【プレイリスト連載】山﨑彩音セレク
ト『秋を感じるプレイリスト』銀杏B
OYZ、岡村靖幸、女王蜂など

山﨑彩音セレクトの秋を感じる曲

恋は永遠 / 銀杏BOYZ

山崎彩音のセレクトポイント:
80年代のアイドルが唄っていても違和感のないような曲。絶対的にグッとくるメロディーラインが爽快すぎて、ランニングしながらよく聴いている。「病んでも詰んでも 賢者でもバグっても 月面のブランコは揺れる」という歌詞がすごく好きで、やはりこの曲は80年代のアイドルではなくて峯田和伸さんが唄うべき曲なのだなと思うのであった。

だいすき / 岡村靖幸

山崎彩音のセレクトポイント:
この曲をアラームにしている。だから秋を過ごすわたしを起こしているのは岡村ちゃんなのである!他の曲だけど「季節とは君のために用意された絵の具なのさ」と唄って、“ヒュ~!!“となるのは岡村ちゃんだけだし、元気がない人はこの曲「だいすき」を聴いて踊りましょう。ハッピーラブソング!

DANCE DANCE DANCE / 女王蜂

山崎彩音のセレクトポイント:
秋の落ち着きやしんみり感に寂しくなってきた頃だと思います。そんなときは女王蜂をぶち込みましょう。とにかくアガります。最近わたしは踊ることで現実を乗り越えているので、こういう曲が大好きになりました。アブちゃんさんのファルセットに溶けそうになります。

Shine We Are! / BoA

山崎彩音のセレクトポイント:
幼稚園生の頃、大好きだったBoAちゃん。当時は近所のお姉ちゃんたちが貸してくれたアルバムをMDに焼いて聴いていた。曲名までは覚えてない曲が多かったものの、歌詞は体に染み付いており、自然と歌えることにビックリ。この「Shine We Are!」すごくイントロが印象的で好きだったのです。気持ちが前向きになる曲。

毎週更新!山﨑彩音の秋を感じるプレイ
リスト

INFORMATION アルバム「METROPOLIS」リリースパーティー Salon de by Yayavsky 10月27日(土)新宿レッドクロス 開場 17:30/開演 18:00 出演:山﨑彩音/betcover!! 前売り 2,000円(ドリンク代別)

山﨑彩音 Profile 15才から東京、神奈川の有名ライブハウスで活動。16才の時にファーストEP『Yer』をライブ会場と通信販売のみで発表。声と言葉。全曲詩先による作風。 2016年、FUJI ROCK FESTIVAL 2016 にシンガーソングライター史上最年少で出演を果たし、2017年にはファーストミニアルバム 『キキ』 を発売。 FM横浜『KANAGAWA MUSIC LAND』 レギュラー・パーソナリティーを担当するなど多方面での活躍をみせる。2018年7月、フォーライフミュージックエンタテイメントよりファーストアルバム『METROPOLIS』でメジャー・デビュー。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着