昭和を代表する名作ファミコンゲームランキング

昭和を代表する名作ファミコンゲームランキング

昭和を代表する名作ファミコンゲーム
ランキング

日本のゲーム史を語る上で絶対に外せない存在「ファミリーコンピュータ」。任天堂がリリースした伝説のゲーム機ハード「ファミコン」として、圧倒的な知名度を誇ります。
そんなファミコンには、名作ゲームが数多くリリースされており、今でもリメイク版や復刻版として再登場し、話題になることも少なくありません。
そこで今回は、昭和を代表する名作ファミコンゲームについて調査・ランキングにしてみました。
1位 スーパーマリオブラザーズ
2位 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
3位 マリオブラザーズ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!
「ファミコン」を代表する名作ゲームとは、一体どのソフトだったのでしょうか?-->
1位は『スーパーマリオブラザーズ』!
今も続編が出続ける、『スーパーマリオブラザーズ』が堂々の1位に輝きました。
横スクロール型アクションゲームの金字塔である『スーパーマリオブラザーズ』、主人公マリオを操作して高低差のあるアクションステージを進む形式は、今も多くのゲームで取り入れられる要素となっていますね。
マリオの他にもコミカルな敵キャラクターが数多く登場しており、マリオをパワーアップさせるアイテムやステージごとにガラッと変わる雰囲気には、どんどん進みたくなるワクワク感がありました。
2位は『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』!
昭和最後のドラクエ、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が2位を獲得しました。
大人気RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの3作目である本作、プレイヤーを絶望に追い込んだ「ふっかつのじゅもん」システムを「ぼうけんのしょ」というセーブシステムに置き換えた革新的作品で、前作にはなかったキャラクターの自由度なども相まって社会現象になるほどの人気を集めました。
3位は『マリオブラザーズ』!
初めて「マリオ」を冠した作品、『マリオブラザーズ』が3位にランク・インしました。
今現在主流のマリオシリーズとは異なり画面固定の『マリオブラザーズ』、一番奥にあるゴールを目指す横スクロールアクションではなく、画面の土管から現れる敵を次々倒すというシステムで、今のマリオしか知らない人にはなかなか不思議なゲームに見えるかもしれません。
いかがでしたか?
筆者は当時クリアできなかった『ポートピア連続殺人事件』がとても印象に残っているのですが、12位とあまり振るわない結果となってしまい残念に思いました。
今回は「昭和を代表する名作ファミコンゲームランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~61位のランキング結果もぜひご覧ください。
調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。投票数合計:2,555票調査期間:2018年11月03日~2018年11月17日

goo ランキング

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着