映画『移動都市/モータル・エンジン
』LotRのピーター・ジャクソン製作の
冒険ファンタジー

映画『移動都市/モータル・エンジン』が、2019年3月1日(金)より全国公開となる。『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』3部作の制作陣が、イギリス作家フィリップ・リーヴの小説「移動都市」を映像化。
原作は、イギリス人作家フィリップ・リーブによるベストセラー・SFファンタジー小説『移動都市』。今回、製作・脚本に、世界的なブームを巻き起こした『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』3部作で知られるピーター・ジャクソンを迎え、実写化される運びとなった。また、ピーター・ジャクソンの右腕として、『キング・コング』で第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リバースが、本作で長編映画初となる監督デビューを果たす。
物語の舞台は「60分戦争」と呼ばれる戦争の数百年後の世界。戦争の結果荒廃しきったこの世界では、人々は地上を這う巨大な移動型都市に住み、他の都市を“喰う”ことによって資源を奪いながら生活している。襲われた都市は、ガット(腸)と呼ばれる都市の最下層部で分解・リサイクルされてしまい、残った住人は奴隷として労働を強いられることとなる。
とある目的を果たすため巨大な移動都市・ロンドンに潜入した主人公の少女ヘスターは、そこに住む青年トムに出会い、街を率いる強欲な主導者と、彼らに反発し今一度地上に戻ろうとするレジスタンスとの壮大な戦闘に身を投じていく。
主人公の少女へスター役を務めるのは、『アンナ・カレーニナ』でハリウッド進出を果たし、海外ドラマ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』などでも活躍をみせる新鋭女優のヘラ・ヒルマー。また、へスターとともに壮大な戦いへと身を投じる青年トムを、俳優として『ムーン・ウォーカーズ』やドラマ『Misfits/ミスフィッツ 俺たちエスパー!』に出演するほか、プロデューサーとしても活躍するロバート・シーハンが演じる。
そのほか、『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』3部作において、人間とエルフの混血である重要キャラクター・エルロンド役を演じたヒューゴ・ウィーヴィング、『アバター』や『ドント・ブリーズ』のスティーヴン・ラングらも出演する。
日本語吹き替え版キャストには、主人公・へスターを演じる石川由依をはじめ、島﨑信長、大塚芳忠、大塚明夫、 朴璐美、嶋村侑、下野紘といった、若手とベテランを織り交ぜた豪華声優陣が集結する。さらに、津田健次郎井上麻里奈、銀河万丈、楠大典、寺依沙織といった面々が参加。劇中のキャラクター達の挑戦や葛藤を、人気声優陣がどのように表現していくのか、注目したい。
巨大都市が小さい都市を丸飲みするという、この世界を象徴するシーンも。その様子をただ見ていることしか出来ない主人公へスターの鋭い眼差しにはどんな思いが込められているのか?本作の壮大な世界観に期待が高まる、印象的な場面となっている。
映画『移動都市/モータル・エンジン』
公開時期:2019年3月1日(金)
監督:クリスチャン・リバース 
脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、ピーター・ジャクソン
原作:フィリップ・リーヴ「移動都市」(東京創元社刊)
製作:ゼイン・ワイナー、アマンダ・ウォーカー、デボラ・フォート、フラン・ウォルシュ、ピーター・ジャクソン
キャスト:ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘラ・ヒルマー 、ロバート・シーハン 、ジヘ、ローナン・ラフタリー、レイア・ジョージ、パトリック・マラハイド 、スティーヴン・ラング

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着