L→R yuri(Dr)、オレオレオナ(Vo&Key)、はな(Vo&Gu)、Fチョッパー KOGA(Ba)、TOMO-ZO(Gu)、アンジェリーナ1/3(Mc)

L→R yuri(Dr)、オレオレオナ(Vo&Key)、はな(Vo&Gu)、Fチョッパー KOGA(Ba)、TOMO-ZO(Gu)、アンジェリーナ1/3(Mc)

【Gacharic Spin インタビュー】
新しいメンバーと
素晴らしい10周年を迎えたい

自分の中の最大を更新して
前に進んでいきたい

では、作り直した新曲についてうかがいたいと思います。そのタイトルが“逆境ヒーロー”と、まさにGacharic Spinを表しているわけですが、ベストアルバム『ガチャっ10BEST』に入る新曲ということで、そもそもはどんな曲を作ろうとしたのですか?

はな
よりバンドサウンドをしっかりさせたいと新体制に対して思ってたんで、攻撃的なものにしたいとは思ってました。

向かい風の中を突き進んでいくような強靭なサウンドになってますもんね。

はな
そうですね。アレンジする上で、突き進んでいく勢いを頭から出していきたいと思ってました。

歌詞もガチャピンスピリッツに満ちていて。

KOGA
はい。新しく変わること自体が逆境なのかもしれないけど、ガチャピンには自分の中の最大を更新して前に進んでいきたいという想いが常にあるんで。だから、ほんとにいいタイミングでこういう曲が生まれて、自分たちの想いが込められて良かったと思ってます。そのタイミングで生まれる曲には意味があるんだなって。

アンジーさんは初めて曲作りに参加してみてどうでした?

アンジェリーナ
曲ができていくところを目の前にして感動でした。今までは聴く側だったので、“この歌詞に背中を押された”とか“このメロディーのおかげで頑張れた”というのがあったんですけど、それが作る側になったことで、作っている時のメンバーの顔が見れたり、気持ちが知れたことで、一曲に込める想いの大きさを知ったし、改めてガチャピンの曲を聴いたり、この曲を聴いた時、ほんと背中を押されて。最終的に自分の背中を押すのは、自分のバンドの曲なんだと思いました。…“自分のバンド”って言っちゃった(照)。
全員
(爆笑)

レコーディングはどうでした?

アンジェリーナ
初めてのレコーディングということもあって大変でした。聴く人に届けるものって、自分の観点だけじゃダメじゃないですか。そういうことをいっぱい教えてもらったりしたので、すごく成長できたレコーディングでした。

歌っているのは頭のラップの部分?

アンジェリーナ
そうです。あと、2番の《【YES/NO】? 無傷のヒーロー 痛みを知って強くなりたい》ってところを歌いました。この歌詞がすごい好きなんですよ! 新しく入った私のために、メンバーさんが作ってくださったんですけど…(メンバーに向かって)どんな想いを込めて作ってくれたんですか?
はな
これは…アンジーって私たちにとってヒーローなんですよ。ガチャピンが進化するために仲間になってくれたわけだから。私たちと違ってアンジーはまだ痛みを知らないわけじゃないですか。YESかNOかは分からないけれど、これから辛い想いや悔しい想いをするだろうから、その痛みを知ってどんどん強くなっていってほしいという想いを込めてみんなで書きました。
KOGA
親心だね。いきなり相方がいなくなったのは掠ったくらい?(笑)
はな
まだ無傷!
アンジェリーナ
大丈夫です! もっとすごいことがあるのではないかと覚悟してます(笑)。

そんな新曲を収録するベストアルバムなのですが、入門編のジャケットが手塚プロダクションとコラボという。

KOGA
私たちの事務所が高田馬場にあって、手塚プロも高田馬場にあるから、同じ地元ってことでコラボできたらすごいって言ってたんですよ。なかなかオーケーはもらえないと思ってたんですけど、今年は10周年だし、ダメ元でお願いしてみたら、ガチャピンのことを知ってくださっている人がいて、快く承諾してくれたんです。
はな
お供-ZO(ギタリストのTOMO-ZOファンの呼称)みたいで、話を聞いているとかなり初期のライヴのこととか…
KOGA
うんうん。自分たちでも覚えていない出演した番組のこととかも知ってくださってて。で、コラボするってことになって、いろんなキャラクターの案が出たんですけど、不死鳥っていうのがガチャピンっぽいということで『火の鳥』を書いてもらいました。

その入門編には新曲含む15曲が収録されているのですが、そのセレクトの基準というのは?

KOGA
入門編はメジャーデビューしてからの曲で、“Gacharic Spinを表すのなら”っていうことで代表曲を選びました。やっぱり激しめの曲が多いのかな。でも、ライヴで映える小道具を使った面白い曲もあったり。

「KAKUHEN」はリアレンジされてますが。

はな
この前のツアーの時に軽くアレンジしたものが好評だったんで、せっかく入れるんだったらってことで。

上級編と中級編にはインディーズ時代の楽曲でセレクトされたDISC-2があって、「LosT AngeL」と「BROKEN LOVER」はヴォーカルを録り直したニューバージョンなんですね。

はな
当時のヴォーカルのものしかないので「BROKEN LOVER」は歌を変えて、「LosT AngeL」はアレンジも変えました。
アンジェリーナ
私、「LosT AngeL」が初めてレコーディングした曲なんですよ。ああでもないこうでもないってやりながら5時間ぐらいずっとレコーディングしてたんですけど、最後に一番カッコ良い歌が録れたから、出来上がったものを聴いた時にすごい達成感がありました。ちょっとはなさんに近づけたかも!って(笑)。

上級編と中級編はさらにDISC-1の楽曲のライヴバージョンを集めたDISC-3が付いているという。

はな
はい。ライヴの感じを少しでも感じてもらえたらって。
KOGA
中級編はブックレットも付くので豪華だと思います。

中級編はサンキュー価格(税込3,900円)ですしね。上級編のBlu-rayも豪華ですよね。

KOGA
映画館で上映した一昨年の日比谷野音のライヴ映像が観れちゃいます。あと、MVもがっつりと入ってます。卒業していったメンバーたちも映っているので、ほんとにガチャピンの歴史が分かるものになっています。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着