『音楽旅団』は宝石の原石のような
BEGINの確かな才能を
感じることができる逸品

聴き手を選ばない親しみやすい歌声

まず、比嘉栄昇(Vo&Gu)の歌声である。聴き手を選ばない、とてもいい声だ。ブルースシンガーはハスキー(“しゃがれた”と表現した方がいいか)であったり、喉の奥から絞り出すようであったり、わりとアクの強い声を持つミュージシャンが多いのだが、彼の声はいい意味で特徴がない。強いて言えば、どちらかと言えば細い声だと思う。また、歌が上手いのは間違いないが、それを殊更に誇示するようなところもない。少なくともアルバム『音楽旅団』では派手にフェイクを利かせているような箇所は確認できない。生真面目というよりも、朴訥な印象を受けるヴォーカルである。

昨年末、BEGINがラジオ番組に出演した際、初めて買ったCDがシングル「恋しくて」だったという番組の女性アシスタントが、『三宅裕司のいかすバンド天国』(以下、“イカ天”)での彼らの演奏に触れて、“それまでブルースというものを聴いたことがなかったので衝撃だった”と仰っていた。仮に比嘉の声がB.B. KingやAlbert King、あるいは憂歌団の木村充揮のようであったら、彼女はBEGINに興味を持ったであろうか。比嘉の声の汎用性の高さというか、その親しみやすさは初期BEGINの推進力となったことは議論を待たないであろう。

もちろん、M8「恋しくて」は問答無用に素晴らしいし、アルバム『音楽旅団』収録曲はどの曲でもいい歌声を聴くことができるのだが、個人的にはM4「白い魚と青い魚」を推したい。のちのシングル「笑顔のまんま」や、本作で言えばM3「SLIDIN' SLIPPIN' ROAD」、M6「いつものように」、M10「星の流れに」のようなポップな楽曲も悪くはない。だが、先ほど、“どちらかと言えば細い声”と評させてもらったが、この感じはマイナー調に合うと思う。切ない系のラブソングならなおいい。M4「白い魚と青い魚」は歌詞内の物語が誰にでも分かるものではないので、切ない系のラブソングではないのかもしれないが、そうとしか感じられない綺麗な歌声である。物悲しさを助長していているかのような上地等(Key)の鍵盤の絶妙な絡み具合も素晴らしく、そこも聴きどころだと言える。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着