L→R Kiara(Ba)、Ryosuke(Vo&Gu)、Tatsuya(Dr)、Ryo(Gu&Scream&Programming)

L→R Kiara(Ba)、Ryosuke(Vo&Gu)、Tatsuya(Dr)、Ryo(Gu&Scream&Programming)

【NoisyCell インタビュー】
クソ!という気持ちを
持ち続けてほしい

アルバム『Wolves』で飛躍的な成長を遂げたNoisyCellが、TVアニメ『中間管理録トネガワ』エンディング曲「狂言回し」をデジタルシングルとしてリリース! サックスを初めて導入した意欲漲る書き下ろし曲について、Ryosuke(Vo&Gu)、Ryo(Gu&Scream&Programming)、Kiara(Ba)の3人に話を訊いた。

現在は『Wolves』のツアー真っ只中ですけど、ライヴの手応えから教えてもらえますか?

Ryosuke
めちゃくちゃありますね。俺らの曲に対する自信がライヴにも出ているし。カッコ付けなくなったし、素直にライヴをやれているので、いいリアクションを得られてます。
Ryo
このツアーでバンドの在り方が変わった気がして。メンバー同士で感謝したり、ステージに立つ責任感も芽生えてきたので、今まで以上に充実してます。対バンしたバンドからも“別バンドだね”と言われますからね。
Kiara
前作のツアーと比べても観客の反応が違うし、みんなの団結力が高まっているなと。

そして、今回の「狂言回し」ですが、いつ頃にできたものですか?

Ryosuke
『Wolves』の曲が出来上がったあとにお話をいただいたので、それから書き下ろしました。最初は『Wolves』の中から楽曲を使う話も出たけど、もう1曲書こうと。

じゃあ、振り絞ったあとにさらに出そうと?

Ryosuke
もう無理だろうと思いましたけど(笑)、せっかくタイアップの話をいただいたので新しい曲を作りたくて。
Ryo
時期的には大変でしたけど、再びakkinさんとのチームで制作できたし、苦ではなかったですね。もともと僕は『カイジ』が大好きで、Ryosukeに勧めたらはまったんですよ。

そうだったんですね。今回は純粋に曲がいいなと。

Ryosuke
ありがとうございます! 嬉しいです!

音楽性の幅を広げた『Wolves』を経て、さらに大胆な一歩を踏み出した曲調でびっくりしましたよ。

Ryo
作曲に関しては延長線上ですけど、その一歩をより大きく踏み込もうと思いました。『Wolves』に含まれてる一曲ではなく、シングルとして立つ曲にしたくて。でも、最初のデモは少し地味だったんですよね。これじゃぶっ飛べないと思ったから(笑)、それでサックスを入れるアイデアが出てきたんです。

当初、サックスは入ってなかった?

Ryo
最初はサックスの部分がギターソロでしたね。
Ryosuke
アニメの制作サイドから“郷愁”“哀愁”“不条理”とかキーワードをいくつかもらってて、そこからインスピレーションを得ました。
Ryo
アニメにも合ってるし、『Wolves』があったからこそ、サックスが入った曲があっても違和感はないだろうと。
Kiara
ベースのプレイに関しては『Wolves』でやってなかった渋い演奏だったり、それを上手く詰め込められた気はしますね。曲調も新しかったし、自然と今までやってなかったフレーズが出てきたのかなと。

曲の雰囲気は大人のロックというか、大人の応援歌みたいな印象を強く受けました。

Ryo
アコギを入れたり、渋さは意識しましたね。で、Ryosukeが試しに書いた歌詞の語呂とサビがばっちりだったので、両方の美味しいとこ取りができたのかなと。伝えたいことが歌詞に乗ってるし、僕は『Wolves』の延長にあるメロディーを意識したので、それが上手く合致したなと。

では、『中間管理録トネガワ』のどの辺を自分たちなりに抜き出したいと思いました?

Ryosuke
『カイジ』にトネガワというキャラクターがいて、今回はそのスピンオフ作品なんですよね。『カイジ』では完全無欠のエリートなんですけど、スピンオフでは中間管理職で上と下に板挟みになるサラリーマンなんです。『カイジ』では勝ち続けている人が、負けまくってるわけですよ。それは俺らも一緒で。まだ勝ってないし、今負け続けているのは勝ち続けるためなんだと。だから、トネガワとバンド側の気持ちが重なったところがたくさんありますね。

《負けなきゃいけない》と繰り返し連呼する歌詞がかなりインパクトありますね。そこも振り切っているなと。

Ryosuke
挫折や悔しい経験がないと本当に勝てない気がして。昔の俺らもそうでしたからね。

というのは?

Ryosuke
最初の頃は守られてバンド活動してきたので。Ryoとふたりでネット上でやっていた音楽活動を拾ってもらって、いきなりタイアップが付いて、憧れの人(PABLO)にプロデュースしてもらって。外側は整っても中身が伴ってなくて、そのギャップに苦しみましたからね。

Ryoさんはこの歌詞を読んでどう思いました?

Ryo
“負けなきゃいけない”という発想がなかったので(笑)、こいつ熱いことを言ってるなと。でも、歌詞と曲がリンクしているし、最後《勝たなきゃいけない》という歌詞が出てくることで、それまでのフレーズはそのためにあるんだなと思える。そういう作詞の作り方を見て、こいつできるようになってるじゃん!って(笑)。バンドとして成長しているのをリアルに感じられましたね。
Ryosuke
そこはトネガワパワーですね。あと、《腹の底 舌を出して》という歌詞については、アニメでの舌の出し方が独特なんですよ。そういう表情も思い浮かべて書きました。

本当に今回の曲は『Wolves』からのネクスト感がちゃんと刻まれていると思いますよ。

Ryosuke
トネガワが好きで大ファンだから、向こうも“それなら!”と言って話が進んだものですからね。その熱意が伝わって、それありきのコラボなんで。歌詞はトネガワの気持ちを考えたけど、いろんな人に通じる内容だと思うんですよ。挫折した時や悔しい気持ちを味わった時、それは次に勝つためなんだ!って。

ええ、特に上の世代にも刺さりそうな曲だなと。

Ryosuke
そうですね。おじさんたちに刺さったら嬉しいですね。クソ!という気持ちを持ち続けてほしいですからね。

取材:荒金良介

配信シングル「狂言回し」2018年10月24日配信開始 VAP
配信シングル「狂言回し~TVsize~」2018年10月10日より2週間限定配信 VAP

    【ライヴ情報】

    『NoisyCell presents Wolves Tour 2018』
    10/20(土) 岡山・CRAZY MAMA 2nd Room
    10/21(日) 香川・高松TOONICE
    10/27(土) 東京・渋谷WWW X
    11/04(日) 沖縄・output

    『LIGHTSHIP CRUISE V』
    12/15(土) 東京・代官山UNIT

    NoisyCell プロフィール

    ノイジーセル:圧倒的な声量と超絶ハイトーンボイスのヴォーカルRyosuke、エモーショナルで多彩なメロディーを紡ぐギターRyoを中心に結成。2014年にVAPよりデビューして以来、さまざまなアーティスト遺伝子を継承したハイブリッドサウンドで唯一無二の存在感を放っている。NoisyCell オフィシャルHP

    L→R Kiara(Ba)、Ryosuke(Vo&Gu)、Tatsuya(Dr)、Ryo(Gu&Scream&Programming)
    配信シングル「狂言回し」
    配信シングル「狂言回し~TVsize~」

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    連載コラム

    • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
    • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
    • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
    • MUSIC SUPPORTERS
    • Key Person
    • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
    • Editor's Talk Session

    ギャラリー

    • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
    • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
    • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
    • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
    • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
    • SUIREN / 『Sui彩の景色』
    • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
    • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

    新着