2018年8月22日 at 新木場STUDIO COAST 撮影:古溪一道

2018年8月22日 at 新木場STUDIO COAST 撮影:古溪一道

【ライヴレポート】
『UKFC on the Road 2018』
2018年8月22日
at 新木場STUDIO COAST

■BIGMAMA(FRONTIER STAGE)

撮影:AZUSA TAKADA

撮影:AZUSA TAKADA

昨年、現在のメンバーとなってから10周年を迎え、自身初となる日本武道館でのワンマンライヴを大成功に収めたBIGMAMAが今年も『UKFC』にやってきた。1曲目の「荒狂曲“シンセカイ”」からバンドの熱をさらに煽るような手拍子でオーディエンスに歓迎され、3月にリリースしたメジャー第一弾シングル「Strawberry Feels」から軽快な「POPCORN STAR」に雪崩れ込み、会場を十分に沸かせたところで“BIGMAMAです。よろしくお願いします”(金井政人/Vo&Gu)と挨拶。「MUTOPIA」「ファビュラ・フィビュラ」とライヴで定番の楽曲を矢継ぎ早に放ち、「秘密」では緩急のある展開でBIGMAMAの音世界の深みに誘い、「CPX」ではイントロからダイバーが多発と白熱の展開。最後には“また会いましょう”と言葉数は少なめに、最初から最後まで真正面からぶつかった熱量の高いライヴパフォーマンスで圧倒的な存在感を示した。
text by 高良美咲

セットリスト

  1. 1. 荒狂曲“シンセカイ”
  2. 2. Strawberry Feels
  3. 3. POPCORN STAR
  4. 4. ヒーローインタビュー
  5. 5. MUTOPIA
  6. 6. ファビュラ・フィビュラ
  7. 7. 秘密
  8. 8. CPX

■ウソツキ(FUTURE STAGE)

撮影:古溪一道

撮影:古溪一道

リハーサルでディズニーの「アンダー・ザ・シー」をアレンジし、まずは和やかなムードを作ったウソツキ。昨年は最後に演奏した「新木場発、銀河鉄道」を1曲目に演奏し、夏にぴったりなラブソング「ボーイミーツガール」につなげた。竹田昌和(Vo&Gu)の“早く[ALEXANDROS]観たいでしょ?”というひと言で笑いが起きる場面もあり、その人懐っこい雰囲気がさらに視線を集める。9月にリリースされる3rdフルアルバム『Diamond』について““ウソツキ”がリリースする“Diamond”だから“偽物”なんです。でも、本物よりも美しいものにしたい”と語り、ひと足お先に収録曲「夏の亡霊」を披露。ムーディーなサウンドと透き通るような歌声で複雑な恋心を届け、最後は代表曲のひとつ「一生分のラブレター」で爽快に締め括った。
text by 千々和香苗

<SET LIST>

  1. 1.新木場発、銀河鉄道
  2. 2.ボーイミーツガール
  3. 3.夏の亡霊
  4. 4.名もなき感情
  5. 5.一生分のラブレター

■[ALEXANDROS] (FRONTIER STAGE)

撮影:河本悠貴

撮影:河本悠貴

つい1週間前にZOZOマリンスタジアムでのワンマンを大成功させた[ALEXANDROS]は、登場から大歓声を浴びて新曲「Last Minute」からスタート。川上洋平(Vo&Gu)の伸びやかな美声が響き、「city」「Starrrrrrr」で盛り上げたあとの「ハナウタ」では壮大なメロディーに胸がいっぱいになる。年々貫禄が増す彼らのライヴを手が届きそうな距離で観られるのも『UKFC』ならでは。“距離が近くていい”と話した川上は大合唱をするフロアーに身を乗り出して頷き、磯部寛之(Ba&Cho)は“めっちゃ楽しみにしてた。今後も育ってほしい”と語るなど、年に一度のこの日を大切にしていることが伝わる。また、映画『BLEACH』の主題歌「Mosquito Bite」の張り詰めた空気も絶品で、久々の対バンに“同じ事務所でも喧嘩を売りに来てるので”と宣言した通りフロアーの熱気は高まるばかり。来場者に感謝を告げたラストのナレーションまで高揚感たっぷりのステージだった。
text by 千々和香苗

<SET LIST>

  1. 1.Last Minute
  2. 2.city
  3. 3.Starrrrrrr
  4. 4.ハナウタ
  5. 5.I Don’t Believe In You
  6. 6.Mosquito Bite
  7. 7.Kick&Spin→Adventure

■Helsinki Lambda Club
(FUTURE STAGE)

撮影:古溪一道

撮影:古溪一道

こまでのライヴの熱気と余韻が充満する中で、我関せずと自分たちのスタイルで魅せたのがHelsinki Lambda Clubだ。まずは軽快なロックナンバー「Skin」で掴みはばっちり。定番曲「ユアンと踊れ」でグルービーにキメると、ミディアムテンポの「King Of The White Chip」へ。“自由に踊りましょう。よろしく”と挨拶もそこそこに、オールドスクール要素と新鮮味が入り混じった絶妙なナンバー「PIZZASHAKE」につなげ、メンバーもラフにこの場を楽しんでいるようだった。8月に配信リリースした「Jokebox」も爽快なサウンドが心地良く、「This is a pen.」のコーラスは気持ちを高揚させたりと、その抜群のセンスが会場の後ろのほうまでも酔わせていく。淡々としているようでロマンあふれる8曲をじっくりと堪能した。
text by 千々和香苗

<SET LIST>

  1. 1.Skin
  2. 2.ユアンと踊れ
  3. 3.King Of The White Chip
  4. 4.PIZZASHAKE
  5. 5.Jokebox
  6. 6.Lost in the Supermarket
  7. 7.素敵な負け犬
  8. 8.This is a pen.

■the telephones(FRONTIER STAGE)

撮影:AZUSA TAKADA

撮影:AZUSA TAKADA

2015年11月の活動休止以来、3年振りの『UKFC』出演となったthe telephones。今年はさいたまスーパーアリーナで5月に行なわれた『VIVA LA ROCK』と本公演のみの出演とのことで、ステージに姿を現した瞬間に歓声と拍手が沸き起こり、石毛 輝(Vo&Gu&Syn)が“We are the telephones! 帰って来たぞー!”と叫ぶと、「D.A.N.C.E. to the telephones」で一気に会場がダンスフロア―と化する。2008年の1stアルバム『JAPAN』からの「DaDaDa」といった懐かしい選曲もこの日ならではだろう。そして、“俺たちは躍らせることしかできないから…”(石毛)とディスコナンバーを連発すると、再会の喜びを分かち合うようにオーディエンスのコーラスが響き渡る。幸福感に包まれる中、本編ラストの「Urban Disco」に…と思いきや、石毛がギターをミュートしていてやり直しになったのも実にthe telephonesらしいハプニングだった。鳴り止まない拍手に応えたアンコールでは、“バンドのわがままを受け入れてくれてありがとう”と活動休止からこの日までのことを語り、メジャーデビュー10周年を迎える2019年は“お祝いされたくて、来年には結構活動しようと思います!”と宣言すると、場内に割れんばかりの歓声と拍手が響く。まずは2月から、これまでに行ったことのない佐賀・島根・奈良・和歌山という地方4カ所を巡ることを発表すると、先ほどの言葉で期待が高まり切っていた会場からは何とも言えない微妙な反応が(笑)。とはいえ、次の再会の約束ができたことで、最後にフロアーを風船が覆い尽くした「Love&DISCO」は誰もが幸せそうな笑顔に満ちていた。
text by 高良美咲

<SETLIST>

  1. 1. D.A.N.C.E. to the telephones
  2. 2. Yeah Yeah Yeah
  3. 3. DaDaDa
  4. 4. RIOT!!!
  5. 5. Homunculus
  6. 6. A.B.C.DISCO
  7. 7. Keep Your DISCO!!!
  8. 8. Urban Disco
  9. <ENCORE>
  10. 1. Monkey Discooooooo
  11. 2. Love&DISCO
この日のFRONTIER STAGEには『UKFC』第1回目の出演者が揃っており、それぞれのアーティストが成長&復活を遂げてまたここに集まったことは、強い絆はもちろん、活きの良い若手バンドもこれから前に立って担っていくであろう『UKFC』のさらなる未来を予感させたのであった。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着