MUSE

MUSE

MUSE、80年代映画のオマージュ
あふれる「プレッシャー」MV公開

11月9日にリリースされるMUSEの新作アルバム『シミュレーション・セオリー』の収録曲、「プレッシャー」のMVが公開された。

「ディグ・ダウン」以降に公開された計4曲のMVと同様、ランス・ドレイクがディレクションを担当。映画俳優のテリー・クルーズがゲスト出演しており、80年代の名映画が散りばめられ、当時のクラッシックポップカルチャーを反映している。

アルバム『シミュレーション・セオリー』の日本盤は、11曲入りの通常盤の16曲入りのデラックス盤がリリース。デラックス盤にはエクストラトラックとして、「ディグ・ダウン」のアコースティックゴスペルバージョンや、「アルゴリズム」「ザ・ダーク・サイド」のオルタネイトリアリティーバージョンなどが収録される。

あわせてMUSEは2019年のイギリス、ヨーロッパ、北米ツアーの日程を発表。他の地域については現時点では未発表となっている。

「Pressure」MV

アルバム 『シミュレーション・セオリー』2018年11月9日発売
    • 【デラックス盤】
    • WPCR-18124/¥2,700+税
    • <収録曲>
    • 1.アルゴリズム
    • 2.ザ・ダーク・サイド
    • 3.プレッシャー
    • 4.プロパガンダ
    • 5.ブレイク・イット・トゥ・ミー
    • 6.サムシング・ヒューマン
    • 7.ソート・コンテイジョン
    • 8.ゲット・アップ・アンド・ファイト
    • 9.ブロケイズ
    • 10.ディグ・ダウン
    • 11.ザ・ヴォイド
    • 12.アルゴリズム(オルタネイトリアリティーバージョン)
    • 13.ザ・ダーク・サイド(オルタネイトリアリティーバージョン)
    • 14.プロパガンダ(アコースティックバージョン)
    • 15.サムシング・ヒューマン
    • 16.ディグ・ダウン(アコースティックゴスペルバージョン)
    •  
    • 【通常盤】
    • WPCR-18125/¥2,400+税
    • <収録曲>
    • 1.アルゴリズム
    • 2.ザ・ダーク・サイド
    • 3.プレッシャー
    • 4.プロパガンダ
    • 5.ブレイク・イット・トゥ・ミー
    • 6.サムシング・ヒューマン
    • 7.ソート・コンテイジョン
    • 8.ゲット・アップ・アンド・ファイト
    • 9.ブロケイズ
    • 10.ディグ・ダウン
    • 11.ザ・ヴォイド
MUSE
アルバム 『シミュレーション・セオリー』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着