【プレイリスト連載】DJ BAKUセレク
ト『秋・BBQ・CAMPにてオススメの曲

DJ BAKUセレクトの秋を感じる曲

Last Train Home / Pat Metheny Group

DJ BAKUのセレクトポイント:
「ジョジョの奇妙な冒険」のエンディングテーマにもなりましたね。Pat MethenyのGroupのほうの名曲です。大自然の中で遠くをみると煙をモクモクと出した古びた列車が橋を渡っている…なんて絵が僕はこの曲で浮かびます。

And I Love Her / Pat Metheny

DJ BAKUのセレクトポイント:
こちらもPat Metheny。夜焚き火を囲んで仲間達と昔話をしながら、なんてシチュエーションに最高な1曲じゃないかと。Pat Methenyの音楽はインストゥルメンタルがほとんどなので、会話を邪魔しないものが多いかと。

Lucid Dreams / Juice WRLD

DJ BAKUのセレクトポイント:
亡くなったXXXTentacion、Lil Peepの追悼作品(いきすぎた若者が亡くなるのは悲しい事ですが、それもこれもHIPHOPのもつ要素ゆえ…)もリリースしたという彼。STINGネタという事でKIDSも大人も世代間を越えて、皆で聴いてみるのはどうでしょう。

Shape Of My Heart / Sting

DJ BAKUのセレクトポイント:
そしてその元ネタ「Shape Of My Heart」名曲は色褪せません。STINGのような格好いい年のとり方をしてみたいものです。しかしこの時代の音楽は音が良いですね。レコーディングにもお金がかかっている印象を受けます。

JAPONEIRA / DJ Baku,mabanua

DJ BAKUのセレクトポイント:
手前味噌でありますが、僕の3枚目のアルバム「JAPONEERA」より、つづり違いで花の「椿(ツバキ)」の意味を持つJAPONEIRA。mabanuaクンの優しいVocalが心地良いです。ピクニックにもどうぞ。

毎週火曜更新!DJ BAKUの『秋・BBQ・C
AMPにてオススメの曲』プレイリスト

DJ BAKU Profile 1978年東京生まれ。DJ/トラックメイカー/プロデューサー/ターンテーブリスト。 16歳のころにDJのキャリアをスタートさせる。1990年代後半に般若とRumiとともにヒップホップ・グループ、般若で活動。グループ解散後、1999年にみずから設立したレーベル〈DIS-DEFENSE DISC〉よりミックステープ『KAIKOO WITH SCRATCH 1999』をリリース。その後同レーベルからミックステープを数枚発表、自主レーベルながら総計30000本以上のセールスとなる。 2003年、MSCのデビュー・アルバム『Matador』に収められた「Matador Office」の制作を機にトラックメイカーとしての活動を開始。2005年、DJ BAKUと東京のインディペンデント・ミュージック・シーンをドキュメントした映画『KAIKOO/邂逅』のDVDが完成。2006年にはアルバム『SPINHEDDZ』(2008年にはSlipknotのDJ StarscreamやMarsVoltaのOmar率いるN2O RecordsよりUS盤もリリース)を、2008年にはダンス・ミュージックに本格的に挑戦したセカンド・アルバム 『DHARMA DANCE』を〈POPGROUP〉より発表、収録曲「AKBAH ATTACK」はBMX RIDER内野洋平によるPUMA CMやカンヌ国際映画祭出展作品にも使用されるなど話題となる。 翌年、日本を代表する12人のラッパーをフィーチャーした『THE 12JAPS』をリリース。同年、DJ BAKUが発起人となり〈POPGROUP〉が主催する都市型音楽フェス〈KAIKOO POPWAVE FESTIVAL’10〉を東京晴海客船ターミナル特設ステージで開催。2日間で1万人以上が集まり、2005年からはじまった同イベントで過去最大規模となる。近年は、いとうせいこうや七尾旅人とのコラボレーション、渋谷慶一朗ややくしまるえつこ(相対性理論)の楽曲のリミックス、KYONO(ex.THE MAD CAPSULE MARKETS)とのユニットの結成、アニソン DJ、ブローステップやダブステップを取り入れたDJプレイなど、ジャンルを越境した活動をますます積極的に行っている。また、韓国、台湾、フランス、ロシア、オーストラリア、ニュージーランドなどにも招聘され、海外のDJやラッパー、バンドらとも交流し国際的な活動も展開している。 2012年 音源を担当したTURNTABLE RIDERがLONDON INTERNATIONAL AWARD「フィルム部門」で海外賞を受賞。 2013年 6月、5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『JapOneEra』を発表。 2014年 未発表曲リリースのため自身のBandcampをスタート。  そして2015年 OUTLOOK FESTIVAL JAPAN 2015 SOUND CLASHでは見事優勝! 新境地へ向かうため自ら新LABEL、その名も〈KAIKOO〉をスタート。 2015年 NEW ALBUM「NEO TOKYO RAVE STYLE」をRELEASE。 2018年KAIKOO Co., Ltd.を設立。 OFFICIAL WEBSITE OFFICIAL FACEBOOK OFFICIAL BANDCAMP KAIKOO OFFICIAL WEBSITE

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着