CODE-V、ラストライブ「こんなに愛さ
れて本当に幸せなグループでした」

CODE-Vが12月23日、TOKYO DOME CITY HALLで<CODE-V LAST LIVE~The Final Harmony きみがくれた奇跡~supported by WIZY>を開催した。
CODE-Vは2012年5月に「君がくれたもの」でメジャーデビュー。そしてそこからおよそ7年間にわたり活躍を続け、今回の<CODE-V LAST LIVE~The Final Harmony きみがくれた奇跡~supported by WIZY>にて活動に終止符を打った。
開演時刻にはCODE-Vカラーのブルーの光で包まれた会場に、オープニング映像が流れライブがスタート。いつもより一段と青く染まった会場を見て、メンバーも「TOKYO DOME CITY HALLで僕らのラストライブに来てくれてありがとうございます。凄い景色ですね!」心の声が思わず溢れてしまう。

「Loving you, Love me 」「Dancin' Circle」といったダンスナンバーで盛り上げると、メンバーそれぞれがソロ楽曲でもステージ上からファンに気持ちを届ける。ナロが「心配しながら準備したけど出来て良かった」と安堵の表情で話したダンスパートでは、「大好きで大嫌い」、「希望のシグナル」など4曲を立て続けに披露。
ファンから集めたワードで詞を紡ぎ楽曲にした「Miracle's Forever」を心を込めて最初で最後の歌唱を行うと様々な気持ちが交錯。しかし、その強いメッセージに“絆”を強めていくことを全員が再確認していく。そして、あっという間に迎えた本編最後は「ROKUTOUSEI」。ここまで全力でステージを動き回ってきたとは微塵も感じさせないハーモニーで締める。

当然これで終わるわけがなく、止まることなく響き続けるアンコールに呼ばれるようにメンバーが再登場すると「Addiction~君なしでは、生きられない~」を披露。曲間には2013年にCODE-Vを脱退したジェウォンがステージに登場して、5人とハーモニーを重ねていく。
MCではジェウォンが「お久しぶりです。ジェウォンです!」と挨拶。ソルが「韓国から特別な仲間が来ました。5年ぶりに来たと思いますが、会いたかった人もたくさんいると思います。」と続け、ナロは「最後のステージなので、一緒にステージに立ちたいって思いました。」と話す。

これには、ジェウォンも涙ながらに「CODE-Vを守ってくれてありがとうございます。CODE-Vという存在は、いつになっても忘れられない宝物です。これからもそれぞれの新しい道を全力で応援します。」とメンバーも含めた会場の全員に心からの気持ちを伝える。
続けて2017年に脱退したウシクからの動画メッセージが会場に流れる。ウシクは「CODE-Vの最後のライブということでステージで踊りながら歌いながらカッコつけながら頑張って最後のライブをやりたかったですが、状況が合わなくて行けなくて残念な気持ちです。」と会場に駆けつけられない悔しさを言葉にすると、「最後のライブという感じですが、全然最後じゃないと信じてるし、これからもメンバーそれぞれが音楽を通して楽しませてくれると思います。」とコメントを送った。

その後、ジェウォンも含めた6人で日本メジャーデビュー曲「君がくれたもの」を届ける。歌い終えたタイミングでナロとソルが泣き崩れるとジェウォンとテフンがすぐさま駆け寄って肩を抱く。それを見てルイとサンウは何かを堪えるように上を向きみんなに背を向けて立ち尽くす。会場にも涙が伝播し、感動的な光景が広がっていく。
そんな中でメンバーが手紙という形で大切なメッセージを送ってくれた。まずはテフンが「この手紙何枚で今の気持ちが伝えられるかわかりませんが…」と前置きした上で、「みなさんがいてくれたからここまでこれたと思います。」と話す。

続いてソルが「みんなで笑って始めましょう。前向きな手紙を読もうと思います」と空気を変えようと試みるが、涙をこらえながら「CODE-Vで良かった、探してたのは幸せだったなと、その幸せは誰かに笑顔と勇気をあたえること。僕は本当に幸せな人なんだなと。これからも頑張って誰かを幸せにする歌を歌おうと思います。」と気持ちを吐露。

ナロは「明日の朝は今まで感じたことがない寂しい朝になりそうです。そしてとっても虚しくなりそうです。出会えてくれてありがとうございました、みなさん大好きでした。」今の正直な気持ちを伝える。
ルイもCODE-Vでの活動を振り返り「日本で頑張りながら楽しい時や辛い時もいっぱいありましたが、全てがいい思い出です。夢を描いたから叶えられた奇跡でした。僕らに夢をみる奇跡をくれてありがとうございました。」とファンに感謝の気持ちを口にする。

最後はリーダーのサンウ。「みんなの笑顔が大好きで、数え切れないほどの思い出を作りながら自分にとって日本がもうひとつの故郷となっていました。これから先のことは正直に言えば不安なこともありますが、ここ日本でずっと歌い続けていきたいです。」と今後の活動についても言及した。

感動的な手紙に会場内にも涙が溢れる中、ソルが「みんなで笑顔で歌いたくて作った曲です。(CODE-Vは)笑いながらうたってきたので、明日からCODE-Vを思い出したら笑顔になって欲しいです。」と話して「忘れない」を披露した。
最後にこの景色をもう少し見たいと話してステージに残り泣き続けるメンバー。そして最後まで支えるファン。この感動的な光景にソルが「最後の締めはCODE-Vのハーモニーで締めたいと思います」と話すとアカペラで「Song for you」を全力で届けた。

アンコール含め全40曲、4時間強。CODE-Vからこれまでの活動のすべての感謝をすべての人にしっかりと伝えるライブでメジャーデビューからおよそ7年間の活動、そしてCODE-Vという素晴らしいグループに終止符を打った。

メンバーが口々に語る“幸せ”が広がり、CODE-Vだけの景色を見せてくれた本公演。この日この場所に集まった全員、そして日本全国、全世界にいるCODE-Vを支えたすべての人とともに、最後までMIRACLEを起こし有終の美を飾ったことは間違いない。

CODE-V 手紙全文

■テフン
こんばんは!テフンです!
この手紙何枚で今の気持ちが上手く伝えられるのかわからないですが、出来るだけ今の気持ちや感謝を素直に伝えたくてこの手紙を書きます。
2014年、僕はCODE-Vの新メンバーとして初めて日本に来ました! 正直に最初は上手くいかないことばっかりでしたね!
何もわからなかった自分にCODE-Vほどの経歴があるグループとして活動していくことは、とてもプレッシャーだったしいろんなことで毎日怒られてばっかりで心が折れた時期もありました。
でもその時にいつも笑顔で応援してくれたミラクルのみなさん、いつも見えないところで支えてくれるスタッフのみなさん、いつもどこでも横にいてくれるメンバーのお兄さんたち。
みなさんがいてくれたからここまでこれたと思います。
不器用だしいつも強がりで上手く伝えられなかったんですが、いつもみなさんにたくさん救われました。
本当にありがとうございます!
CODE-Vのテフンは今日で最後ですね。いつも一緒にいたメンバーそしてスタッフさんたちと離れることが、ステージに上がった時に見える青い景色が明日から見れなくなるということが、この手紙を書いている今も正直、信じられないです。
でも自分たちで決めた選択、後悔しないようにこれから始まる新しい道は、自分を忘れず今まで貰ったみなさんからのたくさんの声援を力としてもっと大きくなりたいと思ってます。
嬉しい時も辛い時も悲しい時も楽しい時も全ての時間をみなさんと一緒に過ごせて光栄でした。
そして、最後にこんなに生意気な自分をCODE-Vというステキなグループに受け入れてくれて本当にありがとうございます。
以上、CODE-Vのテフンでした。

■ソル
こんにちは! CODE-Vの宇宙NO.1イケメンソルです。
本当にこの日、この時間が来てしまいましたね。いろんな気持ちが頭の中で混ざって上手く伝えられるのか心配ですが、みんなにこの感謝の気持ちだけは伝えます。
僕にとってCODE-Vとしてやってきたこの時間は、とても幸せで、とても辛くてとても長くて、とても短い時間でした。
何をやっても上手くいかない自分の人生から逃げたくてはじめたこの世界。早く売れたいっていう気持ちだけで、自分のことしか考えない僕でした。CODE-Vでのこの時間は、今までのダメな僕を変えてくれる時間でした。
自分の歌が誰かに勇気を与える、僕らの歌を聴く瞬間が誰かにとっては1番幸せな瞬間になる。
CODE-Vの歌声が寂しくて辛かった誰かの心に小さな希望になる。そんなみんなの笑顔を見て思いました。
CODE-Vになって良かったと自分でずっと探してたのは、お金でも成功でもなく幸せだったなって。そしてその幸せは誰かに笑顔と勇気を与えることだったなっていうことを僕は本当に幸せな人なんだ…。
だからこれからも誰かを幸せにする歌を頑張って歌いたいと思います。
じゃあ、そんなたくさんの幸せをくれたCODE-Vに、僕もそろそろお別れをします。
今まで本当にありがとう。そして、いつもワガママな僕を見守ってくれたミラクル…、たくさんのスタッフさん、そしてサンウ兄さん、ルイ兄さん、ナロ兄さん、テフン、ありがとう。

■ナロ
こんにちは。ナロです。
こんな日が来るなんて、本当に信じられないですね。多分、終わってからもしばらくは、実感できないんじゃないかなって思います。
現場に着いたら楽屋に集まって無邪気に笑ったり歌ってたメンバーの姿や僕らより早く起きて遅くまで働いてくれた本当に休めないスタッフさんたち。
そして僕らがこうやってステージに立ってる理由。ミラクル…
当たり前に続くと思ってた日常が全て明日からは見れない景色です。
明日の朝はきっと今まで感じたことのない寂しい朝になると思います。そしてとても虚しくなりそうですね。でもそれも自分たちが選んだ道です。だから後悔はないです。
もし僕がCODE-Vのことを愛していなかったら出来ない選択だったと思います。
名残惜しいけど、みんなに愛されているまんま温かい夢の中をいきているまんま泣けるくらい幸せだった思い出のCODE-Vというものを見送って欲しいなって思いました。
何があっても守ってくださってありがとうございます。
この5人のメンバーが最後まで笑顔で歌える場所を作ってくださってありがとうございます。そして、こんなにいちいちうるさくて、面倒臭い奴と一緒に歌ってくれたメンバーに本当にありがとうございます。
これから先、何が起きるかわからない全てをやり直さなきゃいけない現実が怖い。それでもみなさんから頂いた温かい気持ちを勇気にして強く生きていきます。
みなさんは、CODE-Vの曲で少しでも生きる力を貰えましたか? 僕はそれで十分です。
出会えてくれてありがとう。
みんな、大好きでした。

■ルイ
僕は、上向き王子様ルイです。
今日、CODE-Vのライブどうでしたか? 楽しかったですか?
今日、みんなの前でこんなステキなCODE-Vのライブを見せることが出来て、本当に良かったです。このラストライブで僕らは、日本に来てみんなと作って来た全てを見せれたと思います。
そして、これでCODE-Vのライブはここで本当に最後になります。8年間日本でCODE-Vとして頑張りながら楽しい時や、辛い時もいっぱいありましたが、今振り返ってみると全てが良い思い出で胸がいっぱいです。
「奇跡は必ず起こるさ!」日本に来てミラクルに会ってから信じ始めた言葉。僕にとって奇跡は夢を見ることでした。日本でのメジャーデビュー、日本47都道府県でのライブ。武道館でのワンマンライブ、夢を描いたから叶えられた奇跡でした。
僕らに夢を見る奇跡をくれて、本当にありがとうございます。
8年間の旅で、僕たちもみんなもいろんなところに、人生変化がありましたね。
学生だった子が大人になったり、結婚して子供が生まれたり、子供が大きくなり一緒にライブに来たり、もう本当の家族みたいに過ごせた旅でした。
今のメンバーじゃなかったら、そして大変な仕事ばかりでそれでもずっと僕たちを支えてくれたスタッフじゃなかったら、そしてCODE-Vの歌でいつも幸せだと言ってくれるミラクルがいなかったら、僕たちは今この瞬間を一緒に迎えれなかったかもしれません。
こんなに美しい解散ライブをさせて頂いて本当にありがとうございます。
来年からはみんなそれぞれの道で頑張ってると思います。でもどんなことがあっても、みんな日本で歌い続けることは変わらないので、温かい目線で見守ってください。
みんなに会えて、みんなと歌えて、本当に良かった!
もうCODE-Vのルイでは最後の挨拶になります。
絶対忘れないでね。
それでは、以上、CODE-Vのルイでした。

■サンウ
「CODE-Vのリーダーサンウです。」
いつも言っていたこの挨拶も明日から言えなくなるんだなと思うとなんだか不思議な気持ちです。
きっといつもの癖で、「CODE-Vのリーダーサンウです」ってしばらくは言ってしまいそうな気がします。
それくらい自分の一部として染み付いたCODE-Vとして過ごす毎日は、本当に色々なことがありました。
リーダーとしてグループのために出来ること。グループをどう守っていけるか、悩んだこともありました。
でもそんな中でいつも応援してくれて支えてくれたミラクル。本当にここまでこれたのは、みんなのおかげです。
みんなの笑顔が大好きで、みんなと過ごす時間が楽しくて、みんなの前で歌える時間はとても幸せでした。そうして数え切れないほどの思い出を作りながら自分にとって日本がもうひとつの故郷となっていました。
これから先のことは正直言えば少し不安もありますが、僕はここ日本でこれからもずっと歌い続けていきたいです。
今過ぎていく一瞬一瞬、時間は止められないですね。今日という日がこんなにも早く来るとは思ってなかったしきっとメンバー全員同じ気持ちなんじゃないかなと思います。
たくさんの方たちに今日ここで見送ってもらいたい。そんな僕たちの願いを叶えてくれてありがとうございます。
ミラクルのみんな。スタッフや関係者のみなさん。本当にどうもありがとうございました。
そしてメンバー、ソル、ルイ、ナロ、テフン。今日まで一緒に歌ってこれて良かった。本当にありがとう。そしてお疲れ様。
みんなに出会えて、こんなに愛されてCODE-Vは本当に幸せなグループでした。
本日は僕たちCODE-Vのために、こんなにたくさんの方にお集まり頂き、誠にありがとうございました。
心からの感謝を込めて
CODE-Vリーダーサンウより

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着