2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST

2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST

【FOMARE ライヴレポート】
『0.02 TOUR
~君との距離が0になるよ~』
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST

2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
2018年12月4日 at TSUTAYA O-EAST
 ソールドアウトとなった『0.02 TOUR ~君との距離が0になるよ~』のファイナル、12月4日のTSUTAYA O-EAST公演の模様をレポート。3度のアンコールを含む1時間半の熱演はファンの熱い想いに支えられていることを物語るもので、アマダシンスケ(Vo&Ba)の“俺よりもでかい声で!”に応える観客の大合唱からは、バンドと一緒にここまで来たという誇りが感じられた。

 1年前に東京でライヴをやる時は100人キャパの会場でやっていたという彼らが、1,200人キャパのTSUTAYA O-EASTを初ワンマンでいきなりソールドアウトにしてしまうなんて! 全国デビューから1年半。群馬の3人組、FOMAREがどれだけものすごい勢いで支持を増やしてきたかが想像できる。しかも、開演と同時に歓声が響き渡る中、拳をあげた観客がグワーっとステージに押し寄せたんだから、その支持は激アツだ。

 アマダ曰く“ステージとフロアーの距離を気持ちと気持ちで埋めてゼロにしたい”という想いを込め、8月にリリースした2ndミニアルバム『0.02』の曲を中心に熱演を繰り広げた。詩情を湛えながらも演奏はパンクロックに近い荒々しさを持っているから、時折交えるバラードをじっくり聴かせる時以外は、“飛んで来い!”と煽るアマダに応えるように観客のダイブが最後まで止まることはなかった。

 翌日リリースの2ndシングル「スノウドロップ」から新曲も2曲披露。曲が進めば進むほど、観客のシンガロングの声も大きなものに! バンドの演奏は伸びしろを感じさせながら、ライヴそのものはここから何かが起こりそうな予感でいっぱいだった。

 観客の大合唱で始まったアンコールの「Lani」を終えて終演を告げる音楽が流れても、3度目のアンコールを求める観客に応えるため、曲が尽きたバンドは“求めてくれる人のために!”(アマダ)と「君と夜明け」をもう1度演奏。観客の熱い想いに真摯に向き合う姿に、FOMAREが作り出している熱狂の理由を見た。

撮影:橋本 塁(SOUND SHOOTER)/取材:山口智男


セットリスト

  1. 1.雨の日も風の日も
  2. 2.風
  3. 3.君と夜明け
  4. 4.君の涙が乾く頃
  5. 5.夢から覚めても
  6. 6.恋をする自分が好きなだけだと思う
  7. 7.春風
  8. 8.mirror
  9. 9.Can't help myself
  10. 10.悲しいハッピーエンド
  11. 11.23:12
  12. 12.HANABI
  13. 13.stay with me
  14. 14.新しい歌
  15. 15.タバコ
  16. <ENCORE1>
  17. Lani
  18. <ENCORE2>
  19. HOME
  20. <ENCORE3>
  21. 君と夜明け

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着