイルド風「おじさまエイター」や、小さな「お子さまエイター」の姿も。老若男女問わずファンを獲得しているのが関ジャニ∞らしい。
全力前進でエイターを驚かせつづける関ジャニ∞――。「俺もメンバーに入りたい!」とうならせるような仲の良さで、今後もライブパフォーマーとして進化していく様子に期待したい。

関ジャニ∞・最新全国ツアー
『関ジャニ∞ LIVE TOUR JUKE BOX』チケット好評発売中![http://j.mp/18cywhM]
12月14日(土) 札幌ドーム
12月21日(土)・22日(日)・23日(月・祝) ナゴヤドーム
1月1日(水・祝) 福岡 ヤフオク!ドーム
1月2日(木) 福岡 ヤフオク!ドーム
1月17日(金)・18日(土) <追加公演>・18日(土)・19日(日) 大阪ドーム(京セラドーム大阪)
※受付前、売り切れ公演あり。詳細はご確認ください。
関連リサーチ実施中!
関ジャニ∞、歴代アルバムどれがいちばん好き? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18568 ]
関ジャニ∞、いつからファンになった? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18570 ]
関ジャニ∞、歴代ライブDVDどれがいちばん好き? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18614 ]
関ジャニ∞、ライブにこれまで何回行った? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18569 ]

こちらのレポートもどうぞ!
<嵐リサーチ>を徹底分析! デビューから13年、止まることなく輝き続ける嵐の軌跡 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10286 ]
Sexy ZoneKis-My-Ft2A.B.C-Zらが興奮&暴走!?『BAD BOYS J』男祭りロングレポ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18089 ]
SMAPをリサーチ&名古屋ライブレポで徹底分析! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/9467 ]
"生"で会いたい旬なイケメンたちが大集合!『ナマメン』エンタメ情報まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/18377 ]

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着