w-inds.「挑戦を続けたい」初のセル
フプロデュースアルバムで挑んだツア
ーファイナル・ライブレポート

「w-inds.らしさ」と「新しさ」が交差
する圧巻のステージング

セクシーなサックスソロが鳴り響き、ライトが落ちると、ファンの歓声とともに3人が登場。新アルバムの1曲目「Bring back the summer」からライブは始まる。メインボーカル・橘慶太(以下、慶太)が高音ボイスでメロウなチューンを歌い上げると、続いて「In Love With The Music」、「Show You Tonight」と、ディスコナンバーで畳み掛け、会場のボルテージはどんどん上昇。そこから緩急をつけて「All my love is here for you」、「I missed you」と新アルバム『100』の曲を披露した。
冒頭から勢いよく新しいw-inds.を魅せてくる中で次に演奏されたのは意外にも2002年に出した通算4枚目のシングル「try your emotion」。w-inds.初期に出されたこの曲が、抜群に洗練されたバックバンドによって、ジャジーにアレンジされていたのは驚きであり、彼らが表現したい「自由さ」を感じた。
MCで「懐かしいナンバーを。」と言うと、13枚目のシングル「四季」を披露し、昔からずっと変わらないw-inds.の姿を見せた。すると今度は一転、緒方龍一(以下、龍一)と千葉涼平(以下、涼平)のラップナンバー「A Trip In My Hard Days」が始まる。生のサックスが入ることで格段にオシャレ度が増したバックミュージックに、二人の力強く聴き心地の良いラップが乗ることで、会場にはいつしかリラックスした雰囲気が広がっていた。
続く「Do Your Action」、「Celebration」では涼平がキーボード、龍一がギターを弾き、次の「The Right Thing」では、今度は慶太がキーボードを弾き語りする中、涼平と龍一がそれぞれの個性を出したラップを乗せていくという、ダンスボーカルユニットの枠に収まらない自由なパフォーマンスを披露。この後、前作のアルバムから龍一が「ORIGINAL LOVE」を、涼平が「In your warmth」をそれぞれソロで歌い上げ、その後ピアノの音が流れると、「TOKYO」をしっとりと歌い始めるなど、ステージングのバリエーションに目を見張った。
”いつものような”リラックスしたコミカルなMCもw-inds.のライブの見所。話題は自分たちの魅力についての展開となり、龍一が「やっぱりルックスかな〜」と言うと、慶太がすかさずツッコミを入れる中で、ダンス、音楽、などが挙げられていき、最後には「やっぱり仲の良さかな!」と結論づけ和やかなムードに。そんな流れから「十六夜の月」、「Long Road」、「SUPER LOVER~I need you tonight~」とライブ定番曲を連続で熱唱。会場全体での大合唱が湧き起こり、観客たちのライトが3人の振り付けとぴったり合うように揺れるなど、まさに文字通り会場がひとつになった瞬間だった。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着