【プレイリスト連載】Bearwearセレク
ト『Autumn Playlist』環ROY、Death
Cab For Cutieなど

Bearwearのベース兼アレンジのkouセレ
クトの秋を感じる曲

はらり / 環ROY

kouのセレクトコメント:
整頓された美しさの中にアーバンで涼しい空気を感じる環ROY氏のこの曲はちょうど今の気温に聴くと、かなりクリエイティビティが刺激されます。音の隙間、音程感がとても気持ち良いです。深夜に考え事をしている時や東京で夜に目的もなく散歩している時によく聴きます。

Styrofoam Plates / Death Cab For Cu
tie

kouのセレクトコメント:
枯れた質感と哀愁が、肌寒く人肌恋しいこの季節にぴったりです。Death Cab For Cutieのこの『The Photo Album』がヤバいって話はBearwearのサポートもしてくれているSee You Smile(東京のポップパンクバンド)のgt.アヤトから聞いたのですがホントに良いです。特に後半は北欧ポストロックにも通ずる90-00’s emo特有の肌寒さに鳥肌が立ちます。

Never Saw It Coming / Tigers Jaw

kouのセレクトコメント:
カラッとした感じが今の空気とマッチします。Youtubeにある、小さなVenueでお客さんとゼロ距離のシンガロングをし合うこの曲の映像がとても良いです。エモ/インディロックでありながらハードコアバンドともローカルで数多く共演しているからこその光景なのかもしれません。11月に来日するので日本でもこういう光景を目撃したいですね。

Rise / Beach Fossils

kouのセレクトコメント:
ローカットされたビートから始まるこの曲、ホーンやギター、ピアノ、ベースフレーズが散り散りに配置されていたり声のサンプリングが使われていたりと曲通して揺らぎがあって調子の良い音です。長くゆったりと歌うボーカルも肩の力を抜いて聴けるので好きですね。

Our Way to Fall / Yo La Tengo

kouのセレクトコメント:
なんて暖かみのある音なんだ、と初めて聴いた時思いました。BearwearのMVを撮ってもらったPennackyから教えてもらい今ではお気に入りの曲です。多くは語らないけどストーリーを感じるトラックは素晴らしいと思います。この曲を聴いて一緒に冬を待ちましょう。

毎週水曜更新!Beaewearの『Autumn Pl
aylist』

INFORMATION 10/24にミニアルバム“DREAMING IN.”をリリースします。 Bearwear『DREAMING IN.』 2018年10月24日(水)リリース 01. Intro 02. I’ll take you anywhere 03. Proxy 04. e.g. 05. Free Fall 06. In The Wood 07. May

Bearwear Profile Bearwearは2016年に Kazma(Lyric/Vo)、kou(Music/Arrange/Ba)の2人を中心に結成されたインディエモバンド。サポート含めフレキシブルな体制で活動をしている。 2018年春にリリースしたシングル「e.g.」がネット上のインディ・ファンの間で注目を浴びると、すぐにネット・レーベル Ano(t)raks のコンピレーション1曲目に選曲されるなど話題を呼んでいる。夏には「Dead Funny Records」と契約を交わし、過去作のシングルをデジタル・リリース。10月には初の流通作品『DREAMING IN.』をリリースする。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着