【Fred Perry Subculture】数々のヒ
ット曲を送り出す人気DJ/プロデュー
サー・tofubeatsのプレイリスト

tofubeatsが選ぶブリティッシュ・サブ
カルチャーを巡るプレイリスト

今回のゲストはDJ/プロデューサーとして活躍しながら、自身の楽曲も積極的にリリースを続けるtofubeats

彼がインスピレーションを得たという、ビートルズ(THE BEATLES)の「Let It Be」のアレンジも手掛けたイギリスのプロデューサーであるリチャード・アンソニー・ヒューソン(Richard Anthony Hewson)のソロプロジェクトであるThe RAH Bandの「Pefumed Garden」や、ザ・エックス・エックス(The XX)ののリミックスを手掛け、2017年にはイギリスでもっとも優れたアルバムに贈られるマーキュリー賞を受賞したサンファ(Sampha)の「Can’t Get Close」など、全24曲をセレクトされています。
フレッドペリー・サブカルチャーのwebサイトでは、プレイリストの他に彼の音楽のルーツや楽曲にまつわる思い出のエピソードがより詳しく掲載されたインタビュー記事を公開中なのでぜひチェックしてみてください。

Fred Perry Subculture Interview Page 名前:tofubeats(トーフビーツ) 神戸在住のDJ/プロデューサー。2013年に「Don’t Stop The Music」でメジャーデビューし、森高千里や藤井隆など様々なアーティストとコラボレーションした楽曲も発表している。 トーフビーツのブリティッシュ・サブカルチャーを巡るインタビューはこちら。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着